カシオ計算機が2019年から展開する八角形のG-SHOCKが、世界的に支持を集めている。樹脂製ベゼルだった19年8月の「GA-2100」がヒットして、一部ファンが「カシオーク」と愛称を付けるほど人気に。21年8月に発売された金属ベゼル版の「GM-2100」も同年11月ごろまで品薄状態が続いた。ミニマルな形状にしつつもG-SHOCKらしさを失わなかったデザインの妙に迫った。

カシオ計算機の「G-SHOCK GA-2100-1AJF」(写真左)と、「同 GM-2100-1AJF」(写真右)
カシオ計算機の「G-SHOCK GA-2100-1AJF」(写真左)と、「同 GM-2100-1AJF」(写真右)

 カシオ計算機の「G-SHOCK」といえば、1983年の販売開始以来、2020年までに世界累計1億3000万個以上を販売している超ロングセラーの腕時計ブランドだ。

 G-SHOCKの最大の特徴は堅牢(けんろう)性で、ゴツゴツしたデザインを思い浮かべる人も多い。しかし最近売れているのは八角形ベゼルが特徴で比較的シンプルな「2100シリーズ」だ。19年8月に発売した樹脂製の「GA-2100」(税込み1万4850円から)が世界的にヒットし、2年経過した21年1~9月にもブラック系の「GA-2100-1A1JF」が全G-SHOCKの中で販売数が1位に。限定モデルも含めれば、12月までに計21種類が販売された。そして、定番化に拍車をかけたのが、21年8月に発売した「GM-2100」(税込み2万6400円から)だ。こちらは八角形のベゼル部分がステンレス製となる高級モデル。特に国内では入手困難になるほど売れ、11月ごろまでは通販サイトなどで高値で販売されていたほど品薄だった。

 2100シリーズが売れたのは、G-SHOCKらしい個性を残しつつ、これまでにないスリムでシンプルな形状にできたからだと言える。しかも近年の新モデルとしては、比較的安価だった。では、なぜこのようなモデルができたのだろうか。

 G-SHOCKの販売数は、多少の上下はあったものの、08年以降は基本的に右肩上がりで伸びていた。しかし10年代に入ると、スマホの普及などによる若者の時計離れが始まった。そのような潮流の中で「今の若い人たちに買ってもらえるG-SHOCKは何だろうか」(カシオ計算機技術本部デザイン開発統轄部第一デザイン部Gデザイン室の赤城貴康室長)という模索が始まった。

グローバルで売るため、欧米や中国でも調査を重ねた

 そこで出てきたのが、1983年に発売されたG-SHOCKの原点とも言える「DW-5000」のデザインを踏襲したアナログ腕時計というアイデアだ。「その頃は、シンプルなTシャツなどの気取らないファッション(ノームコア)が若者の間で広がっていた。またG-SHOCKのオリジン(起源)でありシンプルなデザインのDW-5000をブラック系にアレンジした『DW-5600BB』が若い人に比較的売れているという情報もあった。G-SHOCKは、アナログモデルの方が他社と差別化した独創的なデザインの時計になるので、DW-5000を想起させる八角形のアナログG-SHOCKが有望だと考えた」(赤城氏)

83年発売の初代G-SHOCK「DW-5000C-1A」も四角形の角を落とした八角形だった
83年発売の初代G-SHOCK「DW-5000C-1A」も四角形の角を落とした八角形だった

 ちょうどその頃に開発が進んでいた、従来よりも薄型にできる新型モジュールを前提として、シンプル路線のG-SHOCKの開発が始まった。価格は、若者がターゲットということもあり、100ドル(国内では税別1万3500円)を目指すことになった。ただ、八角形にすることは決まったものの、シンプルで薄型のデザインは前例がほとんどないため、かなり試行錯誤を繰り返したという。商品企画を担当したカシオ計算機技術本部開発推進統轄部プロデュース部第一企画室の泉潤一リーダーは「G-SHOCKの開発期間は、モデルにもよるが2年程度が多い。しかしシンプルなG-SHOCKは従来の人気モデルと逆行するので、3Dプリンターで試作機を何十台も作ってもらって社内外の意見を聞く作業を念入りにやった。またG-SHOCKはグローバルに売る商品なので、欧米やASEAN、中国の識者に話を聞くなどの現地調査をして、受け入れられるデザインになったかの裏も取った。そのため、開発期間は2年半から3年に伸びた」と振り返る。

 薄型化の面では、新型ムーブメントを採用しつつ、ケース素材にカーボンファイバー強化樹脂を使用した「カーボンコアガード構造」にしたことが大きいが、デザイン面の工夫もある。G-SHOCKは時針と分針以外にも様々な情報を表示して存在感を出すことが多いが、動く部分を増やせばその回路などを搭載するために厚くなる。そもそものコンセプトがシンプル路線だったので、そこはデジタル表示と回転式の曜日表示だけにとどめた。これにより、当時のG-SHOCK最薄となる厚さ11.8ミリメートルを達成した。

GA-2100とGM-2100は、ともに厚さ11.8ミリメートル(写真はGM-2100)
GA-2100とGM-2100は、ともに厚さ11.8ミリメートル(写真はGM-2100)

 ただ、薄くシンプルにすると、既存のG-SHOCKにある立体感や力強さが失われてしまう懸念がある。それを補うために、少しずつ違う色の樹脂を組み合わせるなど、デザイン上の工夫を行った。

19年に8月に発表された3モデル。赤のモデルは明度などを微妙に変化させた9種類の赤色パーツを使用している
19年に8月に発表された3モデル。赤のモデルは明度などを微妙に変化させた9種類の赤色パーツを使用している

低かった前評判を覆して定番モデルの仲間入り

 こうして完成したGA-2100だったが、社内での前評判は決して高くなかった。「それまでG-SHOCKはビッグケースが主流だったので、長くG-SHOCKに携わっているメンバーには、薄型でミニマルなデザインが異質に見えたのだと思う。期待値が高くなかったので、当初は広告の中心ではない『サブモデル』の扱いだった」(泉氏)

 しかし購入者からの評判は良く、口コミなどで次第にGA-2100シリーズは売り上げを伸ばし、一時品薄になったことでSNSでの話題にもなった。20年にはヒット商品と言えるレベルに成長。特に英国を含む欧州での伸び率が高く、これまで大型モデルしか売れていないといわれていた米国でもよく売れている。

 本数が当初の見込み以上に伸びた理由を、泉氏は「“ストリート系”以外の若者など、これまでG-SHOCKに興味を示さなかった層を狙い通りに獲得できた。また、GA-2100は既存のG-SHOCKとデザイン的なかぶりが少なかったので、これまでのG-SHOCKファンが買い足してくれたのも大きかった」と分析する。

 スイスの高級腕時計メーカーであるオーデマ・ピゲの「ロイヤル オーク」も八角形ベゼルだったことから、いつしか一部のファンが「カシオーク」と呼ぶようになり、この愛称も知名度アップの一因となった。

メタル化や小型化で仕事にも使えるアイテムに

 その次に同社が取り組んだのが、ベゼルを樹脂から金属に変更したGM-2100の開発だ。同社は19年から、定番モデルに金属パーツを取り入れた「メタルカバード」シリーズを始めていた。DW-5600(メタル版は「GM-5600」)、DW-6900(同「GM-6900」)に続いて選ばれたのがGA-2100のメタル化だった。

 GM-2100の開発では「GA-2100とできるだけ似た雰囲気になるようにデザインしている。ただ樹脂ベゼルをそのまま金属で再現するとゆがんで見えることがあったので、そこはシャープに見えるように微調整を重ねた」(赤城氏)という。また、メタルモデルでは価格が1万円以上アップするので、より高級感が出るように、ベゼルの円周方向にヘアライン処理を施したり、盤面の曜日表示やインデックスにも細かな仕上げを入れたりするなどの工夫をしている。

GM-2100のベゼルはステンレス板を鍛造成型して作られている
GM-2100のベゼルはステンレス板を鍛造成型して作られている
ベゼルは、面によってヘアライン処理と鏡面処理を切り替えている。右下のボタンとベルトの間にある2本の溝は、DW-5600にあった溝を再現したデザイン
ベゼルは、面によってヘアライン処理と鏡面処理を切り替えている。右下のボタンとベルトの間にある2本の溝は、DW-5600にあった溝を再現したデザイン
盤面は樹脂だが蒸着処理により縦方向にヘアラインの模様が入る。曜日表示やインデックスも金属のように見える仕上げが施されている
盤面は樹脂だが蒸着処理により縦方向にヘアラインの模様が入る。曜日表示やインデックスも金属のように見える仕上げが施されている
GM-2100の構造。樹脂モデルのGA-2100はケースがカーボン素材だったが、GM-2100では金属ベゼルとの相性が良いガラス繊維強化樹脂(上写真の黒いパーツ)に変更している
GM-2100の構造。樹脂モデルのGA-2100はケースがカーボン素材だったが、GM-2100では金属ベゼルとの相性が良いガラス繊維強化樹脂(上写真の黒いパーツ)に変更している

 既にGA-2100が売れていたこともあり、21年8月のGM-2100は発売直後から国内では入手困難になるほど売れた。「メタル化で高級感が出たことで、G-SHOCKでありながら一般的なアナログ腕時計のような雰囲気のある商品になった。これによって、普段は別の時計をしている腕時計ファンを一部取り込めていると思う。いつもは高級時計をしている人が、休日などの外し用に購入することもあるようだ。もちろんGA-2100を購入済みの人がリピーターとしてGM-2100も買ってくれたケースも多い」(泉氏)

 2100シリーズは、サイズをさらに小さくして女性でも着用しやすくした「GMA-S2100」「GM-S2100」の2シリーズも展開。こちらも想定以上に売れているという。21年12月には初のコラボモデルとなる「布袋寅泰コラボレーションモデル」(GA-2100HT-1AJR)を発売するなど、限定モデルを含めれば12月までに4種類で既に37モデルを発売。完全にG-SHOCKの新たなマスターピース(傑作)の一つになった。

樹脂ベゼルのGMA-S2100シリーズ。縦46.2×横42.9×厚さ11.2ミリメートルで、縦48.5×横45.4×厚さ11.8ミリメートルのGA-2100より一回り小さい
樹脂ベゼルのGMA-S2100シリーズ。縦46.2×横42.9×厚さ11.2ミリメートルで、縦48.5×横45.4×厚さ11.8ミリメートルのGA-2100より一回り小さい
金属ベゼルのGM-S2100シリーズ。縦45.9×横40.4×厚さ11ミリメートルで、縦49.3×横44.4×厚さ11.8ミリメートルのGM-2100より一回り小さい
金属ベゼルのGM-S2100シリーズ。縦45.9×横40.4×厚さ11ミリメートルで、縦49.3×横44.4×厚さ11.8ミリメートルのGM-2100より一回り小さい

(写真提供/カシオ計算機)

15
この記事をいいね!する

日経トレンディ2月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年2月号
【巻頭特集1】ほったらかし株&投信
【巻頭特集2】年金を最大化する方法
【第2特集】新鮮! 回転すしマーケティング
【インタビュー】THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
発行・発売日:2022年1月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する