中国EC業界は現在、ライブ配信によるライブコマースが販売チャネルの中心となっている。そこで新たなライブコマースを切り開いたのは、中国女性向けファッションECサイト「蘑菇街(モーグージェー)」。ライブコマース中にユーザーによるオンラインでのリアルタイム試着を可能にした。後押しするのは中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)のクラウド事業「華為雲(ファーウェイクラウド)」の「クラウドネイティブインフラ」だ。

「蘑菇街(モーグージェー)」のライブコマースでは、ユーザーはオンライン上でリアルタイムな試着ができる。右側は配信者で、左側はユーザーの顔を配信者の顔と取り換え、試着した見た目をその場で確認できる。(画像はファーウェイのニュースリリースより)
「蘑菇街(モーグージェー)」のライブコマースでは、ユーザーはオンライン上でリアルタイムな試着ができる。右側は配信者で、左側はユーザーの顔を配信者の顔と取り換え、試着した見た目をその場で確認できる。(画像はファーウェイのニュースリリースより)

クラウドネイティブインフラとは

 「クラウドネイティブ」とは、クラウドを基盤として実行されるアプリケーションの中身にまで踏み込んで、クラウドに最適化させたことを指す。そして、クラウドネイティブインフラは、クラウドネイティブの環境をインフラとして提供するものだ。

 従来のクラウドネイティブソリューションでは、高頻度に大量のデータ処理が行われる状況下では、性能消耗や接続遅延、リソース分配の不均衡などの問題が頻繁に発生していた。ファーウェイが提供するこのクラウドネイティブインフラを活用すれば、こうした問題を解決でき、これまで提供が難しかった機能を実現できる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>