“お得好き”に人気のあるプリペイドカード「Kyash Card」が最近、仕様の変更を相次ぎ実施した。利用時のポイント付与対象となる月間上限額については一部引き下げられたものの、本人認証サービスの3Dセキュアに対応したことで、さらに得する道が開けた。クレジットカード、スマホ決済と上手に組み合わせ、還元率は計2.7%になる。

※日経トレンディ2021年2月号の記事を再構成

専用アプリにクレカを登録して残高に入金(チャージ)するKyash Card。決済時に残高が不足していた場合に、登録クレカから自動で即時チャージする機能もあって便利だ
専用アプリにクレカを登録して残高に入金(チャージ)するKyash Card。決済時に残高が不足していた場合に、登録クレカから自動で即時チャージする機能もあって便利だ

 支払いに利用すると1%分のポイント還元が受けられることで、“お得好き”に人気のあるプリペイドカード「Kyash Card」。クレジットカードから残高に入金(チャージ)して、クレカ側のポイントもダブルでためられるのが利点だ。

 そのKyashが最近、仕様の変更を相次ぎ実施した。2020年11月に、本人認証サービスの3Dセキュアに対応。同12月には、利用時のポイント付与対象となる月間上限額について一部引き下げを行った。従来は、残高の入金方法によらず月12万円までの決済で1%還元が得られていた。それが変更後は、クレカでチャージした残高やポイントを交換した残高での決済では、還元対象になるのが月5万円までとなった。つまり、Kyashとクレカのポイントを“2重取り”できる決済額の上限が月5万円に下がったのだ。

Kyash Cardがポイント付与の仕様を変更
Kyash Cardがポイント付与の仕様を変更
注)20年12月11日に変更