中国EC最大手のアリババ集団と中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は2020年11月28日、アリババと中国の浙江大学が共催した「2020デジタルガバナンスフォーラム」で、「非正常検索」の回数データを公開した。同時に、こうした検索に対して、周知・啓発するページを表示する「緑網計画(リューワン計画)」も始めた。両社は、市政府と共に人命と希少野生動植物、未成年を保護する取り組みを進める。

アリババ集団の鄭俊芳(ジェン・ジュンファン)最高リスク責任者(CRO)は、非正常検索に対して、周知・啓発するページを表示する取り組み「緑網計画(リューワン計画)」を始動したことを発表した(画像はバイドゥのニュースリリースより)
アリババ集団の鄭俊芳(ジェン・ジュンファン)最高リスク責任者(CRO)は、非正常検索に対して、周知・啓発するページを表示する取り組み「緑網計画(リューワン計画)」を始動したことを発表した(画像はバイドゥのニュースリリースより)

 まず、非正常検索について、アリババ集団の鄭俊芳(ジェン・ジュンファン)最高リスク責任者(CRO)は次のように定義を説明した。「ネットユーザーが、性的なものやゲーム依存防止システムの解除、それに野生動植物やドラッグ、自殺といったキーワードが含まれるコンテンツを検索することは、社会にリスクをもたらす不適切な検索行為であり、これを非正常検索と呼ぶ」。

非正常検索は年間数百億回も試みられている

 非正常検索の回数について、アリババ集団のプラットフォームでは1年間で72億回、バイドゥの検索エンジンでは2020年第1~3四半期の9カ月で386億7000万回に上った。

 こうした非正常検索を巡り、中国浙江省市場監督局の指導の下、アリババとバイドゥが始動させたリューワン計画はこれまでの類似の取り組みとは違う。これまでよく見られたのは、禁止されたキーワードを検索すると「ページは表示できません」と空白のページが表示されるものだったが、リューワン計画では今後、周知・啓発するページが代わりに表示される。

 例えば、象牙を検索した場合には「ページは表示できません」と空白のページが表示されるのではなく、野生動物が危機に瀕(ひん)しており、象の保護を呼びかける内容が表示される。同計画には、アリババ傘下のECサイト「淘宝網(タオバオ)」やフリマサイト「閑魚(シエンユー)」、地図データ大手「高徳(オートナビ)」、動画配信サイト「優酷(ユークー)」、モバイルブラウザー「優視(UC)」、検索アプリ「夸克(クォーク)」も参加する。

タオバオで象牙を検索した場合に表示される象の保護を呼びかけるページの様子
タオバオで象牙を検索した場合に表示される象の保護を呼びかけるページの様子

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する