一見魅力的な製品だが、果たして買って大丈夫と言えるのか。製品チェックに秀でた識者が良しあしを一刀両断する。今回は「機能を後から増やせる」というオーブンレンジをチェックした。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

オーブンレンジ 「ビストロ」 NE-UBS5A(パナソニック)をテスト
オーブンレンジ 「ビストロ」 NE-UBS5A(パナソニック)をテスト

 パナソニックのオーブンレンジ「ビストロ」は2006年から長く続く人気シリーズだ。高火力のグリル機能や時短調理ができる機能を多数搭載し、忙しい現役世代に評価されてきた。

 そんな中、20年9月に発売された「ビストロ NE-UBS5A」(実勢価格6万6000円・税込み)は、多機能とは違う斬新なアプローチを採用した。それが、後から機能を増やせるとうたう「マイスペック」という提案だ。

オーブンレンジ 「ビストロ」 NE-UBS5A(パナソニック)
実勢価格6万6000円(税込み)
●本体サイズ・重さ/幅500×奥行き400×高さ347ミリメートル・14.3キログラム
●庫内サイズ/幅319×奥行き350×高さ223ミリメートル
●レンジ最高出力/1000W
●オーブン温度調節/80〜250度
●消費電力/1.35kW

 一見すると多機能オーブンレンジには見えないシンプルな外観だが、使い勝手はどうか。実際にいくつかのメニューを調理してテストした。

 NE-UBS5Aの特徴の一つが、本体内蔵メニューを最小限にして、あとはスマホアプリと連携して利用する仕組みだ。一般的に多くのオーブンレンジは、100以上のレシピを内蔵し、付属のレシピ本を見ながらメニューを選んで調理する。一方で、NE-UBS5Aにはレシピ本が付属せず、メニューの選択や材料、下ごしらえの確認などはすべてスマホアプリ「キッチンポケット」で行う。作りたいメニューがあったら、アプリからメニューをWi-Fiで転送する仕組みだ。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する