2021年1月、日本発のプロダンスリーグ「第一生命 D.LEAGUE」が開幕した。初年度は9チームが加盟し、6月までの半年間で覇権を争う。ルールも一から作り上げた画期的なリーグは、協賛やチームのオーナーに大手企業が名を連ねるなど、ビジネス面でも初年度から注目を集めている。

開幕戦となるラウンド1で1位になった「SEGA SAMMY LUX」チームのパフォーマンス
開幕戦となるラウンド1で1位になった「SEGA SAMMY LUX」チームのパフォーマンス

 D.LEAGUEの初年度は、全て東京を本拠地として、複数のダンサーで構成された9チームが加盟。2021年1月から6月までに12ラウンドを行う。ラウンドごとに、各チームが8人編成で2分から2分15秒にかけてパフォーマンス。それを「ダンサージャッジ」と「エンターティナージャッジ」による審査と、アプリの有料会員による「オーディエンス投票」でポイント化し、順位を決定する。12ラウンドでの上位4チームがトーナメント形式のチャンピオンシップに参加し、シーズン覇者を決定する。

 開幕戦は東京・有明のTOKYO ARIAKE ARENAで開催。新型コロナウイルス感染拡大の影響で21年3月3日に行われたラウンド5までは無観客で実施されたが、独自アプリでAR(拡張現実)やVR(仮想現実)を取り入れた映像を配信した。GYAO!をはじめ無料で見られるメディアでの配信や、YouTubeのアーカイブ映像など、気軽に見られるのも特徴。視聴者数は開幕から右上がりで増えてきている。

 第一歩を堅実に踏み出したD.LEAGUEは、日本を代表するプロスポーツリーグになるためにどんな成長戦略を描いているのか。1992年にフルキャストを設立し、主にビジネス面のかじ取りを担うDリーグ代表取締役CEO(最高経営責任者)の平野岳史氏と、カリスマカンタロー名義でも活躍する実業家兼ダンサーの代表取締役COO(最高執行責任者)・神田勘太朗氏に話を聞いた。

Dリーグ代表取締役CEOでフルキャストホールディングス会長も務める平野岳史氏(右)。Dリーグ代表取締役COOでアノマリー代表取締役CEO、expg取締役も務める実業家兼ダンサーの神田勘太朗氏(左)
Dリーグ代表取締役CEOでフルキャストホールディングス会長も務める平野岳史氏(右)。Dリーグ代表取締役COOでアノマリー代表取締役CEO、expg取締役も務める実業家兼ダンサーの神田勘太朗氏(左)

D.LEAGUEが開幕して、2021年3月上旬時点(取材時)でラウンド5までを終えています。ここまでの手応えはいかがですか。

平野氏 当初の想定をはるかに超える視聴者数で、アプリのダウンロード数も予想以上です。あらためて、ダンスというコンテンツの魅力、マーケットの大きさを実感しているところです。手応えは十分です。

神田氏 見ている人を飽きさせずにファンを広げるという意味では、予想以上の健闘をしています。

平野氏 国内のダンスの競技人口は約600万人といわれています。サッカーで約750万人、野球で約730万人とされていて、ダンスはテニスやバスケットボールよりも競技人口が多い。さらに11年に小学校、12年に中学校でダンスが必修化されました。日本は、米国やフランスに並ぶ「ダンス大国」です。ただ、ダンスに詳しくない人たちにも分かりやすい形で、ダンサーが最終的に目標にできる場が無いという課題がありました。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
12
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する