中国のAI(人工知能)技術開発大手の雲従科技(クラウドウォーク)は2022年6月2日、小規模なビジネスシーンにAIを応用できるエッジAIボックス「諦格(ディガー)」を発表した。AIを応用できる小規模なビジネスシーンは大量にあり、従来のAIを導入するには高かったハードルを、このエッジAIボックスで大きく引き下げる。クラウドウォークは独自で高効率なAIの生産ラインを構築しており、大量のAIアルゴリズムを生成することで、大量の需要を満たすことができる。

雲従科技(クラウドウォーク)が発表したエッジAIボックス「諦格(ディガー)」(画像はクラウドウォークのニュースリリースより)
雲従科技(クラウドウォーク)が発表したエッジAIボックス「諦格(ディガー)」(画像はクラウドウォークのニュースリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

 エッジAIボックス「諦格(ディガー)」は、人や車両、物体、そして行為といった領域に合わせて標準化されたさまざまなAIを、ビジネスシーンのニーズに合わせて搭載し、既存の設備を改造してアップグレードできる。加えて、搭載するAIについては、クラウドウォークがあらかじめ独自の生産方式によって低コストで作成し、標準化したモデルを用意する。また、ディガーは端末側でAIを搭載できるため、従来のサーバー接続によるAIの搭載と比べ、およそ40分の1という低い電力使用量を実現した。この結果、AIを実装するハードルを下げ、消費電力を減らし、AIのバリューエーションを増やす体制も整っていることから、さまざまな業界の小規模なビジネスシーンに応用できる形となっている。

 例として、ディガーのガソリンスタンドでの活用について取り上げる。クラウドウォークはガソリンスタンド専用版のディガーを用意し、ガソリンスタンドで必要とされるAIを実装している。例えば、車両識別や喫煙行為の識別、煙検知、車両統計、通話行為の識別、消火器識別、給油時間の識別、スタッフの許可のない持ち場離れのアラームなどについて標準化されたAIが用意されている。ディガーを活用することで、こうしたガソリンスタンドで発生する小規模なニーズを満たし、安全管理作業を規範化し、安全リスクに即時対応可能な体制構築をサポートできる。

ディガーのガソリンスタンド専用版がガソリンスタンドで実装されている様子(画像はクラウドウォークのニュースリリースより)
ディガーのガソリンスタンド専用版がガソリンスタンドで実装されている様子(画像はクラウドウォークのニュースリリースより)
[画像のクリックで拡大表示]

エッジAIボックス「ディガー」の3つの特徴

 ディガーには、3つの特徴がある。1つ目は、標準プロトコルを採用し、多様なハードウエアセンサーデバイスの互換性を確保して、実装しやすくしている点だ。もともと対象となるビジネスシーンに設置されている設備をそのまま利用できるのに加え、追加でセンサー設備をつなげたりもできる。

この記事は会員限定(無料)です。