一見魅力的な製品だが、果たして買って大丈夫と言えるのか。製品チェックに秀でた識者が良しあしを一刀両断する連載「ザ・ジャッジ」。今回は、アマゾンが開発する格安タブレットのセットモデルを検証する。

※日経トレンディ2021年7月号の記事を再構成

タブレットのセットモデル「Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット」(アマゾン)をテスト
タブレットのセットモデル「Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット」(アマゾン)をテスト

 昨今のタブレット市場はアップルのiPadがかなり強く、Androidタブレットの売れ行きが芳しくない。製品数もここ数年でどんどん減っている。そんな中で元気なのが、アマゾンの「Fireタブレット」だ。

 もともと動画配信のAmazonプライム・ビデオや電子書籍のKindleなどを楽しむためのタブレットで、格安で買えるのが特徴だった。OSは、Androidを独自にカスタマイズした「Fire OS」を搭載する。「コロナ禍で、自宅で動画コンテンツなどを楽しみたい人が増えた影響もあり、出荷台数は順調に伸びている」(アマゾンジャパン Kindle・Fire Tablet・Accessories事業部の清水文弥事業部長)という。

 そのFireタブレットの大画面モデルが大きくモデルチェンジした。「Fire HD 10」(実勢価格・税込み1万5980円)と「同10 Plus」(同1万8980円)の2製品だ。共に画面は10.1型で、メモリー容量やワイヤレス充電への対応、背面の色などが異なる。

 両製品に今回注目したのは、専用のBluetoothキーボードと「Microsoft 365」(旧Office 365)の1年間ライセンスが付属する「エッセンシャルセット」が選べるようになったから。安価なFire HD 10シリーズに、仕事でも使える可能性が出てきたのだ。

 Fire HD 10のエッセンシャルセットは実勢価格2万4980円(税込み)で、同10 Plusでは2万7980円(同)。単体で3万8280円(同)以上するiPadよりも大幅に安い。これが仕事にも使えるなら、相当にお買い得と言える。今回は上位の「Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット」を前提に、その実力をチェックしていく。

Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット(アマゾン)
実勢価格2万7980円(税込み)
●本体サイズ・重さ/幅247×高さ166×厚さ9.2ミリメートル・468グラム
●画面サイズ/10.1型(1920×1200)
●プロセッサー/2.0GHz オクタコアプロセッサ
●メモリー/4GB
●ストレージ/32GB
●カメラ画素数/背面500万画素、前面200万画素
●バッテリー駆動時間/最大12時間

プロセッサー速度はやや劣るが、液晶画面は明るく鮮やかに

 まずはタブレット単体の基本性能を確認する。数年前のFireタブレットシリーズはプロセッサー性能が劣っており、安かろう悪かろうという感も少々あった。アマゾンでも「Fireタブレットは、価格を含めて気軽に使えることを狙ったタブレット。最新のパーツを使った最高性能の製品を目指しているわけではなく、安定して動作すれば十分」(清水氏)との方針だ。それがこのモデルでは、CPUは基本的に同じだがメモリー容量が増えたこともあって、「少し遅いかな」程度の印象で利用できる。

 また、画像や動画を見ていると、なかなか美しいディスプレーと感じる。画質は前モデルに比べてかなり上がっており、輝度は350ニトから400ニトへと明るくなり、コントラスト比も800対1から1300対1に向上。スピーカーは前モデルから変わっていないが、立体的な音響効果の「Dolby Atmos」に対応しており、音質・音量共に上々だ。映画などのコンテンツを見る端末としては十分な満足感がある。

 なお、新モデルはデザインも良くなった。前モデルは、液晶周囲の縁(ベゼル)が短辺だけ太く、本体が細長くなり、野暮ったい印象があった。これが新モデルは全体の縁が細くなり、最近のタブレットらしい外観になっている。

Microsoft 365は買い得だが、公式に利用できない仕事用アプリも

 エッセンシャルセット用のキーボード付きカバーは、単体でも5980円(税込み)で販売しており、iPadのキーボード(税込み1万8800円から)よりかなり安い。キーボードの出来は並だが、Bluetooth接続で本体から外して使えるのはよい。

 注目のMicrosoft 365は、単体で購入すると1年間で1万2984円(税込み)もかかる。これがエッセンシャルセット(税込み2万7980円)では、本体(同1万8980円)とキーボード(同5980円)に約3000円プラスすればMicrosoft 365が手に入る計算となる。Fireタブレット用のOfficeはAndroidアプリ版とほぼ同等で、Word、Excel、PowerPointが利用できる。これまでFireタブレットではOfficeが使えなかったので、これはうれしい。新しいFire HD 10と同10 Plusは、2つのアプリを並べて表示できるので、ウェブサイトを見ながらExcelにデータを入力することもできる。

 しかも、Microsoft 365 Personalはインストール台数の制限がない(同時利用は5台まで)ので、パソコンはもちろん、スマホやiPadにもインストールして使える。Officeのライセンス目当てでエッセンシャルセットを買うのもありかもしれない。

Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット
の「ここは良い!」

価格の割に画質・音質が良い
価格の割に画質・音質が良い
輝度とコントラスト比が向上(左)。Dolby Atmos対応ステレオスピーカーを搭載(右)
液晶周囲の縁が細くなった
液晶周囲の縁が細くなった
上下の縁はiPadより細い(左)
Microsoft 365ライセンス付き
Microsoft 365ライセンス付き

 ただし、仕事で使いたいならば、業務で使うそれ以外のアプリのFireタブレット版が出ているかは確認しておきたい。Fireタブレットは、専用の「Amazonアプリストア」でダウンロードできるアプリしか基本的に使えないからだ。

 例えば、会社のオンライン会議で「Google Meet」が指定されていても、Fireタブレットでは利用できない。これですべてを済ませようとするのではなく、ノートパソコンのサブ機として追加で使うほうが安心かもしれない。ノートパソコンでオンライン会議をしている最中に、Fire HD 10でメモを取ったりスケジュールをチェックしたりするなど、2台併用するメリットは色々とあるのだ。

スマートスピーカー代わりにもなる「Showモード」がユニーク

 またFireタブレットならではの機能として、画面付きスマートスピーカーとしての使い道がある。本体を「Showモード」に切り替えると、音声アシスタントの「Alexa」による操作ができるのだ。ニュースを読み上げたり音楽を再生したりと、なかなか便利に使える。実際にShowモードでAlexaを利用しているユーザーは多いそうだ。

 上位モデルのFire HD 10 Plusでは、アンカー製のワイヤレス充電スタンド(税込み5980円)にタブレットをセットすると、充電が始まると同時に画面が自動的にShowモードに切り替わる。Fire HD 10 Plus エッセンシャルセットにワイヤレス充電スタンドを追加すると、1980円引きになり、計3万1980円で購入できる。仕事を終えてスタンドに乗せたらスマートスピーカーになるのはよさそうだ。

Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット
の「ここは及第点!」

キーボードは取り外しが可能
キーボードは取り外しが可能
キーピッチ17.5ミリメートル、ストローク1.2ミリメートル(左)。磁石で取り外しが自在にできる(右)
「Echo Show」のように使える
「Echo Show」のように使える
「アレクサ、今日の話題は?」と発声
別売りのワイヤレス充電台に置くと自動でShowモードになる
別売りのワイヤレス充電台に置くと自動でShowモードになる

Fire HD 10 Plus エッセンシャルセット
の「ここは残念!」

Amazonアプリストアの品ぞろえがまだ弱い
Amazonアプリストアの品ぞろえがまだ弱い
プロセッサー性能は低め
プロセッサー性能は低め
ブラウザー上のベンチマーク(Octane 2.0)ではiPad(第7世代)の約3分の1のスコア

 性能面でiPadを上回る点はほぼ無いが、安さは圧倒的。映像や音楽の再生がメインで、仕事には部分的に使えればよいという程度なら、買って損はないタブレットだと言えるだろう。

【結論】秀でた点はな無いが高コスパ 仕事のサブ機としては十分
Officeセットでも2万円台! アマゾン「Fire HD 10」の完成度は?(画像)
編集部から:私もテレワーク中に使ってみましたが、パソコンとは別の画面でTeamsメールを表示して、必要なときに返信できるだけでも便利でした。キーボードとセットで約1.1キログラムと少し重いですが、持ち歩いても使えます。Fireタブレットは「プライムデー」や「タイムセール祭り」などのキャンペーンで値下げされることがあるので、急がない人はセールのタイミングで買うとよいかもしれません。(編集部・大橋)
Officeセットでも2万円台! アマゾン「Fire HD 10」の完成度は?(画像)
ビジネス書作家 戸田 覚氏
プレゼンやIT活用など多様なテーマで150冊以上の書籍を執筆。パソコンやIT製品のレビューを30年以上続けている。講演活動の他、2019年からはYouTubeでもほぼ毎日動画を配信中。近著に『“秒速”プレゼン術』(日経BP)
注)価格は21年5月下旬調べ
11
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する