米ナイキが2020年6月11日に国内発売したスニーカー「スペース ヒッピー」。発売して間もなく、ECサイト上には「完売」の文字が躍った。プラスチックのボトルやTシャツ、糸くずなどといった廃材を85%以上素材に使ったフライニット糸を採用するなど、今までにない高いレベルで環境へ配慮した点が消費者に支持された格好だ。売れるアパレル商品の条件を根底から覆した、象徴的な商品になるかもしれない。

スペース ヒッピー 01「THIS IS TRASH」。そのものずばり「ゴミ」と命名
スペース ヒッピー 01「THIS IS TRASH」。そのものずばり「ゴミ」と命名

 ナイキは工場の床に廃棄されるスクラップを「宇宙ゴミ」と位置付け、これを活用して完成させたのがスペース ヒッピーだ。ナイキでデザインリードを務めるノア・マーフィー=ラインヘルツ氏は、「宇宙探索の世界では『もし月や火星に滞在するなら、必要なものは現地調達できるもので作らないといけない』というISRUと呼ばれる考え方がある」と話す。ISRUとは「In-Situ Resource Utilization(ありあわせの資源)」の略。この概念に基づき、「ナイキにとってのスペースジャンク(宇宙ゴミ)である工場の床に落ちたスクラップ素材をよみがえらせて商品を作ることにした」と、開発経緯を説明する。モデルによって幅はあるが、最大のケースで商品全体の重量の50%以上にリサイクル素材を使っているという。

 ただし、単に環境に配慮しただけではない点が、このスニーカーの興味深いところだ。例えばソールのクッション部は、人気のランニングシューズシリーズ「ヴェイパーフライ 4%」の製造工場から出たスクラップを使っている。ヴェイパーフライ 4%は、着用したランナーが好記録を連発したことで一時話題となったことで知られる。

再生素材だからこその個体差も魅力に

 個体ごとに微妙にディテールが変わるデザイン性の高さも魅力。再生素材を100%使用したアッパーは、染色工程を省いており、結果として原料次第で色合いが変わる。再生素材を混ぜ込んだソールも同様でさまざまな色のアクセントが入り、個体ごとに模様が異なる。シューレースの有無といった形状やカラーも変えられるため、カスタマイズで自分らしさも主張しやすい。「忙しく動き回る都市型のライフスタイルに最適だ」(ラインヘルツ氏)。

 機能性に加えてデザイン性でも訴求したことが、環境への意識が高い人にとどまらず、多くの消費者をとりこにしたのだろう。

アッパー部分は染色工程を省くため、商品ごとに微妙に異なる色合いになる
アッパー部分は染色工程を省くため、商品ごとに微妙に異なる色合いになる
ソール部分は、再生素材の粒が商品ごとに異なる模様になる
ソール部分は、再生素材の粒が商品ごとに異なる模様になる
シューレースが付いたスペース ヒッピー 03。他にも模様やカラーが異なる数タイプから選べる
シューレースが付いたスペース ヒッピー 03。他にも模様やカラーが異なる数タイプから選べる
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>