スズキが2021年9月に発売した、スライドドア搭載の軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」が好調だ。受注台数は月平均で目標の月販5000台を上回っており、ワゴンRシリーズ全体の販売台数伸長に大きく貢献している。一方で、ワゴンRスマイルは、デザインやサイズがワゴンRとはあまり近くない。それなのになぜ「ワゴンR」を名乗り、ヒットしたのだろうか。スズキに開発の狙いを聞いた。

21年9月に発売された「ワゴンRスマイル」。写真は「HYBRID X」
21年9月に発売された「ワゴンRスマイル」。写真は「HYBRID X」

 軽ハイトワゴンのパイオニアであるスズキの「ワゴンR」シリーズに、スライドドア付き軽ハイトワゴン「ワゴンRスマイル」(129万6900~171万6000円・税込み、以下同)が追加された。2021年8月の投入前、ワゴンRシリーズの21年販売台数は10位前後を推移していたが、発売直後の9月にいきなり3位に急上昇。10月には月間1位を記録し、以降はトップ5以内を維持している。ワゴンRを再び人気車にした「ワゴンRスマイル」とは一体どんなクルマであり、好評の理由はどこにあるのか。スズキで開発を指揮した、チーフエンジニアの高橋正志氏に話を聞いた。

 昨今の軽自動車市場は、スズキ「スペーシア」、ダイハツ「タント」、ホンダ「N-BOX」など、「軽スーパーハイトワゴン」と呼ばれる、全高1700ミリメートル以上の背の高い軽乗用車が主力だ。これは軽自動車がファミリーカーとして使われるようになった背景がある。その武器となっているのが、背の高さによる乗降性の良さと積載性の高さ、そして、後席スライドドアの利便性だ。ミニバンでおなじみのスライドドアは、狭い場所でも開閉でき、開口部が広いので後席に乗り込みやすい。

スズキ「スペーシア HYBRID X」。写真は21年12月発売モデル。全高は1785ミリメートルで、ワゴンRスマイルより90ミリメートル高い
スズキ「スペーシア HYBRID X」。写真は21年12月発売モデル。全高は1785ミリメートルで、ワゴンRスマイルより90ミリメートル高い

 新型車のワゴンRスマイルは、軽スーパーハイトワゴンより低い全高1695ミリメートルの「軽ハイトワゴン」サイズのボディーにスライドドアの利便性を加えたクルマだ。CMや公式ウェブサイトでも、「ワゴンRにスライドドアついた!」のキャッチコピーが強調されており、クルマの役割はすんなり理解できる。しかし、実際にワゴンRと見比べてみると、デザインやキャラクターは全く異なる。あえてワゴンRを名乗るのはなぜか。その理由を高橋氏は「ワゴンRのサイズ感やワゴンRの利便性を備えた新型車であることをアピールするため」と説明する。スズキの調査では、ワゴンR購入者と軽乗用車検討者に、「乗り換えるとすればどのようなクルマがよいか」という趣旨のアンケートをそれぞれ実施したところ、いずれも約4割が「スライドドアが付いたワゴンRクラスのクルマ」と答えたという。つまり、ワゴンRサイズのスライドドア車を出せばヒットすることは、事前の調査である程度分かっていたと言える。

ワゴンRスマイルのCMイメージ
ワゴンRスマイルのCMイメージ
軽ハイトワゴンのスズキ「ワゴンR HYBRID FZ」は全高1650ミリメートル。ヘッドライトの形状など基本デザインはワゴンRスマイルと異なる。写真は19年12月発売モデル
軽ハイトワゴンのスズキ「ワゴンR HYBRID FZ」は全高1650ミリメートル。ヘッドライトの形状など基本デザインはワゴンRスマイルと異なる。写真は19年12月発売モデル

 ミニバンのようなスライドドアが軽ハイトワゴンでも求められるようになったのは、今の自動車の購買層の多くが、ミニバンで育った世代であることが影響している。若者は、自宅にミニバンがあり、その親である中年以上の世代は、自身が子育てのためにミニバンを選んできた。そのため、スライドドアの利便性をよく知っており、箱型のクルマに抵抗がない。だからこそ、ミニバン的でないクルマにも「スライドドアがあれば」と考えるのだろう。完成されたと思われていた軽乗用車市場だが、スライドドアというアイテムをうまく活用することで、新たな価値が創造できた。制約の多い軽乗用車にも、まだ多くの可能性があることを証明したと言えそうだ。

 スライドドア付きの軽乗用車には、既に軽スーパーハイトワゴンという選択があった。スズキも、商用車ベースの軽ワゴン「エブリイワゴン」と軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」では既にスライドドアを搭載していた。しかし、先ほどのアンケートで4割が「スライドドアが付いたワゴンRクラスのクルマ」を求めていたということは、軽スーパーハイトワゴンに納得していない層も一部にあったことを示す。高橋氏は、「(軽スーパーハイトワゴンの)ファミリーカー色を敬遠する声はあった。特に女性からは、背の高さによる圧迫感や『運転しにくそうと感じる』などの意見もあった」と話す。実は、ワゴンRシリーズとスペーシアの最小回転半径は同じ4.4メートルなので、取り回しなど運転しやすさの差はほとんどない。しかし、デザインや形状が与えるイメージはずっと大きかったのだ。

フェイク素材の積極活用で、高級感を演出

 そこでワゴンRスマイルは、新たに日常での使い勝手を重視したスライドドア付きのパーソナルカーとして開発された。全高をワゴンRよりも45ミリメートル高く、スペーシアよりも90ミリメートル低い1695ミリメートルとした。デザイン面では、「マイスタイル、マイワゴン」をコンセプトに掲げ、愛着とぬくもりを感じられる外装と、居心地の良さと質感の高さを感じる内装を目指した。ワゴンを名乗っているが、ボディーに対してガラスエリアを狭くして、伸びやかさを表現。こうした工夫で、イメージを軽ワゴンから軽セダンに寄せることで、背の高さが気にならなくなるように気を配った。もちろん、スペーシアの知見を取り入れ、開口部やステップの高さは同様とし、乗降性にも配慮している。

ワゴンRスマイルのスライドドア。開口部とリヤステップ地上高は、スペーシアと共通だ
ワゴンRスマイルのスライドドア。開口部とリヤステップ地上高は、スペーシアと共通だ

 内装では、価格を抑えつつ一定の高級感を出していることがポイントだ。インテリアパネルは、カッパーゴールド色の加飾や光沢のあるカラーパネルで輝いている。驚くべきは、パネルの装飾にレザー張りとステッチ(縫い目による装飾)を取り入れていること。なんとこの2点はフェイクで、樹脂パネルの加工で再現している。特にステッチは、触れてみないとフェイクとは分からないほどの仕上がりで驚かされた。一方で、シート表皮には、実際にステッチを取り入れており、車内全体の本物感を増している。

 ワゴンRスマイルのデザインは女性を明確に意識しており、同社軽セダン「アルト」のオシャレ仕様である「アルト ラパン」に近い。しかし、アルトラパンよりは大人向け、万人向けに仕上げたとも言える。例えば、ボディーカラーや内装色は、男性が受け入れやすいシックさを意識した色も用意。親しみやすいデザインだが、アルト ラパンのようにかわいさを強調してはいない。

「ワゴンRスマイル HYBRID X」のインテリアパネル。ゴールドやカラーパネルの装飾が質感を高めている
「ワゴンRスマイル HYBRID X」のインテリアパネル。ゴールドやカラーパネルの装飾が質感を高めている
「ワゴンRスマイル HYBRID X」のシート構成。シートは座面と側面で素材感が違う。このステッチ入りシートは、HYBRID X専用装備
「ワゴンRスマイル HYBRID X」のシート構成。シートは座面と側面で素材感が違う。このステッチ入りシートは、HYBRID X専用装備

 グレード構成はシンプルな3グレード構成とした。最上級車「HYBRID X」と上級グレード「HYBRID S」は、補助モーターの付いたマイルドハイブリッド仕様。価格重視の「G」はガソリン車となっている。前輪駆動車と4WD車の選択が可能だが、ターボ車は非設定とした。これは、街乗り中心ならターボがなくても十分との考えから、あえて外したという。動力源(パワートレイン)の種類が減れば、その分開発コストが下がるメリットもある。その結果、スライドドアを搭載しつつ129万6900円からと、ワゴンR FA(スズキ セーフティ サポート装着車で116万3800円から)との価格差を10万円台に抑えた。LEDライトやメッキパーツ、電動スライドドアなどの上級アイテム満載のHYBRID Xでも159万2800円からで、必須と言えるオプションを付けても200万円以内。このHYBRID Xが最も売れているというから、パーソナルカーを意識した質感向上が支持されてヒットにつながったと言えそうだ。

HYBRID Xグレードでは、ヘッドランプとフォグランプの周囲にメッキパーツが使われている
HYBRID Xグレードでは、ヘッドランプとフォグランプの周囲にメッキパーツが使われている

ワゴンRブランドに女性を取り込むことにも成功

 走りは、乗り心地を重視したもの。前方の長さがつかみやすいボクシー(箱型)形状で、窓もできる限り全方位の視界を確保するように設計されており、運転もしやすい。背の高さが抑えられているので、軽スーパーハイトワゴンよりも運転中のふらつきも抑えられている印象だ。高橋氏によると、空気抵抗が減るため、軽スーパーハイトワゴンより燃費も良いそうだ。

ワゴンRスマイルの視界のイメージ。フロントガラスとドアガラスの間にもガラスを追加することで、広い視界を実現している
ワゴンRスマイルの視界のイメージ。フロントガラスとドアガラスの間にもガラスを追加することで、広い視界を実現している

 なお、ワゴンRスマイルが「ワゴンR」を名乗るのには、ワゴンRブランド全体のニーズ拡大という販売戦略上の目的もある。軽乗用車のユーザーの男女比は「4対6」が平均だというが、ワゴンRはそれよりもやや男性が多い。そこでワゴンRスマイルで女性を取り込むことも狙っているのだ。ワゴンRスマイルの購入者は約7割が女性で、旧来のワゴンRと合わせると平均的な軽乗用車の男女比に近づいたという。

 これまで、スライドドア付きの軽ハイトワゴンは、16年9月発売のダイハツ「ムーヴ キャンバス」のみだった。軽ハイトワゴンの先駆者であるスズキとしては、ダイハツに先を越された点に悔しさがあったかもしれない。両車を比べると、全高1655ミリメートルのムーブ キャンバスより、ワゴンRスマイル(同1695ミリメートル)の方がやや背が高い。軽ハイトワゴンでもスライドアのメリットをできるだけ最大化したいというスズキの思いが感じられる。デザインは、ムーヴ キャンバスの方が軽ワゴンらしく、ワゴンRスマイルの方が軽セダンに近いというのも面白いところ。ワゴンRスマイルはムーヴキャンバスとバッティングしないように、クルマのターゲットや個性をうまく差別化したと言える。スライドドアのメリットをより多くの人にという考えから、幅広い世代に向けたクルマをつくったと感じられる。その点も多くの人から支持される強みになっている。

(写真提供/スズキ)

8
この記事をいいね!する

日経トレンディ8月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年8月号
【巻頭特集】創刊35周年記念 家電・文房具・日用品 歴代ヒット&最新ベスト
【Special】ライゾマティクス 真鍋大度氏 インタビュー
【Special】ビームスクリエイティブ社長 池内光氏 インタビュー
発行・発売日:2022年7月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する