和食とのマッチングを究めたクラフトビールの新星「馨和 KAGUA」、深みのある味わいで世界的コンペで金賞を獲得した「スタウト」。ネクストブレイク必至の2商品の開発背景と、それらを生んだ気鋭ブルワリーの次の一手を探る。

※日経トレンディ2021年3月号の記事を再構成

Far Yeast Brewingは「KAGUA」「Far Yeast」に次ぐブランド「Off Trail」を立ち上げ、クラフトビールの新たな可能性に挑戦
Far Yeast Brewingは「KAGUA」「Far Yeast」に次ぐブランド「Off Trail」を立ち上げ、クラフトビールの新たな可能性に挑戦

 果物やスパイスなどの原材料を使い、独特な香りや味わいを目指すクラフトビールが増えている。特にユニークなのが、「和食とのベストマッチ」をうたうクラフトビール。飲まれるシーンを大胆に絞った、Far Yeast Brewingの「馨和 KAGUA」だ。

 使っているのは、和のハーブともいえるユズと山椒。ユズのフレッシュな香りが魅力の「Blanc」と、山椒がスパイシーで爽やかな後味を引き立たせる「Rouge」の2種類がある。馨和を醸造している場所はベルギーだが、ユズと山椒は国内の指定産地から直接購入したものを使う。

Far Yeast Brewing/馨和 KAGUA
Far Yeast Brewing/馨和 KAGUA
原材料にユズや山椒を使い、和食に合う風味に。「Rouge」(写真)と「Blanc」の2種類。参考価格660円(税込み)

 アルコール度数はあえて8〜9%と高めに。Far Yeast Brewing代表の山田司朗氏は、「食事をビールで流し込むのではなく、食事を味わいながらゆっくりと飲めるように」と説明する。炭酸は食事の味わいを邪魔しないように、瓶内二次発酵による低炭酸に仕上げている。和食といえば、日本酒か焼酎か。ビールは飲むとしても1杯目だけで、2杯目以降は別の酒に。馨和はそんな定番コースまで変えそうだ。

 馨和の発売に至るヒントになったのが、インド系英国人のカラン・ビリモリア氏が創業し、89年に英国で誕生した「コブラ」ビール。英国ではインドカレーの人気が高いのに、大手メーカーの苦みや炭酸が強いビールは相性が悪かった。そこで、おなかにたまりにくく、洗練された味わいのビールを目指して造られた。「和食も海外でも人気なのに、看板として親しまれるクラフトビールが無い」(山田氏)という気付きから生まれたのが、馨和なのだ。

 和の料亭などで飲まれることへの狙いが表れた、もう一つの要素はラベルだ。色は、「日本の伝統色である胡粉色と茜色を採用した」(山田氏)。紋印を模した馨和のロゴマークを中央に配置。余計な情報をそいだ、シンプルなデザインにしている。

 同社は、広いシーンで飲まれるようにと造られたゴールデンエール「東京ブロンド」など、「Far Yeast」の名を冠したブランドも展開。さらに今注目なのが、新ブランドの「Off Trail」(記事冒頭の写真)だ。現代のような醸造設備が無い時代のビール造りの手法を取り入れるとのコンセプトで、木樽で熟成する「バレルエイジング」に着手。「様々な微生物の働きで、発酵や熟成で発生する複雑な香りを取り入れ、時にはビールの香味バランスを損なうといわれる成分・オフフレーバーもあえて受け入れる。複雑で再現できない味わいが魅力」(山田氏)。バレルエイジングを含む様々なビールの酒質を安定させるため、微生物検査装置も導入して力を入れる。

Far Yeast 東京ブロンド
Far Yeast 東京ブロンド
「東京らしい洗練された上質な香り」をうたう。「東京ブロンド」に加え「東京ホワイト」「東京IPA」も展開。参考価格429円(税込み)

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する