2021年、ビールをたる詰めにしてデリバリーする産直サービスが、クラフトビールの飲み方を変える。本格稼働間近の「ビールの縁側」は注目サービスの1つ。購入できるブルワリーは35社以上あり、色々なビールと出合えるのが魅力だ。21年春には、温度管理機能などを備えた本格サーバーから飲める「DREAM BEER」もサービス開始を予定する。

※日経トレンディ2021年3月号の記事を再構成

35社以上のクラフトビールを選び放題の「ビールの縁側」
35社以上のクラフトビールを選び放題の「ビールの縁側」

 マイクロブルワリーが発売する多くのクラフトビールが選び放題。購入したビールはたるで届き、自宅でビアパブさながらにサービングして新鮮な一杯を飲める——。2021年、たる詰めのビールをデリバリーする産直サービスが相次ぎ登場し、クラフトビールの新たな楽しみ方を提案する。

 まず注目なのが、21年2月24日の本格稼働を予定する「ビールの縁側」(原田産業)だ。購入できるブルワリーはFar Yeast Brewingなど35社以上を予定し、サービス開始後も順次増える。1つのサイトで色々なクラフトビールと出合い、買えるメリットも大きい。

ビールの縁側(原田産業)
ビールの縁側(原田産業)
登録すると届く専用のポンプを使って、たるで届くクラフトビールをグラスに注いで飲める。利用登録は必要だが、月額制ではなく年会費も不要

 利用登録すると専用だるからグラスなどにサービングするためのポンプが届き、注文したビールはたるに入った状態で送られてくる。登録は無料。1注文ごとに購入代金を支払う仕組みで、ビールの価格は各ブルワリーが設定する。料飲店のクラフトビールより手頃な価格で、タップから注いで飲むことができる。

 自宅向けに出来たて生ビールをたるで届けるサービスでは、大手のキリンビールが「KIRIN Home Tap」で先行して人気を集めているが、その流れがクラフトビールの世界に押し寄せている格好だ。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する