「非接触エコノミー」が到来、米国発・コロナ時代の新技術(画像)

2020年、人類そして企業は大きな岐路に立たされた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、人が集まったり移動したりするビジネスはその前提が覆された。そして必要不可欠になったのが非接触で、安全に品物やサービスを提供するコンタクトレス(非接触)・エコノミーである。シリコンバレーをはじめとして米国では、スタートアップなどが新たなテクノロジーでコロナ禍に対応しようとする動きが急だ。

(写真/Shutterstock.com)
(写真/Shutterstock.com)

 新型コロナウイルスは感染力の高さに、有効な治療薬やワクチンが見つかっていないことも相まって、全世界で猛威を振るっている。唯一の対抗策が、自宅にとどまり、人々の接触を最小限にとどめることだ。

 しかし、ビジネスを停止し、家にとどまっているだけでは経済が停滞し、いずれ崩壊してしまう。そこで必要となってくるのが、感染を避けつつビジネスや生活を継続するためのテクノロジーやサービスである。まさにコンタクトレス・エコノミーの時代がやってきた。

コンタクトレスの新常態を支える技術

 コンタクトレス・エコノミーを支える主役はスタートアップのテクノロジーである。シリコンバレーなど米国ではコロナ禍の以前から、多くの起業家が次世代のビジネスとしてチャレンジしている。その代表例が商品などを顧客まで運ぶデリバリーロボットだ。コロナ後のニューノーマル(新常態)では珍しい存在ではなくなるかもしれない。

マウンテンビューのダウンタウンを行き来するデリバリーロボット(米カリフォルニア州マウンテンビュー市)
マウンテンビューのダウンタウンを行き来するデリバリーロボット(米カリフォルニア州マウンテンビュー市)

 次回、詳しく説明するが、シリコンバレーの中心地であるマウンテンビュー市のダウンタウンでは、人よりもデリバリーロボットが多く行き来する。ロボットの提供元はスターシップテクノロジーズというスタートアップだ。IP電話の「スカイプ」の創業者らが2014年に起業しており、資金も順調に調達している。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>