一見魅力的な製品だが、果たして買って大丈夫といえるのか。製品チェックに秀でた識者が良しあしを一刀両断する。今回は、スチームオーブンレンジ「ヘルシオ」の最上位製品を試した。

※日経トレンディ2020年9月号の記事を再構成

ウォーターオーブンのヘルシオ AX-XA10(シャープ)をテスト
ウォーターオーブンのヘルシオ AX-XA10(シャープ)をテスト

 シャープのウォーターオーブン「ヘルシオ」シリーズは、現在、広く普及している過熱水蒸気によるスチーム調理を一般家庭に普及させた立役者だ。2004年に初代モデルを発売して以降、電子レンジ機能なども加えて進化し、累計250万台以上を販売する人気シリーズとなっている。ヘルシオはほぼ毎年新モデルを出しているが、20年6月に発売された最新モデル「ヘルシオ AX-XA10」は、操作パネルの配置を一新するなど、かなり意欲的に見える。その実力を試すべく、実際に多くのメニューを調理してテストした。

ヘルシオ AX-XA10
実勢価格18万7000円(税込み)
●重さ/25kg
●庫内容量/30L(2段調理)
●レンジ出力/最大1000W相当
●オーブン温度調節範囲/100~250度、300度、スチーム発酵・発酵(20、35、40、45度)
●メニュー数/338種類(自動メニュー382種類)
●搭載センサー/赤外線、絶対湿度、温度センサー
●定格消費電力/1460W(レンジ)、1410W(オーブン、グリル)

 といっても、電子レンジやオーブン、スチームオーブンの機能を単体で使う際の能力は、この1~2年で劇的に向上してはいない。また、国内主要メーカーのオーブンレンジ上位機は、100種類以上のレシピを内蔵するのが当たり前。画面のレシピ通りに下ごしらえさえすれば、ワンタッチで調理ができる。しかしこれも、レシピ通りに作っておいしい料理ができるのは当たり前で、各社の違いが出にくいといえる。

 そんな中で、最新鋭のスチームオーブンレンジで重要なトレンドとなっているのが、レシピを見なくてもあり合わせの食材でそれなりの料理ができる、自動調理系の機能だ。そこで、まずAX-XA10の自動調理機能である「まかせて調理」と「らくチン1品」機能からテストすることにした。

 「まかせて調理」は15年発売モデルからヘルシオが搭載する機能。例えば、肉と野菜、冷凍のエビを角皿に載せて、「網焼き・揚げる」「焼く」「炒める」「蒸す・ゆでる」からメニューを選べば同時に加熱できる。庫内に赤外線センサーなどを配置し、過熱水蒸気を温度の低い食材から重点的に加熱することで、食材の量や温度がばらばらでも同時に仕上がる仕組みだ。

 電子レンジで2品を同時に温める機能はもはや珍しくないが、スチームオーブンで複数の食材を同時に調理できる製品はまだ他メーカーに無く、ヘルシオの大きな優位点だ。ただし従来モデルでは、この機能をスタートさせると庫内を20分前後独占してしまい、他の調理ができない問題があった。家族全員分の調理を一度にできるならよいのだが、我が家は5人家族ということもあり2品以上は難しかった。

 その点AX-XA10は、おまかせ調理の利用時に下段でも調理が可能になるというので期待していた。これは、過熱水蒸気を発生させる部品(ヘルシオエンジン)に、過熱水蒸気の流れを仕切るスイングダンパーを追加することで実現している。具体的には、調理開始時にダンパーを閉じて角皿上段の食材を集中加熱し、上段の仕上がりを見ながらダンパーを開いて下段も加熱するといった制御をする。これにより、上段で「網焼き・揚げる」か「焼く」の調理をしながら、下段でも総菜の温めだけでなく、温野菜などを作れるようになった。

 実際に使ってみたが、確かに上段で4枚のチキンステーキを焼きつつ、下段で温野菜を調理できた。4~8人分の料理を2種類、一度にできるのはうれしい。試す前に気になっていたのは下段の料理の出来。上段からの蒸気で少しべちゃべちゃするのではないかと懸念していたが、そういった失敗は起きなかった。火力の違いにより、下段で生の肉や魚、冷凍食品の調理はできないが、高く評価したい機能だ。

ヘルシオ AX-XA10の「ここは良い!」

売りである上下2段の同時調理機能が実用的
売りである上下2段の同時調理機能が実用的
従来、下段では総菜の温めしかできなかったが、温野菜などの調理が可能になった
焼き色がきれいに付く
「あぶり焼き」機能があり、スチーム調理できれいな焼き色が付く
焼き色がきれいに付く
「らくチン1品」メニューが優秀だった
「らくチン1品」メニューが優秀だった
「らくチン!パスタ」を選べば、ボウルに入れたあり合わせの材料でパスタが作れる

他社が先行するボウル調理に 自動調理で追いついた

 もう一つの自動調理的な新機能が「らくチン1品」だ。これはボウルなどの耐熱容器に食材を入れて、パスタやカレー、煮物などのメニューを選ぶだけで調理できる機能のこと。これまでのヘルシオにも「レンジで1品」機能として搭載していたが、パナソニックの「ビストロ」シリーズにある「ワンボウルメニュー」に比べると、メニュー数などで見劣りしていた。

 AX-XA10はこの機能名も「レンジで1品」から「らくチン1品」に刷新。レシピを選ぶのではなく、「らくチン!パスタ」や「らくチン!煮物」などのカテゴリーを選ぶだけで、細かな火加減をヘルシオに任せる仕様にした。大根でもナスでもカボチャでも、煮物なら「らくチン!煮物」でよいというのは大きな進化だ。

 今回は、レシピブックには載っていないオリジナルメニューとして、薄切り牛肉と生クリームを使う「牛肉のクリーム煮」を作ってみた。「らくチン1品」では、センサーが食材から出る湯気から食材の加熱状態を判断する。このため、レシピブックに載っていない料理の場合は、肉が多いなら「らくチン!カレー」を、野菜が中心なら「らくチン!ベジ」を選ぶ。この選択で最初は迷うかもしれない。自作の牛肉のクリーム煮を「らくチン!カレー」で調理してみたところ、生煮えになったり、煮え過ぎたりすることなくおいしくできた。この機能ではパナソニックに追い付いた印象だ。

 白物家電は、多機能になればなるほど操作が複雑で使いにくくなりがち。シャープはそれをクラウドAIサービス「COCORO KITCHEN」でカバーしようとしている。音声対話機能と液晶の操作画面(AIパネル)、そしてスマホアプリとの連係が3本柱だ。

音声AI操作は便利だが速度がAmazon Echoなどに及ばない

 本体の操作が複雑なので、自然に音声対話機能はよく使う。これは、シンプルな操作で便利に感じる。例えば、電子レンジを使うときは、「COCORO KITCHEN」ボタンなどで音声対話モードにして「レンジ、600W、3分半」と話し掛ければよい。液晶画面で「レンジ」ボタンを押して分数を入力するよりも素早く設定できる。この他、内蔵のメニューを検索するのも音声の方が速い。「肉まんを温めたい」というと「しっとりあたためコース」を案内。このコースをボタンだけで呼び出すよりも楽だ。ただ、音声対話機能の反応は、Amazon Echoなどのスマートスピーカーに比べるとやや劣る。もっとやり取りはスムーズになってほしい。

 またAX-XA10は、AIパネルの操作ボタンの配置を一新した。従来モデルでは「まかせて調理」「あたため」「COCORO KITCHEN」「クックブック」の4つのボタンが並んでいたが、新モデルでは「まかせて調理」の4つの調理法(焼く、炒めるなど)ボタンを表示。内蔵のレシピよりも、まかせて調理の利用を推奨しているようだ。

 このAIパネルに1つ新機能が加わっていた。朝食・昼食・夕食の時間帯に合わせて、その家庭がよく作る「いつものメニュー」と、それとは別の「おすすめメニュー」を自動的に表示する機能だ。魚料理をよく作っていると「ぶりの塩焼き」を表示するなど、その家庭と食材の旬に合わせた提案をしてくれる。これがスマホなどを使わなくても本体に自動的に表示されるのはいいヒントになる。

 本体と連係するスマホアプリ(COCORO KITCHEN)は、献立の検索やダウンロード、ヘルシオへの転送などに使用する。料理の写真が見やすく、動きも良くて使いやすい。ダウンロードメニューをヘルシオにさっと転送できるのは便利だった。

 総合的には、多少の不満はあるものの、他社のスチームオーブンレンジと比較して、相対的にヘルシオのAI機能は優れている。唯一使い物になるレベルだと思う。

ヘルシオ AX-XA10の「ここは及第点!」

実用的な学習機能やアプリ
実用的な学習機能やアプリ
朝、昼、夕のタイミングで、これまでよく調理したメニューや、それに関連する別メニューを提案する
新メニューを自動提案
新メニューを自動提案
複数の質問を組み合わせてメニューを絞り込むなど、対話風の献立相談も可能

 調理機能やAIの先進性では高く評価できるヘルシオだが、最大の欠点は設置性の悪さ。同じ庫内容量30Lのライバルであるパナソニックの「ビストロ NE-BS2600」と比べると、高さで50mm、重さで5.4kg上回ってしまう。これは「スチームを発するヘルシオエンジンが大型のため」(シャープ)で、同社は今後の課題と認識しているとのこと。さらに蒸気が上面から排出されるため、本体の上部に10cmほど空間を空ける必要もある。このため、他のオーブンレンジから買い替えたときに、同じ場所に入らない恐れがある。高機能とのトレードオフとはいえ、将来は何とかしてほしいところだ。

 それでも数多くのスチームオーブンレンジの中で、AX-XA10は頭一つ抜けた存在だといえる。20年モデルは新機能が多くてほとんどが期待通り。個人的には買い時だと思う。

ヘルシオ AX-XA10の「ここは残念!」

本体が大きく、置き場所を選ぶ
本体が大きく、置き場所を選ぶ
【結論】高価だが自動調理は魅力的 AIの活用では一歩リード
自動調理で差別化を図るオーブンレンジ 定番「ヘルシオ」の完成度は?(画像)
編集部から:最初に触ったときは、「レンジ」のボタンが目立たないところにあるのに戸惑いましたが、取材で音声対話機能がかなり使われていると聞いて納得。レシピを見ながら調理するのが苦手で、3年前に買った格安のスチームオーブンは今やから揚げ専用機になってしまいましたが、自動調理は面白そうです。正直に言って18万円超えの価格は高いですが、シェフを雇ったと思って買い換えを検討してみます。(編集部・大橋)
自動調理で差別化を図るオーブンレンジ 定番「ヘルシオ」の完成度は?(画像)
PC&デジタル家電ライター コヤマタカヒロ氏
大学在学中にライターとして執筆活動をスタート。調理家電を中心に白物家電やデジタル製品などを取り扱う。家電関連のコミュニティー「家電総合研究所」とスタジオ「コヤマキッチン」を19年から主宰。米・食味鑑定士
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する