軽自動車メーカーのイメージがあるスズキの小型ハイトワゴン「ソリオ」が、2020年12月のモデルチェンジ後、販売台数で一時トップ10入りするなど好調だ。「ソ・ソ・ソリオ」のテレビCMも話題となったが、その本質はコスパの高さ。価格を抑えつつ乗り心地や荷室などを改善し、利用者拡大につなげたモデルチェンジを振り返る。

2020年12月発売の新型「ソリオ」。排気量は1.242リットル。価格は158万1800~214万8300円(税込み)(写真提供/スズキ)
2020年12月発売の新型「ソリオ」。排気量は1.242リットル。価格は158万1800~214万8300円(税込み)(写真提供/スズキ)

 日本を代表する軽自動車メーカーのスズキから、意外にも普通自動車(登録車)のヒットが生まれている。同社は、コンパクトカーやSUV(多目的スポーツ車)など約10車種の登録車を販売しているが、その中で最も売れているのが小型ハイトワゴンの「ソリオ」だ。2020年12月にモデルチェンジした4代目は、月販目標4000台に対して、月平均で約5000台をキープ。21年4月には登録車の販売台数でトップ10入りも果たしている。

 昨今はトヨタ自動車以外でトップ10に入るクルマは2~3種類というのが一般的なので、これは大健闘だと言える。同社のラインアップの中でも、クロスカントリー車の「クロスビー」やスポーティーな「スイフトスポーツ」などに比べると地味なソリオが、なぜ人気車となれたのだろうか。

 最大の理由はキャッチーな曲のテレビCMではなく、ソリオが実用性を追求したコストパフォーマンスの高いクルマだからだ。その原点は、1993年発売の軽ハイトワゴン「ワゴンR」に遡る。このワゴンRは、僅か3年2カ月で50万台以上を売り上げた当時の大ヒット車種。この成功を受けてスズキは、軽自動車の枠を超えて一回り大きくした5人乗りの「ワゴンRワイド」を97年に投入した。

 軽自動車には、ボディーサイズや乗車定員(最大4人)などに制限があるが、登録車にすれば余裕が生まれる。ワゴンRワイドは、小さなワゴンRの運転しやすさはそのままに、少しゆとりあるクルマとして提案された。結果的にはワゴンRほどは売れなかったが、軽ハイトワゴンと7人乗りミニバンの中間的な「小型ハイトワゴン」という新ジャンルを創出できた。

1997年2月発売の「ワゴンRワイド」。排気量は1リットル(写真提供/スズキ)
1997年2月発売の「ワゴンRワイド」。排気量は1リットル(写真提供/スズキ)

 これが99年には、軽自動車の拡張ではなく最初から小型登録車として開発された「ワゴンR+」(「+」は正しくは上付き)に進化。2000年には名前が「ワゴンRソリオ」(05年から「ソリオ」)となり、ソリオの歴史が始まる。その後、10年12月に左右のスライドドアを搭載して使い勝手もミニバン並みとなり、現在につながる形になった。

1999年5月発売の「ワゴンR+」。排気量は1リットル。当時の価格は117万8000~150万5000円(税別)(写真提供/スズキ)
1999年5月発売の「ワゴンR+」。排気量は1リットル。当時の価格は117万8000~150万5000円(税別)(写真提供/スズキ)
2000年12月発売の「ワゴンRソリオ」。排気量は1~1.3リットルで、まだスライドドアは搭載されていない。当時の価格は107万8000~145万5000円(税別)(写真提供/スズキ)
2000年12月発売の「ワゴンRソリオ」。排気量は1~1.3リットルで、まだスライドドアは搭載されていない。当時の価格は107万8000~145万5000円(税別)(写真提供/スズキ)

子離れ世代をターゲットにしつつ、後部座席と荷室を改良

 このようにソリオは軽自動車の延長として開発されたので、価格が158万1800~214万8300円(税込み)と比較的安い。軽スーパーハイトワゴンのホンダ「N-BOX」(税込み142万8900円~223万3000円)との差は僅かだ。しかし、ソリオの購入層は軽スーパーハイトワゴンなどのそれとはやや異なる。新型ソリオのチーフエンジニアである永田和夫氏によると、ターゲット層は50代の子離れ世代だ。子供が大きくなって家族で出かける機会は減ったが、以前乗っていたミニバンのスライドドアを便利だと感じていた人が、小型ハイトワゴンに興味を持つのだという。

 また近年は、普通車サイズのSUVやワゴン車から、より運転しやすい小型車のソリオにダウンサイズを図る人(ダウンサイザー)も増えてきた。このためソリオは、1台目(ファーストカー)として購入する人の比率が軽ハイトワゴンよりも高く、全体の約8割にもなる。

 これらの層を狙い、新型ソリオで特に改良されたのが後席と荷室だ。後席の快適性向上に力を入れたのは、ソリオの購入者は、2人で乗る際も後席を利用する人が多かったからだという。まずボディー構造とサスペンションの改良などで乗り心地をアップさせ、雨音や走行音などを抑える遮音対策を施した。また、最上級グレード(HYBRID MZなど)には後席用サーキュレーターを標準搭載し、エアコンが後席でもよく利くように改良した。

軽自動車に比べれば足元にかなり余裕がある(写真提供/スズキ)
軽自動車に比べれば足元にかなり余裕がある(写真提供/スズキ)
上級グレードのソリオは、空気を循環させるサーキュレーターを装備
上級グレードのソリオは、空気を循環させるサーキュレーターを装備

 また荷室拡大のため、なんと全長そのものを80ミリメートル長くして3790ミリに拡大。見た目もややミニバン風のスタイルになった。このロングボディー化によって、定評のある広い後席のスペースを維持したまま、荷室の奥行きを100ミリ広げた。荷室の奥行きは550ミリだが、後席をスライドさせれば715ミリまで拡張可能だ。

ソリオの荷室。後席を倒せば自転車やスノーボードなども積める
ソリオの荷室。後席を倒せば自転車やスノーボードなども積める

 その一方で、車室のゆとりにつながる車幅は、前モデル比でプラス20ミリの1645ミリに留めている。全長に合わせて車幅も拡大して広さを演出した方が効果的だったと思うが、スズキはそうしなかった。永田氏は、横方向のサイズアップに慎重な理由の1つに購入層の駐車場事情を挙げる。「自宅の小さな駐車場に収まるから」との理由でソリオを選んでいる顧客が一定数いるというのだ。同様の理由で、最小回転半径(4.8メートル)も前モデルと同じにした。これまで軽自動車を止めていた駐車スペースにも入る可能性が高くなるからだ。

 もう1つの理由はコストだ。横方向も大きくすると重量が増え、ボディーの強化などに追加コストがかかってしまう。ただでさえ新型ソリオでは、安全運転支援機能「スズキ セーフティ サポート」や、サイドエアバッグ、カーテンエアバッグなどが全グレードで標準装備になるなど安全面だけでかなりコストアップしている。このほか、新型の魅力を高めるべく、内外装などのデザインや質感向上のため、目に見える部分にはしっかりコストをかけている。

運転席・助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグなどを備える(写真提供/スズキ)
運転席・助手席SRSエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグなどを備える(写真提供/スズキ)

 逆に、車両内部の見えない部分は、先代モデルからできる限り流用することで開発費を抑えている。この過程で、車幅の拡大も見送られたというわけだ。このメリハリある開発姿勢により、時代に合ったモデルチェンジをしながら、価格上昇をうまく抑えられたと言える。

 試乗したところ、外見だけでなく走りもミニバンに近くなったと感じる。キビキビした走りとは言えないが、快適性は確保されているし、小さなボディーと視界の良さが相まって運転しやすい。走行中の静粛性も十分満足できるレベルだ。日常使いから遊びまでオールマイティーに使える性能を実感でき、誰が見ても高コスパなクルマ。それがソリオで、売れるのも必然なのだ。

ソリオ運転席の視界のイメージ(画像提供/スズキ)
ソリオ運転席の視界のイメージ(画像提供/スズキ)

ファミリー向けCMにより、顧客層の拡大につなげる

 もう1つ、ソリオの販売好調に貢献したと考えられるのがテレビCMだ。「ソ・ソ・ソリオ」のコーラスに乗って吉沢亮や橋本環奈ら5人が、パパイヤ鈴木の振り付けた軽快なダンスを繰り広げるシンプルな内容だが、5人乗りでミニバンライクに使えることや、覚えやすい名前がしっかりと伝わる。このCMは好評で、CM総合研究所の総合ランキングでスズキとしては6年ぶりにトップ10入り(20年12月度、自動車では1位)を果たした。

 ソリオの中心ターゲットは子離れ世代だが、子供も2人メンバーに入れ、5人までならばファミリーカーとしても使える点をアピール。あえて従来の利用者とは別の層にCMで訴求したことで、販売を上積みできたと言える。

子供から大人までの5人組パフォーマンスグループ「SOLIO5」が、ソリオの魅力をラップとダンスで表現するという設定(画像提供/スズキ)
子供から大人までの5人組パフォーマンスグループ「SOLIO5」が、ソリオの魅力をラップとダンスで表現するという設定(画像提供/スズキ)

 小型ハイトワゴン市場自体も近年は活性化している。強力なのが、16年から販売されている、トヨタ自動車とダイハツ工業の共同開発によるトヨタ「ルーミー」、ダイハツ「トール」だ。特にルーミーは、販売店や顧客の多いトヨタの強みを生かし、発売から4年を迎えた現在でも毎月1万台以上を売る人気車種に成長。ファミリー層にも支持されている。

 競合車は目障りなようにも思うが、永田氏はルーミーやトールの参入をポジティブに捉え、「確かにライバル不在は強みだったが、ソリオだけでは小型ハイトワゴンの良さを広く訴求できなかった。トヨタやダイハツが参入したことで、その魅力が多くの人に知られるようになった」と話す。実際にソリオも、新型になって販売台数が伸びている。ニッチなカテゴリーだが、他社の参入が潜在需要の大きさを証明してくれたわけだ。

■修正履歴
サーキュレーターが搭載されるグレードについて「最上級グレード(HYBRID MXなど)」と記載していましたが、正しくは「最上級グレード(HYBRID MZなど)」です。本文は修正済みです。[2021/06/17 15:00]
19
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する