羊毛フェルトのキャラクターを使ったストップモーションアニメ「PUI PUI モルカー」(テレビ東京系)が快進撃を見せている。朝7時半からという早朝の放送枠、2分40秒という短さにもかかわらず、最新話の放送後には毎回Twitterでトレンド入りをし続け、YouTubeの見逃し配信では再生回数が380万回を超える回もある。大人も巻き込み、人気が拡大する理由に迫った。

(c)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
(c)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 かわいらしい羊毛フェルトのキャラクターとは相反するブラックユーモア……たった3分弱のストップモーションアニメの勢いが止まらない。2021年1月5日(火)からテレビ東京系列で放送が始まった「PUI PUI モルカー」だ。モルカーとはつまり「モルモット+カー(車)」のことであり、モルモットが車の役割を果たす世界の物語。スマホを見ながらモルカーを運転する運転手や、銀行強盗をした上にモルカーを盗難する犯人、路上にゴミを不法投棄する運転手など、とにかく“愚かな人間”が次々登場する。

 「人間は愚か」「人間はゴミ」といったパワーワードとともにじわじわとその内容が拡散され、初回放送から数日経ってTwitterでトレンド入りを果たした。そして期待が高まる中、1月12日に第2話が放送されると、「モルカー」のワードがTwitter上で50万件以上つぶやかれる異常事態が発生。羊毛フェルトで“マイモルカー人形”を自作したり、キャラ弁など料理を作ったり、ファンアートをSNSに投稿したりする人が続出しており、公式グッズも新商品の発売が告知されるたびに「早く欲しい!」という声があふれている。

 YouTubeの再生回数からも、そのブーム拡大は一目瞭然。PUI PUI モルカーは「BANDAI NAMCO Arts Channel」で毎話1週間限定の見逃し配信が行われており、第1話の再生回数は40万7085回だったが、第2話では268万6179回と約6.6倍もの伸びを見せた。さらに第3話はそこから100万回以上も増え、382万6679回という驚異的な数字を記録。第4話以降も200万回超えがもはや当たり前となり、第5話は302万2482回と再び300万回超えを達成した。再生回数の急増に貢献しているのは、Twitterなどでも大変な盛り上がりを見せる大人世代だという。

第6話「ゾンビとランチ」放送後のTwitterトレンドでは上位をモルカー関連のワードが独占
第6話「ゾンビとランチ」放送後のTwitterトレンドでは上位をモルカー関連のワードが独占
物語内で活躍するモルカーたちの名前が入った缶バッジから、アイドルが発売するようなアクリルスタンドまで、公式グッズが徐々に出始めた。「缶バッジ」(左)は5種入り1BOX2640円(税込み)。「アクリルぷちスタンド」(右)は5種入り1BOX4400円(税込み) 。(c)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
物語内で活躍するモルカーたちの名前が入った缶バッジから、アイドルが発売するようなアクリルスタンドまで、公式グッズが徐々に出始めた。「缶バッジ」(左)は5種入り1BOX2640円(税込み)。「アクリルぷちスタンド」(右)は5種入り1BOX4400円(税込み) 。(c)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 作品誕生の発端は、「クレヨンしんちゃん」や「ドラえもん」といった人気アニメの制作を手掛けるシンエイ動画が、立体のアニメーションにも挑戦したいとの思いを持っていたことにある。同社社長の梅澤道彦氏がアニメーション作家を探していたところ、見里朝希氏が18年に東京藝術大学大学院修了制作として発表し、「国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2019」でジャパン部門優秀賞などを受賞したストップモーションアニメ「マイリトルゴート」に出合った。

 「マイリトルゴート」は、グリム童話「オオカミと7匹の子ヤギ」を題材に、児童虐待もテーマとして、ホラーや残酷な要素もあるダークな内容だった。梅澤氏は、「良い意味で毒のある作家性が魅力的に映った。シンエイ動画でも2Dでは表せない立体の質感を求めて『クレヨンしんちゃん』のオープニング映像に粘土で作った人形によるストップモーションアニメを採用するなどしてきたが、見里氏には、フェルト人形を自作した作品作りにオリジナリティーを感じた」と語る。そして19年の夏前、見里氏にとっては初となるテレビアニメシリーズの話をシンエイ動画が持ち掛けたことが、モルカーが生まれる第一歩となったのだ。

 PUI PUI モルカーの企画は、見里監督から3~4個ほど提案があったうち、シンエイ動画が選んだ。「監督自ら制作した羊毛フェルトのキャラクターを実際に見たり触ったりして、予想よりもさらに表情豊かでかわいかったことが決め手になった」と梅澤氏は言う。子供向けのアニメという想定の企画だったため、子供に人気があるパトカーや救急車など働く車が登場するようシンエイ動画から提案も行った。今話題を呼んでいる、大人にも刺さるブラックな内容を盛り込むことは当初の予定にはなかったという。

主要なモルカー5匹のうちの1匹であるポテトの、何かを決意した様子がその表情から分かる。柔らかい素材で作られたモルカーは押したりつまんだりすることで表情が生まれる。(c)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
主要なモルカー5匹のうちの1匹であるポテトの、何かを決意した様子がその表情から分かる。柔らかい素材で作られたモルカーは押したりつまんだりすることで表情が生まれる。(c)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 では一体なぜ、ここまで大人をも巻きこむ一大ブームとなったのか。梅澤氏の話から、ヒットの裏側には「大人の考察意欲をそそる」要素があることが浮かび上がってきた。

大人が考察したくなる細かな仕掛けとは何か

 「社会風刺的な要素がかわいいキャラクターと融合するというのは、企画が通った後、脚本段階で生まれたものだった」(梅澤氏)。第1話「渋滞はだれのせい?」では、ながら運転をしていた運転手が、続く第2話「銀行強盗をつかまえろ!」でも銀行強盗の3人が立て続けに逮捕され、わずか2話で逮捕者は4人に。渋滞で進めずに困っていた救急車モルカーや、銀行強盗によって盗難される目にあったモルカーたちは目に涙を浮かべて視聴者の同情を誘い、「人間は愚か」というパワーワードや、「モルカーをいじめる愚かな人間は滅ぶべき」といった風潮が生まれるまでになった。

 モルモットには人間のために試験台として使われる動物といったイメージもあるが、そういった存在によって人間の愚かさが逆にあぶりだされるという皮肉が、潜在的に大人の心をつかんだのかもしれない。見里監督の作風でもあるダークな要素が盛り込まれたことで、この回にはどんなメッセージが込められているのか、モルカーの行動を深読みする視聴者も多数現れ、予想外の考察合戦の過熱へと発展した。

第1話「渋滞はだれのせい?」から、いきなり逮捕者が発生。パトカーのモルカーに犯人が取り囲まれている。(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
第1話「渋滞はだれのせい?」から、いきなり逮捕者が発生。パトカーのモルカーに犯人が取り囲まれている。(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 そして、SNSでの盛り上がりにさらに拍車をかけたのが、映像の随所に仕込まれた細かい仕掛けだ。例えば第6話「ゾンビとランチ」の予告は、モルカーの世界の人間が突然ゾンビへと変貌を遂げており大きな衝撃を与えたが、実は第5話「プイプイレーシング」をよく見ると、既に会場の観客にゾンビが一部紛れ込んでいたことが判明。他にも第5話では、『AKIRA』や『トランスフォーマー』など実際の映画がパロディされたポスターが観客席にあることも発見され、「作り込みが細かすぎる!」と話題になった。「監督による様々な仕掛けが短い映像の中にあり、何度も見返してもらうことで、魅力がより伝わる」(梅澤氏)。放送後は仕掛けに気が付いたファンが我先に情報を発信しようと競い合うことで、再生回数が伸びていった。

第5話「プイプイレーシング」で発見されたパロディの映画ポスター。『AKIRA』のバイクは真っ赤なモルカーに、『トランスフォーマー』のタイトルは『MOLFORMERS』になっている。(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
第5話「プイプイレーシング」で発見されたパロディの映画ポスター。『AKIRA』のバイクは真っ赤なモルカーに、『トランスフォーマー』のタイトルは『MOLFORMERS』になっている。(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 「作品は、監督が作り出したものを我々が世に出して、あとは受け取り手に判断を委ねるしかない。だからこそ、より多くの人に見てもらえる環境づくりを積極的に行ってきた」(梅澤氏)。現在はAmazon Prime VideoやHulu、dTVなど多数のサービスで視聴ができ、拡散しやすい環境が整っていたことも大きい。

 「放送時間が短いこと自体もプラスに働いた」と梅澤氏は言う。コマ撮りのストップモーションアニメは制作にとにかく時間がかかるのが難点。「通常のアニメと同様に22分12話の1クールで制作したら、完成するのは何年後になるか分からない。30分で1話のみ放送するというやり方も考えたが、1本しかなく、原作もないとなれば認知はされにくい。そこで、1回を2分40秒という短さにして、テレビ東京系列の朝の子供番組『きんだーてれび』の枠で1クール分放送することになり、制作が始まった」(梅澤氏)。苦肉の策だったが、結果的に「短時間で癒やされる」「スキマ時間に見られる」「ネット上で拡散されやすい」という好循環をもたらすことに成功した。

モルカー車内の人間の行動は実写となり、現実世界により近づく。ただしこれも実写映像ではなく、ピクシレーションという手法で人間が1コマずつ動き、それを撮影した写真を使用している。(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ
モルカー車内の人間の行動は実写となり、現実世界により近づく。ただしこれも実写映像ではなく、ピクシレーションという手法で人間が1コマずつ動き、それを撮影した写真を使用している。(C)見里朝希JGH・シンエイ動画/モルカーズ

 モルカーの人気はとどまることを知らず、1月からアジアを中心に海外にも進出。特に台湾では社会現象と呼べるほどの盛り上がりを見せ、2月に地上波での放送が始まると、1週間に32回も放送された。そもそも人間にはセリフがなく、声として聞こえるのは実際のモルモットの鳴き声しかない。そのため、台湾版でもタイトルが「天竺鼠車車」に変わっただけで内容はそのまま放送されている。誰が見てもすぐに内容が伝わり、翻訳の必要もないのが海外に展開する上での強みだ。「海外進出の狙いは元々あり、モルカーがどの街にいるのか分からないよう無国籍風の看板にするなどの工夫をしていた」(梅澤氏)という。

 3月末にはアジア以外の地域でも映像配信サービスを通じて見られるようになる予定。PUI!PUI!というモルカーの鳴き声が、世界の共通言語となる日がすぐそこに迫っている。

(写真提供/シンエイ動画)

3
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する