誰もが予想しない形で話題をさらうゲームソフトが誕生した。和風アクションRPG「天穂のサクナヒメ」だ。2020年11月に発売されると、たちまち世界50万本の販売を達成するヒット作になった。米を育てる“謎のゲーム”がヒットした理由に迫った。

室町時代あたりをモチーフにした、昔ながらの稲作の光景が再現されている
室町時代あたりをモチーフにした、昔ながらの稲作の光景が再現されている

 米を育てることでゲームを攻略する異色のアクションRPG「天穂(てんすい)のサクナヒメ」。まずは舞台設定から説明する。主人公は豊穣神サクナヒメ。しかし、神界に迷い込んだ人間たちによって主神への献上物である米の備蓄を台無しにされ、その失態の罰として、鬼が支配するヒノエ島の調査を命じられる。サクナヒメは、人間たちと共に自給自足の生活を送りながら、鬼退治をすることになる。

 注目ポイントは、主人公が豊穣神であること。一般的なRPGは、バトルをこなすことで主人公が強くなっていくが、サクナヒメは良質の米を育てるたびに強くなるという驚きのゲームシステムなのだ。集めた食材によって献立を作り、それらの食事をとることで様々な付加効果も得られる。天穂のサクナヒメで主人公を強くするためには、とにかく「食」が大事なのだ。

 このスタンスは細部まで徹底している。天穂のサクナヒメは、一般的なRPGのようなバトル後の派手な演出はないが、秋に米を収穫したときには華々しいメッセージが表示される。また平和な土地が増えて田んぼの面積が広がるとき、その喜びを示すムービーが流れるといった格好。そこで流れる音楽は、素朴な田植え歌だ。

 この独特の演出に当初は面食らう者もいただろうが、次第にゲーマーたちは本気で米作りに夢中になり、そのパートが抜群に面白いことに気付いていった。種もみ選別、田起こし、田植え、稲刈り、脱穀などなど、そこでは1年を通しての稲作の工程が完全に再現され、世の中にある多くの攻略サイトですらお手上げの状態になるほどの完成度になっていたからだ。

 例えば、田植えのときには苗を一本ずつ植えていくのだが、植える苗の間隔が違うだけでコメの品質に影響するといった徹底ぶり。水深や水の温度も重要で、気候や天気に合わせて水門を開閉して管理しなければならないし、稲の病気や害虫にも気を配らなければならず、そのために堆肥を調整する必要もある。余談だが、ゲームの中で人糞(じんぷん)の「汲み取り」というコマンドがあるのは、おそらくこのゲームが史上初だろう。

 こうして米作りに夢中になると、いずれ「量」のみならず、「味」「硬さ」「粘り」「香り」そして「美しさ」まで、どのような米に育てたいかを細かく調整できることにも気付いていく。それらの要素は、豊穣神サクナヒメの個別のパラメーターに影響していくため、ゲーム攻略のためにも、誰もが自然と稲作の奥深さにどっぷりとハマってしまうのだ。

田起こし。くわで地面をほぐすところから米作りはスタートする。丁寧にやるほど品質アップ
田起こし。くわで地面をほぐすところから米作りはスタートする。丁寧にやるほど品質アップ
田植え。一本ずつ苗を植えていく。この作業だけでゲーム内時間の1日が過ぎていく
田植え。一本ずつ苗を植えていく。この作業だけでゲーム内時間の1日が過ぎていく
秋には収穫する。刈り取った稲はしばらく乾燥させなければならない
秋には収穫する。刈り取った稲はしばらく乾燥させなければならない
脱穀。最初は一本ずつ脱穀しなければならない。ひたすら単純作業が続くが、それが癖になっていく
脱穀。最初は一本ずつ脱穀しなければならない。ひたすら単純作業が続くが、それが癖になっていく
稲作会議。どのような米を作るかによって、サクナヒメの強さが変わっていく。とても大事
稲作会議。どのような米を作るかによって、サクナヒメの強さが変わっていく。とても大事

攻略のために「農水省のサイトを見ろ!」が合言葉に

 このように異色のゲームである天穂のサクナヒメがヒットした秘密は、アクションRPGでありながら、これが日本古来の「米作り」を、ゲーム史上類を見ない深さで体験できるゲームだったことにある。手間をかけるほど、秋には黄金色に輝く稲穂が田んぼに揺れ、郷愁を誘う光景として再現される。それが日本人の心をがっちりとつかみ、かつてない形でのヒットに結びついたのである。

 ステイホームによって世界的に「おうち時間」を過ごす人口が増えた。ゲーム業界全体が好調だが、それはゲームからしばらく離れていた人が戻ってきたことにより支えられているため、恩恵をより受けるのはブランド力があるシリーズの最新作。「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)が世界3000万本を超えるなど、定番タイトルが圧倒的に強いのだ。そんな中、大々的な広告やキャンペーン無しにヒットした、完全オリジナルタイトルである天穂のサクナヒメは異彩を放つ。

 天穂のサクナヒメのヒットは、ユニークな現象も引き起こした。稲作に夢中になったゲーマーたちが、とあるウェブサイトにたどり着いたのだ。それが農林水産省の「お米の作り方」のQ&Aコーナー。米作りに興味を持つ子供たちに向けた詳細な情報が、ゲーム攻略に最も有用だったのだ。

 その結果、ネット上には、どうすればいい米が作れるか悩んでいるプレーヤーに対して「まずは農水省のページを見ろ!」というアドバイスが飛び交うこととなった。すると何と農水省も反応し、Twitterのアカウントで天穂のサクナヒメをプッシュ。同省の政策統括官が開発者への直撃インタビューを行い、米作りへの関心を高めてもらうソフトとして大々的に注目している姿勢を見せたのだ。

 こうして「何やら米作りがめちゃくちゃ楽しいゲームが出たらしい」と、天穂のサクナヒメはネット上で話題を広げることに成功。それも、多くの人の好奇心を刺激する要因となった。

ゲーマーたちが攻略に役立てたのは、農水省の「米作り」のためのQ&Aコーナーだった 出典:農林水産省ウェブサイト
ゲーマーたちが攻略に役立てたのは、農水省の「米作り」のためのQ&Aコーナーだった 出典:農林水産省ウェブサイト
20年末には、農水省の公式Twitterアカウントが大々的に注目し、Facebookでゲーム会社に直撃インタビューを掲載するという異例の展開に
20年末には、農水省の公式Twitterアカウントが大々的に注目し、Facebookでゲーム会社に直撃インタビューを掲載するという異例の展開に

 このゲームは5年ほどの開発期間を経て完成したものであり、コロナ禍での発売となったのは偶然に過ぎない。時代を読んで企画されたわけではなく、マーケティングの産物ではない。すべては奇跡的なタイミングの重なりによって、一躍脚光を浴びることになったのだ。とはいえ、米作りという要素をゲームに組み込み、楽しい娯楽として成立させたのは見事のひとことであり、高く評価されるべきだろう。

探索パート(鬼退治のパート)は、2Dアクションゲームとなっている。爽快感ある戦いが楽しめるが、初心者にはやや難しめ
探索パート(鬼退治のパート)は、2Dアクションゲームとなっている。爽快感ある戦いが楽しめるが、初心者にはやや難しめ
アクションゲームが苦手な人は、探索モードだけ難易度を下げるのもいい。戦いがかなり楽になる
アクションゲームが苦手な人は、探索モードだけ難易度を下げるのもいい。戦いがかなり楽になる

『天穂のサクナヒメ』(販売:マーベラス、開発:えーでるわいす)。対応ハード:Nintendo Switch、PlayStation4。通常版5478円(税込み。ダウンロード版)
(c)2020 Edelweiss. Licensed to and published by XSEED Games / Marvelous USA, Inc. and Marvelous, Inc.

6
この記事をいいね!する