2020年5月27日に実施した日経クロストレンド・ミートアップ「コロナ時代、マーケターはどう動くべきか」で講師を務めた元エステー執行役の鹿毛康司氏。同氏が講演中に熱く語ったメッセージ「自分の中の大衆と会話する」を壁紙にしました。

鹿毛康司氏
鹿毛康司氏

 マーケティングでは、さまざまな調査をします。多くのマーケターは、調査する母数が大きいほどその調査結果が大衆のニーズやインサイトを表していると考えるでしょう。けれども鹿毛氏は「自分というN=1を深く考察していくことが、大衆の心を解明するのに必要」と説きます。

 その理由を鹿毛氏は「N=1を考察すれば、多くの仮説が生まれます。仮説を立てた上で調査をしなければ、意味のあるデータは得られません。この2つが合わさることで、正しいマーケティング手法となるのです」と教えてくれました。そして、生まれた熱いメッセージが「自分の中の大衆と会話する」です。

 日々の業務の中で悩むことがあったらこの壁紙を見て、自分と会話してみてください。きっと何らかの気づきが得られるはずです。

メッセージを使った壁紙は、ご講演いただきましたみなさまからのご厚意、ご協力によって実現しています。メッセージの改変など、本来の趣旨とは異なる活用はご遠慮いただけますよう、お願いいたします。

パソコン用

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>