発売から30年以上が過ぎた電子機器「テプラ」シリーズで初となるスマホ専用の「ラベルプリンター『テプラ』 Lite LR30」(以下、LR30)が、2019年8月の発売以来、堅調に売り上げを伸ばしている。事務用品の製造・販売がメインだったキングジムが初めて手掛けたこの電子機器は、主にオフィス需要に支えられてきた。しかし新製品で熱烈な個人ファンの獲得にも成功し、ブランド力をさらに強固なものにしている。

2019年8月に発売した「テプラ」シリーズで初となるスマホ専用の「ラベルプリンター『テプラ』 Lite LR30」
2019年8月に発売した「テプラ」シリーズで初となるスマホ専用の「ラベルプリンター『テプラ』 Lite LR30」

 LR30は発売後しばらく店頭で品薄状態が続き、同社の社員でさえもなかなか手に入れられなかったほどだ。初年度目標の3万台を約半年で達成し、好調なスタートを切った。「(製品発表会やテレビCMなど)お金をかけたマーケティング施策はほぼしていない」(キングジム)にもかかわらず、若い女性層を中心にその存在が口コミでSNSなどで拡散した。

 実はスマホで使えるテプラは、LR30が初めてではない。パソコンやiOSに対応している「テプラ PRO SR5900P」(13年10月発売)や「同SR5500P」(15年7月発売)といった先行製品がある。ただ「オフィス向けのPROシリーズだったこともありパソコンでの利用がほとんど。スマホ連携機能はあまり活用されていなかった」(キングジム)という。そこで、普段テプラを使っていない一般的なスマホ利用者にターゲットを絞り込み、パーソナル用途に最適なスマホ専用モデルを開発することにした。その狙いがズバリ的中した格好だ。

女性層の心に“刺さる”様々な工夫

スマホとBluetooth経由で連携させて利用する。ペアリング作業が不要な方式を採用しているため簡単に接続できる
スマホとBluetooth経由で連携させて利用する。ペアリング作業が不要な方式を採用しているため簡単に接続できる

 今までテプラに縁がなかった層にLR30がヒットした理由の1つは、テプラシリーズの特徴とも言えるミニキーボードなどを思い切って省略するなど、シンプルなデザインを採用したことだろう。ボタンの数を極力減らし、初めて手に取った人が「自分にも使えそう」と思える形を目指した。

 また、手のひらにのるほどコンパクトで軽く、かばんに入れて持ち運びやすいこともポイントだ。本体の奥行きは、採用する単4形電池の直径および感熱テープの幅を合計したサイズまでギリギリに追い込んだ。さらに汎用モーターや樹脂製パーツを使うことで、実勢価格で6000円台という手に入れやすい価格も実現した。

 特にメインの女性層の心をつかんだのは、スマホならではの操作性を積極的に取り入れた専用アプリの使い勝手の良さだ。例えば、ラベルのデザインをレイアウトフリーで作れる機能を搭載しており、入力した文字やイラストのサイズや配置を指先1つで自由に変更しやすい。若い女性層が普段写真を文字やスタンプで“デコる”ために使っている加工アプリと似た感覚で使え、ラベルデザインを簡単に作り込めるのだ。印刷解像度はそれほど高くはないものの、スマホ写真をラベルにできる点も本製品をユニークなものにしている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>