見た目は天然水なのにゼリー飲料――。そんな斬新な商品が駅の自販機で飛ぶように売れている。ネーミングやパッケージからは柔らかい印象を受けるが、実は自販機の膨大な販売データを利用した戦略的で硬派な商品。つい手を伸ばしたくなるのは、駅特有の課題を解決しているためだった。

駅自販機でヒット中の「フロムアクア 天然水ゼリー」
駅自販機でヒット中の「フロムアクア 天然水ゼリー」

 JR東日本クロスステーション(旧JR東日本ウォータービジネス、東京・新宿)が2020年3月に発売した「フロムアクア 天然水ゼリー」(税込み130円)。天然水なのにゼリーという斬新さがSNS上で話題になり、緊急増産をしたヒット商品だ。21年3月に再販売されてもその勢いはとどまることを知らず、想定出荷量の180%と絶好調。近年、同社でここまで初動の良い商品は例がないという。

 天然水ゼリーは、群馬・新潟県にまたがる谷川連峰の天然水を使用したラムネフレーバーのゼリー飲料。ミントがほのかに香り、さっぱりとした味にした。ペットボトルの振り方次第で、食感が変わるのが特徴。少量サイズのペットボトルを採用し、容量は280グラム。販路の9割がJR東日本管内の駅に設置された自販機だ。

ペットボトルには「強く振って」とイラストが描かれている。軽く振っただけでは逆さにしても口に入らず、激しく10回ほど振るとゼリーが砕けて飲めるようになった
ペットボトルには「強く振って」とイラストが描かれている。軽く振っただけでは逆さにしても口に入らず、激しく10回ほど振るとゼリーが砕けて飲めるようになった
自販機は人通りが多い駅ナカ立地が中心。天然水ゼリーは、約8500台のうちの4割弱にラインアップされる
自販機は人通りが多い駅ナカ立地が中心。天然水ゼリーは、約8500台のうちの4割弱にラインアップされる

 天然水ゼリーを担当する同社ウォータービジネスカンパニー商品部の飯田早夜氏は、「商品のユニークさから初動が伸び、リピーターも多くついている状況です。特に10~20代の男性によく購入されています」と言う。

駅特有の課題を解決した商品だった

 ヒットの理由は主に2つある。一つは、駅の“すき間時間”に小腹を満たせること。電車を待つわずかな間に静かにさっと口に入れたい、というニーズに応えた。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
18
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する