一見魅力的な製品だが、果たして買って大丈夫といえるのか。製品チェックに秀でた識者が良しあしを一刀両断する。今回は10.3型の電子ペーパーを搭載したモノクロタブレットを評価する。

※日経トレンディ2022年9月号の記事を再構成

モノクロタブレットの「HUAWEI MatePad Paper」(ファーウェイ・ジャパン)をテスト
モノクロタブレットの「HUAWEI MatePad Paper」(ファーウェイ・ジャパン)をテスト

 パソコンやスマホが普及した今でも、「メモは手書きが一番」と考えるアナログ派は多い。そのデジタル化の受け皿になるのはiPadやSurfaceなどのタブレットと専用ペンのセットだが、より見た目が紙に近い「電子ペーパー」(E Ink)を使用したタブレットのニーズも根強い。富士通クライアントコンピューティング「クアデルノ」や、Onyx International「BOOX Note」などが継続的に売れている。

 今回の「HUAWEI MatePad Paper」(実勢価格6万4800円・税込み)は、華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン。以下ファーウェイ)初のE Inkタブレットだ。キャッチコピーに「読書にとどまらずビジネスにも、万能なE Ink タブレット」とあり、従来のE Ink製品の主流である、メモ取りや電子書籍、PDF書類の閲覧などの用途から一歩踏み込んで、多機能ビジネスツールとして売り出そうという設計思想が見える。

HUAWEI MatePad Paper 華為技術日本(ファーウェイ・ジャパン)
実勢価格6万4800円(税込み)
●本体サイズ・重さ/幅182.7×高さ225.2×厚さ6.65ミリメートル・360グラム
●画面/10.3型E Ink(1872×1404ドット)
●プロセッサー/Kirin 820E
●メモリー/4GB
●ストレージ/64GB
●OS/HarmonyOS 2
●無線通信/Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2

 同社コンシューマーBG端末統括本部マーケティング部部長代理の片山将氏は開発の経緯について、「iPadのような一般的なタブレットは、きれいな画像や映像を見せることが主目的になるので、光沢のある液晶画面などを使う。これでは手書きの書き心地の良さやバッテリーの持ちなどを両立させるのが難しい。今回は、『読む』と『書く』に特化するタブレットにしたかったので、E Inkを採用した」と説明する。

 実際に使ってみると、従来のE Inkタブレットとは「読む」「書く」の体験が一味違っていた。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年10月号
【巻頭特集】ずるい! 文章術
【第2特集】Anker大研究!
【第3特集】観光列車ランキング2022
【Special】THE RAMPAGE 川村壱馬 インタビュー
発行・発売日:2022年9月2日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する