ビジネスの場でもコミュニケーションツールとして活躍する日本酒。では、ビジネスパーソンはどんな銘柄に注目しているのだろうか? 日経読者約1000人を対象に、「接待などで注文したくなる日本酒」と「一番おいしいと思った日本酒」を聞いた。

※日経トレンディ2021年3月号の記事を再構成

日経読者が選ぶ「勝負の日本酒」ランキング 1位「獺祭」、2位は?(画像)

 多種多様な味、製法の挑戦、地域性。新旧勢力が切磋琢磨する日本酒。ビジネスの場でも、好きな酒の銘柄を聞くだけで盛り上がるなどコミュニケーションツールとして活躍する。

 では、ビジネスパーソンはどんな日本酒の銘柄に注目しているのか。日経新聞ID保有者を対象に調査を実施し、「接待などで注文したくなる日本酒」と「一番おいしいと思った日本酒」を聞いた。回答をまとめると、どちらの質問でも上位4つは同じで、「獺祭」「久保田」「十四代」「八海山」となった。いずれも知名度抜群の銘柄で、特に獺祭の得票数は群を抜いている。獺祭は山口県の酒蔵が醸す。クリアな飲み口で純米大吟醸ブームをけん引し、今や人気は全国区になった。「日本酒は実は飲みやすい」と、辛党の“入り口”となることも多い。

【ランキングの詳細は次のページに】