2020年6月にダイハツ工業が発売した都市型多目的スポーツ車(SUV)の「タフト」が、1カ月で月販目標の4.5倍を受注する好スタートを切った。軽自動車市場は飽和状態にあり、SUVはスズキ「ハスラー」など既にヒット車種が多い激戦区。ダイハツは、その中に残されていたある“空白地帯”をうまく見つけ出した。

ダイハツ「タフト」は、2020年6月発売の都市型多目的スポーツ車(SUV)。X(税込み135万3000円~)、G(税込み148万5000円~)、Gターボ(税込み160万6000円~)の3グレードがある(画像提供/ダイハツ工業)
ダイハツ「タフト」は、2020年6月発売の都市型多目的スポーツ車(SUV)。X(税込み135万3000円~)、G(税込み148万5000円~)、Gターボ(税込み160万6000円~)の3グレードがある(画像提供/ダイハツ工業)

 月販目標台数4000台だったタフトが、発売1カ月で4.5倍の約1万8000台を受注して話題を呼んでいる。「月販目標に対する比率で見れば、この2~3年の軽自動車の新型車では最も良い」(ダイハツ工業 広報・渉外室)。新型コロナウイルスの影響で多くの自動車メーカーが苦戦する中で大善戦したといえる。

 ダイハツは19年より、新たなクルマづくりの設計思想「DNGA」(Daihatsu New Global Architecture)に基づいた新型車を投入している。今後10年間の自動車に必要な機能を想定して、車台(シャシー)などのプラットホームの開発を一括して進めるもので、高コストパフォーマンスな自動車を生産する鍵を握る取り組みだ。タフトは、軽スーパーハイトワゴン「タント」、小型SUV「ロッキー」に続く、第3弾のDNGA採用モデルとなる。

 タフトが注目される背景には、ここ数年のSUV人気がある。幅広い世代で余暇をアクティブに楽しむ人々が増えたことで多目的に使えるクルマに注目が集まっている。市場の熱気を受けて、多くのメーカーが続々と新型SUVを投入。スポーティーで若々しいスタイルに加え、セダンなどに比べると最低地上高や着座位置が高めで乗り降りしやすいという実用性も受けている。またSUVの持つ「頼りがい」「本物感」といったイメージも、モノ選びにこだわる現代人に刺さっているようだ。

 ただ軽自動車に目を向けると、実はSUV系は極端に少なかったのが実情。本格4WD車の「スズキ・ジムニー」とクロスオーバーワゴンの「スズキ・ハスラー」が代表格で、その他は外観をSUV風にアレンジしたワゴンの「三菱ekクロス」や「スズキ・スペーシアギア」くらいしかなかった。軽自動車に限ればSUVは未開拓なジャンルであり、スズキ一強といってよい領域だったのだ。軽自動車でライバルのダイハツは、そこに勝負できる空白地帯があると踏んだ。

ライバルのスズキのジムニー(左)とハスラー(右)
ライバルのスズキのジムニー(左)とハスラー(右)

 とはいえ、ハスラーの二番煎じでは勝ち目はない。そこでダイハツは、悪路も走れる完全アウトドア仕様のジムニーと、街乗り中心のクロスオーバーワゴンであるハスラーの中間ともいえる「SUV風味を強めた軽クロスオーバー車」を目指すことにした。言い換えれば「アクティブな軽ライトSUV」であり、こうして生まれたのがタフトというわけだ。

ハスラーよりも天井や窓などのデザインが直線的でアクティブな印象のタフト。写真のテールライトの間を装飾するディーラーオプション「メッキパック」は装着率50%と人気
ハスラーよりも天井や窓などのデザインが直線的でアクティブな印象のタフト。写真のテールライトの間を装飾するディーラーオプション「メッキパック」は装着率50%と人気
タフト Gグレードのパネル。オレンジ色のパーツがアクセントになっている
タフト Gグレードのパネル。オレンジ色のパーツがアクセントになっている

2人乗りに向け、ガラスルーフなどでワクワク感を演出

 タフトが成功した最大の理由は、アクティブな軽ライトSUVを機能やデザインに丁寧に落とし込み、消費者にとって分かりやすく仕上げたことにある。きっかけとなったのが、開発前の事前調査だ。アウトドアなどを楽しむアクティブな層は「2人で出掛けることが多い」ことが判明。これを受けて、4人乗り仕様ながら、2人乗りで楽しく遊べることを優先して開発を進めた。

 重視したのは荷室の設計だ。2人乗りシーンでは使わない後部座席をワンタッチで折り畳めるようにし、広い荷室が確保できる「フレキシブルスペース」を考案した。さらに、視界を広げて冒険心を駆り立てる固定式ガラスルーフ「スカイフィールトップ」も開発した。このように、目的と用途を明確にしたことで、デザインも含めて早い段階で基本構想が固まった。“ブレのない”ユニークな軽自動車が誕生した背景にはこうした割り切りがあったわけだ。

後部座席を倒すと左写真のように荷室が広がる(右写真は4人乗車時)。このスタイルは、後ろ半分を全て収納に使えることから「バックパックスタイル」と呼ばれる。シートの裏面は樹脂素材なので、汚れが付いてもすぐに拭き取れる
後部座席を倒すと左写真のように荷室が広がる(右写真は4人乗車時)。このスタイルは、後ろ半分を全て収納に使えることから「バックパックスタイル」と呼ばれる。シートの裏面は樹脂素材なので、汚れが付いてもすぐに拭き取れる
固定式ガラスルーフ「スカイフィールトップ」による開放感は、運転席や助手席でも感じられる
固定式ガラスルーフ「スカイフィールトップ」による開放感は、運転席や助手席でも感じられる

 ただセールスが期待できるSUVとはいえ、もちろんダイハツ車共通の思想である「良品廉価」は貫かなくてはならない。そこで価格を抑えるために、大胆にもタフトの特徴であるスカイフィールトップを全車で標準化することを決定した。標準装備にすることで安全性試験や生産などのコストが抑えられ、割安にできるためだ。オプション化すると装着率が下がり、せっかくのタフトの魅力がスポイルされることも危惧しての決断だった。

 さらにグレードも上位の「G」を主力としたシンプルな構成とするなど、製造にまつわる無駄を各所で省いている点も見逃せない。価格帯がハスラー(136万5100円~179万800円)より安価な135万3000円~173万2500円に抑えられたのは、こうした工夫がある。

注)ハスラーには安全装備「スズキ セーフティ サポート」の非装着車(128万400円~)が用意されているが、タフトでは全車種に安全装備「スマートアシスト」が付く
タフトのシート。主力の「タフトG」(左写真)に比べると、エントリーパッケージの「タフトX」(右写真)では前席のアームレストやシートヒーターがなく、デザイン面ではオレンジ色の線が入らない
タフトのシート。主力の「タフトG」(左写真)に比べると、エントリーパッケージの「タフトX」(右写真)では前席のアームレストやシートヒーターがなく、デザイン面ではオレンジ色の線が入らない

発売前に情報開示、結果大量受注に結び付く

 PRの手法にも凝った。発売の半年以上前から積極的に情報公開をした点が目新しい。まず、19年10月に開かれた「東京モーターショー2019」でコンセプトカーに仕立てた「WakuWaku(ワクワク)」を披露して、消費者の関心を引いた。続く20年1月開催のカスタムカーを中心とした大型自動車イベント「東京オートサロン2020」では、「タフト・コンセプト」としてほぼ市販車の姿でお披露目を行った。この時点で市販車であることを明言し、来場者を含む世間全体に対してタフトの存在をアピールした。

 「これだけ前掛かりなティザー告知を行うのは極めて異例。タフトを基幹車種に育てるという高い目標のために取り組んだ結果だ。タフトは新ブランドで、従来モデルへの影響が少ないこともあり、思い切ったPRができた」(ダイハツ広報)

東京モーターショー2019で展示したコンセプトカー「WakuWaku」。外観やガラスルーフ、荷室の構造などはほぼタフトに引き継がれている
東京モーターショー2019で展示したコンセプトカー「WakuWaku」。外観やガラスルーフ、荷室の構造などはほぼタフトに引き継がれている

 実際にタフトに乗ってみると、同社のコンセプトを肌で感じることできる。スカイフィールトップのシェードを開放すると、車内が明るくなるだけでなく、運転席と助手席の視界が広がる。海や山に出掛ければ周囲の美しい景色がたっぷりと堪能できそうだし、開放感によって車内がより広く感じられるだろう。視野が広がることで、安全面の効果も期待できる。スカイフィールトップの全車標準化は、まさに英断といっていいだろう。

 一方、車体の後部を全て収納スペースにできる「バックパックスタイル」のアイデアは、サイズが限定される軽自動車でも2人乗りなら使い勝手が上がることを実感させてくれる。

同社の資料による、「バックパックスタイル」のイメージ
同社の資料による、「バックパックスタイル」のイメージ

 タフトのテレビCMには、「伸びしろしかないね!」というフレーズがある。一見、隙のない車種に映るが、実際には持ち主の使い方次第で楽しさが広がるわけで、伸びしろがしっかりと残されている。

 流行のSUVをつくるに当たって軽自動車を得意とするダイハツならではの知見が最大限生かされたタフト。この車種のヒットを踏まえると、コストと競争が厳しい軽自動車の世界に新ブランドを投入するには、ある意味度胸が必要な事実が浮かび上がる。長年培った経験値に加え、基本性能を高めるDNGAによる最新のクルマづくりを合わせ技で繰り出せる今のダイハツだからこそ、“度胸試し”ができたのかもしれない。

■変更履歴
「不レースがある。」は「フレーズがある。」の誤りでした。当該箇所は修正済みです。[2020/8/26 18:45]
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する