コロナショックで進むDX

新型コロナウイルスの感染拡大以降、医療のDX(デジタルトランスフォーメーション)化が加速している。特別措置ではあるもののオンライン診療が全面的に解禁。LINEはオンライン診療のプラットフォーム開発を急ぐ。医院のデジタル化も進む。ポイントは滞在時間の短縮だ。

前回(第1回)はこちら

東京・品川の目黒みらい内科クリニックの太田啓介院長は、いち早くオンライン診療への対応を決めた
東京・品川の目黒みらい内科クリニックの太田啓介院長は、いち早くオンライン診療への対応を決めた

 新型コロナウイルスの感染拡大で3密回避のために物理的接触を減らすことが求められている中、遅れていた分野のDXが急速に進み始めた。政府も社会全体のDXを加速する好機とし、データ利活用などを進めていく方針を発表。このDXによって生活者の行動スタイルはどう変わり、企業側の打ち手はどう変わるのか。流通、医療、教育、アパレル、スポーツなど各分野のデジタル活用の先端動向を紹介する。

 新型コロナの影響を受け、制度改正を含め、最もドラスティックに変化している分野が医療だ。本来は20年9月から認められるはずだったオンライン診療が、感染防止を理由に厚生労働省が特別措置として規制を緩和したことで、まず慢性疾患を持つ患者に限って20年3月に導入可能になった。さらに4月には初診患者も対象として認められた。これにより、事実上オンライン診療が全面的に解禁されたことになる。医療機関はオンライン動画や電話など、双方向のコミュニケーションが可能な機器を用いることで非対面の医療行為が可能になった。

 オンライン診療の解禁により、医院やクリニックもマーケティング戦略という概念が重要になる。大手プラットフォーマーも参入を表明するなど、早くも市場は活況だ。

規制緩和を受けLINEは開発を前倒し

 オンライン診療普及の追い風として期待されるのが、スマートフォン向け無料電話・メールアプリ「LINE」を展開するLINEの参入だ。LINEは医療情報サービスのエムスリーと共同出資会社LINEヘルスケアを19年1月に設立。同社の室山真一郎社長は「LINEの持つ8400万人のユーザー基盤が真価を発揮するのは1対1のやり取り。規制緩和を受けて、オンライン診療を前倒しで提供できるように開発している」と明かす。

 LINEヘルスケアはオンライン診療の提供に先駆けて、20年1月8日からLINEで医師に健康相談できるサービスのβ版の提供を始めた。2000人の医師が登録しており、利用者はLINEヘルスケアのLINEアカウントに登録後、時間単位の利用料金を支払って医師に健康相談できる。料金はすぐに回答を得られる「いますぐ相談する」が30分2000円(税別)。48時間以内に1000文字以内で回答を得られる「あとから回答をもらう」は1回当たり1000円(税別)となる。6月現在は新型コロナの感染予防のため、20年6月26日まで無償提供中だ。

LINEはエムスリーとの共同出資会社LINEヘルスケアでオンライン診療サービスを開発中。提供に先駆けて、2020年1月から登録する医師にLINEで健康相談できるサービスを始めた
LINEはエムスリーとの共同出資会社LINEヘルスケアでオンライン診療サービスを開発中。提供に先駆けて、2020年1月から登録する医師にLINEで健康相談できるサービスを始めた

 LINEヘルスケアの現状のサービスはあくまで相談だけで診察はしないため、医療行為には当たらない。同サービスを通じた相談件数は、新型コロナの影響を受け20年2月に前月比で40倍に急増したという。このサービスに診療の予約機能や決済などのシステムを加えることで、オンライン診療サービスに進化する。LINEはその開発を急ぐ。

 「体調に異変を感じたとき、まずは検索サイトなどで調べる人が多い。そのときに相談サービスは使われるだろう。オンライン診療とはニーズが異なるため、共存は可能だ」と室山氏は強調する。多くの消費者が使い慣れたLINE上で診療を受けられるようになれば、オンライン診療の利用者拡大が期待できそうだ。

オンライン診療の使いやすさが医院の選択基準に

 「オンライン診療の提供以降、100件以上利用されている」。こう明かすのは東京・品川の目黒みらい内科クリニックの太田啓介院長だ。同院は厚労省の規制緩和を受け、20年4月1日にオンライン診療の提供を始めた。4月の規制緩和後は初診患者も対象としている。19年の開院時から、将来的にオンライン診療を提供するために準備を進めてきたため、速やかな提供が可能だった。

 非対面で医師の診察を受けたいというニーズが、新型コロナの感染拡大によって顕在化した。かかりつけの病院がオンライン診療に対応しておらず、対応医院を探す中で目黒みらい内科クリニックのサイトにたどり着いた新規患者も少なくないという。

 太田氏はオンライン診療の開始に合わせて、診療の受け方や薬の受け取り方などを詳しく紹介する記事をブログに掲載して情報を発信。コロナ禍で解禁されたオンライン診療の不安材料の払拭に努めた。オンライン診療の有無だけでなく、情報発信による安心感が患者に選ばれる病院の一因になりつつある。

太田氏はブログでオンライン診療に関する情報を積極的に発信して、利用者の信頼を得ている
太田氏はブログでオンライン診療に関する情報を積極的に発信して、利用者の信頼を得ている