成城石井と組むローソンのワインは本格志向の品ぞろえ

 一方で、「良い料理に合わせる」という伝統的なワインを追求していたのがローソンだ。同社は傘下の高級スーパーマーケット「成城石井」との協業によって、多くのコンビニ用ワインをラインアップしている。若林氏は「ローソンのワインは総じて、味わいや深み、うま味のバランスが取れており、複雑さがあった。いい肉が手に入ったから手の込んだ料理を作る。そんなときに飲みたいワインが並んでいる」と言う。

 特に若林氏が「コンビニにこんなワインがあるのか」と驚いたのが、南仏の「ペイドック」と呼ばれるワインである「クレリュス GSM」と「ドゥ・リューズ シラー」。「ペイドックのワインは当たり外れがあるが、ブランド力が弱いのでうまく探せば高コスパのワインが見つかる。バイヤーが南仏のワインに精通しているのだろう」(若林氏)。この2本に比べると、ボルドーワインの2本「バロン・ラ・ヴェリエール」と「ラ・シャトリューズ・ド・セナック」は「なじみやすいワインで、合わせられる料理が幅広い万能タイプ」(若林氏)と言える。

ローソン

クレリュス GSM
クレリュス GSM
「南フランス特有の、熟したブドウの香りが豊か。果実の凝縮感が素晴らしく、スパイシーさも伴う。口に含んだときに膨らみがあり余韻も長い。手の込んだおいしい料理が食べたくなるワイン」。ローソン実勢価格 1400円(税込み)
ドゥ・リューズ シラー
ドゥ・リューズ シラー
「コケモモ、黒コショウ、生肉、スミレの品格ある香り。喉越しはソフトだが、華やかさ、うま味、酸味の心地よさを兼ね備えた味」。ローソン実勢価格 1200円(税込み)
バロン・ラ・ヴェリエール
バロン・ラ・ヴェリエール
「ブラックベリーや土、生肉といった、ボルドーの良いワインの香りがする。タンニンの苦みや果実味がしっかりあるフルボディーのワイン。野菜にも合う」。ローソン実勢価格 1100円(税込み)
ラ・シャトリューズ・ド・セナック
ラ・シャトリューズ・ド・セナック
「黒コショウや生肉、土の熟成した香り。醸造年は17年だが、10~20年は熟成したかのよう。喉越しが良くて柔らかい。スパイシーな料理に」。ローソン実勢価格 1100円(税込み)