ドン・キホーテのPB「情熱価格プラス」からノイズキャンセリング機能付きの完全ワイヤレスイヤホン「UNNOISE T1」が20年8月から発売されている。実勢価格8980円(税別)と格安だが実力はどうなのか。AV評論家の折原一也氏が音質などを厳しくチェックした。

2020年8月7日から全国のドン・キホーテ系列店で販売されている「UNNOISE T1」。ホワイトグレーとブラックの2色があり、実勢価格は税別8980円
2020年8月7日から全国のドン・キホーテ系列店で販売されている「UNNOISE T1」。ホワイトグレーとブラックの2色があり、実勢価格は税別8980円

 通勤・通学などの電車内で音楽を聴く人が多い日本では、2019年の後半からノイズキャンセリング機能(ノイキャン、ANC)を搭載した完全ワイヤレスイヤホンが売れに売れている。以前からノイキャンに力を入れていたソニーに加えて、アップルが19年10月に「AirPods Pro」を投入。一気にトップシェアを奪い、まだその勢いは持続している。

 当初、ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤホンはハイエンドクラスばかりだった。ソニーの「WF-1000XM3」は実勢価格2万6420円(税込み)、AirPods Proは3万580円(同)とやや高価だ。これが20年夏ごろから、有名メーカーの製品でも2万円を切る製品が出始めている。例えば6月には中国ファーウェイの「FreeBuds 3i」(実勢価格1万4800円・税込み)、9月にはオッポジャパンの「OPPO Enco W51」(同1万5800円)が発売されている。しかしそれでも、5000~8000円でも購入できるようになってきた通常の完全ワイヤレスイヤホンに比べると高価に見える。そんな中ドン・キホーテは、「情熱価格PLUS UNNOISE T1(型番:ANC-TWS1)」という、実勢価格9878円(税込み)の完全ワイヤレスイヤホンを投入してきた。MpowやTaoTronicsなどの海外ブランドで1万円を切る製品はあるが、国内ブランドの方が安心だという人も多いだろう。

 ドン・キホーテはイヤホンの開発に積極的で、17年11月に初の完全ワイヤレスイヤホン「DZBES-100-D」を手掛けている。19年にはノイキャン対応の有線イヤホン「UNNOISE Y1」や無線ネックバンド型イヤホン「UNNOISE U1」などを発売するなど、ノイキャン対応機のラインアップを拡充している。初代機のDZBES-100-Dは過去にテストしたことがあり、低価格な割に音質が良かった。今回は、ドン・キホーテのノイキャンの威力を確かめるために、UNNOISE T1を中心に、19年発売のUNNOISE U1(実勢価格6578円・税込み)とも比較しつつテストすることにした。

ネックバンド型のUNNOISE U1
ネックバンド型のUNNOISE U1

パッケージや説明書はよくできているが音質は?

 UNNOISE T1は中国製との表記があるが、パッケージや説明書はきちんと日本語化されている。充電ケースに収められたイヤホンを取り出して耳に装着すると「電源オン」と聞こえるなど、ガイド音声も完全に日本語になっている。最初は自動的にペアリングモードになるので、手持ちのiPhoneとの接続もすぐに終えられた。これはネックバンド型のUNNOISE U1も同様だ。

 音を出す前に気になったのが、耳へのフィット感だ。UNNOISE T1のイヤホン形状をよく見ると、他社の完全ワイヤレスイヤホンと比べると耳穴に挿入するノズル部が浅く、イヤホン筐体の底が浅く広い。このため耳穴(外耳道と呼ばれる)に深く押し込むことができない。パッケージにはS、M、Lの3サイズのシリコンイヤピースが同梱されている。しかし、筆者の耳にたまたま合わなかったのかもしれないが、どれに変更してもうまく耳になじんだ感じがしなかった。この点、ネックバンド型のUNNOISE U1は筆者の耳穴にはフィットした。ただこちらは首を動かしたときにやはりケーブルが気になる。総合的な装着感についてはやはり完全ワイヤレスの方がやや上だ。

本体を側面から見たところ。耳穴に挿入するノズル部分は小さめ
本体を側面から見たところ。耳穴に挿入するノズル部分は小さめ
耳に装着したイメージ
耳に装着したイメージ

 そして気になる音質だが、UNNOISE T1はお世辞にも良いとは言えないレベルだ。静かな部屋で音楽を聴いてみたが、軽くて低音の抜けたスカスカな音に聞こえる。例えば、iPhoneに同梱されている有線イヤホンの「EarPods」よりも音質は悪いので、高音質を期待して購入するとがっかりしそうだ。一方、UNNOISE U1は特定の音域を強調するわけではないナチュラルな音質だが、音に厚みは感じられて、1万円以下のイヤホンとしては悪くなかった。

 UNNOISE T1はマイクを内蔵しているので、Windowsパソコンなどとペアリングすれば、「Zoomミーティング」などビデオ会議でも使える。人の声が軽く聞こえる傾向はあるが、通話自体は問題なくできる。ただ、スマートフォンにつないだ後にパソコンとペアリングしたいときは、その前にスマホ側の操作でBluetoothの接続を解除する必要があり、ここが少々分かりにくかった。

 売りであるノイズキャンセリング機能は、UNNOISE T1では確かに効いているものの弱い。電車の中で実際に装着したままノイキャンをオン、オフしてみると、電車の走行中に常にゴーゴーと響く騒音は低減する。しかしノイキャンが働くのは重低音の騒音のみで、エアコンや送風ファンの音がする部屋で試してみても、ほとんど効果は感じられない。あくまで感覚的な評価だが、AirPods Proの3割くらいの効果だろうか。1万円以上のノイキャン機能付きイヤホンなら、室内ではほぼ無音状態になることが一般的で、それとは明らかに差があると感じた。一方、ネックバンド式のUNNOISE U1では、電車のノイズがはっきりと低減したと感じられる。こちらは感覚的にはAirPods Proの6割くらいの効果で、室内の騒音も低減できる。ノイキャン目当てならネックバンド式のUNNOISE U1を選ぶ方がよさそうだ。

ケースが軽量で耐水・防塵性能が高く、駆動時間も及第点

 期待していた音質、ノイキャンが物足りなかったため、厳しく書いてきてしまったが、UNNOISE T1には良い点もある。1つは、防水・防塵機能が「IP56」と高めなこと。これは、防水性能が0~8の9段階(8が最高)で「6」、防塵性能が「5」であることを示す。特に防塵性能もあるのは珍しい。例えばAirPods Proは「IPX4」で、防水性能はUNNOISE T1より下。防塵性能はテストされていない。

 もう1つは、本体とケースが軽量な割に駆動時間が長いことだ。充電ケースとイヤホンの重さは合計で49グラムであり、市場では比較的軽量であるAirPods Proの同56.4グラムより軽い。それでいて、イヤホン単体の連続再生時間はノイキャン機能オンで約5.5時間と、AirPods Proの4.5時間よりも長い。またケースだけで本体を5回以上充電できるので、計算上は24時間以上給電せずに使用可能だ。

ケースは、完全ワイヤレスイヤホンとしては小型な方だ
ケースは、完全ワイヤレスイヤホンとしては小型な方だ

 またイヤホンの左右に操作ボタンが2つずつあるのも市場では珍しい。音楽の再生や一時停止だけでなく、音量の変更や「次の曲」「前の曲」へのスキップ操作も本体だけでできる。これは慣れれば便利かもしれない。

本体表面には「<」「>」の2つが一体になった操作ボタンが付く
本体表面には「<」「>」の2つが一体になった操作ボタンが付く

 全体的には、UNNOISE T1は「最も安くて最低限のノイキャンが付いている」というイヤホンの域を出ない。ただ、防塵防水機能が強力なので、屋外でジョギング中に音楽を聴く用途に使うのならありかもしれない。逆に、ノイキャンの効果と音質に期待をしているなら、今のところはネックバンド型のUNNOISE U1を選んで、ノイキャン付きの完全ワイヤレスについては、後継機に期待をしたほうがよいと思う。

2
この記事をいいね!する