一見魅力的な製品だが、果たして買って大丈夫といえるのか。製品チェックに秀でた識者が良しあしを一刀両断する。今回は、ボウルを浮かせて調理するというオーブンレンジを検証した。

※日経トレンディ2022年10月号の記事を再構成

オーブンレンジの「EVERINO ES-GT26」(象印マホービン)をテスト
オーブンレンジの「EVERINO ES-GT26」(象印マホービン)をテスト
EVERINO ES-GT26(象印マホービン)
実勢価格6万5780円(税込み)
●本体サイズ・重さ/幅487×奥行き399×高さ370ミリメートル(ハンドル部分除く)・17.5キログラム
●庫内容量/26リットル
●庫内寸法/幅378×奥行き309×高さ201ミリメートル
●レンジ出力/最大1000W
●オーブン温度/100〜250度
●年間消費電力量/73.4kWh/年

 調理家電の“主役”ともいえるオーブンレンジに、象印マホービン(以下象印)が17年ぶりに再参入した。2022年9月に発売した「EVERINO ES-GT26」(実勢価格6万5780円・税込み、以下EVERINO)だ。近年のオーブンレンジでは、庫内容量が30リットル前後で過熱水蒸気によるスチーム調理ができる上位モデルばかりが注目されている。また売れ筋といえるのは4万円以下の低価格モデルだ。しかしEVERINOはそのどちらでもない。庫内容量は26リットルで、スチーム機能はないミドルクラスのオーブンレンジだ。

 EVERINOの参入の経緯について同社は、「暮らしに欠かせないアイテムである『レンジ』を、またラインアップに追加したかった。05年以前は単機能レンジを手掛けていたが、それでは差別化が難しい。そこで、3〜4人のファミリー層をターゲットに、独自性を出したオーブンレンジを企画した」(象印マホービン 技術開発室商品企画担当の稗田雅則氏)と説明する。

レンジ+グリルの合わせ技で調理時間短縮を狙う

 とはいえ、容量26リットルのオーブンレンジも各社しのぎを削る激戦区だ。後発である象印は、各社の売れ筋モデルの機能や、クチコミサイトやSNSなどでの評判を徹底的に調査したという。その結果、力を入れたのが調理時間の短縮を狙う「レジグリ」機能だ。

 通常は、電波(マイクロ波)を照射して温める電子レンジ機能と、庫内天面などのヒーターで焼くグリル機能は別々に使う。象印のレジグリ機能では、電子レンジで温めた後に自動でグリルに切り替えて焼き色を付けるなど、両機能を連携させることで調理時間を短縮する。この機能を搭載するために、付属の角皿は一般的な鉄製ではなく、レンジ利用が可能でマイクロ波を透過するセラミック製を採用している。

 レンジ調理からグリルに自動で切り替えられる機能は三菱電機のオーブンレンジ「ZITANG RG-HS1」(17年発売)にもあったが、こちらは容量13リットルの小型モデル。26リットルクラスで搭載したのはEVERINOが業界初だ。

 レジグリの時短効果がある料理の代表格がハンバーグ。レンジ加熱で中まで加熱した後、表面をグリルで焼くことで、より短時間で調理できる。実際にシャープの最上位機である「ヘルシオ AX-XA20」とEVERINOの2台で120グラムのハンバーグ2つを焼き比べてみた。どちらも内蔵メニュー「ハンバーグ」で調理したところ、基本的に過熱水蒸気機能を使用するシャープが約23分17秒かかったところ、象印は約13分で焼き上げられた。できたハンバーグの仕上がりも大差ないといえるレベルだ。シャープには副菜の同時調理ができるなどの利点はあるが、レジグリが時短になるのは間違いない。

レンジとグリルの組み合わせで高速加熱
レンジとグリルの組み合わせで高速加熱
左のダイヤルで「レジグリ」を選ぶ。右のダイヤルでレンジとグリルの順番と加熱時間を指定
グラタン(左)/約10分で完成。ハンバーグ(右)/約13分で完成
グラタン(左)/約10分で完成。ハンバーグ(右)/約13分で完成

 他のメニューでも、ほとんどはレジグリの方が早く調理できたが、「鶏の照り焼き」では、シャープが約13分10秒で象印は16分15秒と、ややEVERINOが時間がかかった。レンジ加熱の時間が短い料理ほど、レジグリの時短効果が薄くなると感じた。

 このレンジとグリルを組み合わせた調理機能の一つとして、揚げ物をおいしく温め直すという「サクレジ」も搭載する。市販の唐揚げやコロッケなどを角皿に載せて「サクレジ」ボタンを押すだけで、約6分間で衣をサクサク状態にして温められた。ただし、角皿にそのまま置く仕組みのため、天ぷらは落ちた油で裏面がべちゃっと濡れた感じになる。この点は、金網の上に置いて過熱水蒸気で温めるヘルシオの方が仕上がりが良い。

「浮かせる」新発想でボウル調理の完成度をアップ

 近年、各社のオーブンレンジで人気なのが、耐熱ボウルを使った煮込み機能だ。肉じゃがやカレーなど、様々な料理が、材料をボウルに入れてレンジで加熱するだけで作れる。EVERINOは、このボウル調理がさらにうまくできるという「うきレジ」機能を搭載した。食材を入れた、付属の耐熱ガラス製ボウルを角皿下部のレールに差し込んで、庫内床面から浮いた状態で加熱できる仕組みだ。ボウルを浮かせて固定するメリットについて稗田氏は「耐熱ボウルを庫内床に置いて加熱すると、底に接する部分にマイクロ波が集中し、温度ムラの原因になる。またボウルを置く位置が中央からずれると、センサーが正しく検知できず加熱ムラが発生しやすい。そこでボウルを浮かせつつ固定した」と説明する。

ボウルでのレンジ調理がしやすい
ボウルでのレンジ調理がしやすい
下端が浮いており均一に温まる
溝が付いたセラミックトレー(左)。専用のシリコーンリングを装着(右)
溝が付いたセラミックトレー(左)。専用のシリコーンリングを装着(右)
■うきレジ調理例(肉じゃが)
■うきレジ調理例(肉じゃが)
約22分で完成。むらなく全体が加熱できる

 実際に肉じゃがや煮魚、パスタなど、いくつかのメニューを作ってみたが、加熱ムラや味染みの差はほとんどなく、全体にしっかり火が通っていた。ただし使い勝手の面で気になった点もある。うきレジでは、調理終了後ボウルが非常に熱くなるため、素手では取り出せない。ミトンを手にはめてみたが、それでも滑りやすくスムーズにいかなかった。ここは改善を期待したい。

うきレジ調理後に高温に
うきレジ調理後に高温に
熱くて素手では触れない
セラミックプレートが重い
セラミックプレートが重い
約1.6キログラム(実測値)で、鉄製角皿より重い印象

デザイン・操作性とも良好だが6万円以上の価格には割高感

 EVERINOでもう1つ好感が持てるのが、デザインがシンプルで、操作も非常に分かりやすい点だ。操作は基本的に、左側のダイヤルで動作モードを選択し、右側のダイヤルでメニューや時間を設定するだけだ。自動メニューの番号が記載されたメニューボードは前面のトレーに収納されているので、本体正面のデザインがすっきりしている。このトレーに記されたQRコードを読み込むと、ウェブ上のメニュー詳細を開ける。紙のメニュー本を参照しなくてよいのは便利だ。ウェブサイトでは、今後メニューを増やしていく予定だという。

温め直しが1ボタンで簡単
温め直しが1ボタンで簡単
「サクレジ」の専用ボタンを搭載
約6分で完成。底面はややべたつく(左)。天井のグリルでも加熱する(右)
約6分で完成。底面はややべたつく(左)。天井のグリルでも加熱する(右)
邪魔にならないメニュー番号表
邪魔にならないメニュー番号表
引き出し式で必要なときだけ見られる(上)。液晶は小さいが正面デザインはすっきり(下)

 EVERINOの本体色は、黒と白の2色が選べる。さらに、同社の「STAN.」ブランドからも、黒と茶色のツートンカラーモデル(ES-SA26-BA)が発売される。生産目標は3モデル合計で毎月約1万台と控えめだが、同社では今後もラインアップを拡充し、4〜5年後にはオーブンレンジの業界シェアで10%を目指している。

 レジグリやうきレジなどの独自機能は、初代モデルゆえの課題はあるものの非常に魅力的。IoTやスチームなどの先端機能はないが、レンジやグリルなど毎日使う機能が使いやすいのは良い。手軽さや時短を重視する家庭では有力候補になるだろう。

 気になったのは実勢価格だ。26リットルクラスのオーブンレンジ新製品は3万〜6万円台が多い。実勢価格が6万円台半ばのEVERINOは、専用ボウルが付属していることを加味してもやや割高だといえる。シンプルなデザインや操作性は優れているので、販売を伸ばすには、バルミューダの「BALMUDA The Range」のファン層のように、デザインを重視する層に訴えかけるのも手だ。

【結論】基本機能やデザインに優れる 中位機種で成功できるか
編集部から:主力の炊飯器や電気ポット以外にも、布団乾燥機やポット型加湿器など意外なヒットを飛ばしている象印マホービン。オーブンレンジでは、既存機能の組み合わせで「レジグリ」「サクレジ」などの付加価値を付けてきました。個人的にも、総菜などを温めるときに、先に電子レンジで温めてからグリルで水分を飛ばすことがあったので、それが全自動でできるレジグリは納得の機能でした。(編集部・大橋)
家電ライター/コヤマタカヒロ氏
大学在学中にライターとして執筆活動をスタート。調理家電を中心に白物家電やデジタル製品などを取り扱う。家電関連のコミュニティー「家電総合研究所」とスタジオ「コヤマキッチン」を19年から主宰。米・食味鑑定士
5
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年11月号
【巻頭特集】歯医者の真実
【第2特集】未来をつくるスタートアップ大賞2022
【第3特集】最新ヒット文具の裏側
【Special】山本舞香 インタビュー
発行・発売日:2022年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する