夏向きマスクの主要12製品をテストする記事の後編。夏マスクのなかでも肌に触れるとひんやりと感じる接触冷感素材を使ったものが続々と出てきている。本当に涼しく使えるのだろうか? 後編は接触冷感マスクを実際に着けて、その使用感をテストした。

※日経トレンディ2020年8月号の記事を再構成

接触冷感のマスクは本当に涼しいのかテストした
接触冷感のマスクは本当に涼しいのかテストした

   夏のマスクが問題になるのは、前編でも言及したように、マスクのなかで温かい息がこもってしまい、熱中症のリスクが高まることだ。

 編集部では、こうした「夏マスク」を実際に入手・装着して試してみた。夏にマスクを着ける際の不満を取材や各種アンケートから考察し、「熱がこもらない」「蒸れにくい」「肌触りがいい」「適度なフィット感」「耳ひもで痛くならない」の5つの観点に注目。一定時間着け続けた感想を記す。なお、サンプルは1枚ずつしか入手できなかったため、筆者の個人的な印象になる。今回は、「熱がこもらない」対策として注目される「接触冷感素材」を使った以下の製品を紹介する。

  • ダントツマスクール(小松マテーレ)
  • ぴたマスク(コックス)
  • ひやマスク(コックス)
  • 2層式 洗えるひんやり夏マスク(イデア)
  • 超冷感コールドマスク(ギャレリアインターナショナル)

 接触冷感素材とは、生地の形状により熱伝導率や熱拡散率を高めた素材。肌から生地にすぐ熱が移動して外に拡散するので、ひんやりと感じる。その強さは接触冷湿感評価値「Q‐max」で数値(単位はW/平方センチメートル)として示される。この数値が高いほど触って「冷たい」と感じやすい。

 Q‐maxの数値が0.38と高いのが、石川県の化学素材メーカー、小松マテーレが開発した「ダントツマスクール」だ。同社は、大手スポーツメーカーやアパレルの接触冷感素材をOEM生産してきた実績がある。今回はその技術を活用し、自社マスク生産に踏み切った。体感としても着けた時ひんやりし、生地の温度が上がらない感触が続いた。「現在、第2弾として、より息がしやすい新タイプのマスクも開発中」(小松マテーレ)と言う。

サーモカメラで測ってみた! 口元の温度はやや低くなる?

 接触冷感・涼感マスクは本当に涼しいのか。サーモグラフィーカメラを使い、実際マスクによって違いが出るのかを計測してみた。

 気温約32度の晴天の中、小松マテーレのダントツマスクールと一般的な不織布マスクとを比較。それぞれを着用し、30分後にマスクを取った直後の顔をサーモカメラで撮影して、主に口元付近の温度変化に着目した。濃紺色が34度と最も温度が低く、青色、緑色、黄色、オレンジ色、赤色の順番で温度が上がり、白は40度を示す設定とした。測定前は口元の温度は36・1度だった。

 その結果、口元周りの温度は、ダントツマスクールが35.8度、不織布マスクは37.2度だった。実際の装着感とも一致する結果だった。

気温約32度の中、日が当たる場所で、下記のマスクを順番に着けて30分間着座。マスクを外した瞬間をサーモグラフィーカメラで撮影し、口元の温度を比べた。写真は実験前の顔の温度分布
気温約32度の中、日が当たる場所で、下記のマスクを順番に着けて30分間着座。マスクを外した瞬間をサーモグラフィーカメラで撮影し、口元の温度を比べた。写真は実験前の顔の温度分布
一般的な不織布マスク
一般的な不織布マスク
3分を過ぎた頃から口の周囲が汗ばみ、15分でマスク内は汗だく状態に。30分後に撮影すると、口の周囲は温度が高いことを示す
ダントツマスクール(小松マテーレ)
ダントツマスクール(小松マテーレ)
汗の出方は不織布と大差なかったが、熱い吐息が滞留しない分、呼吸は楽に感じられた。サーモグラフィーでは、口の上下は不織布マスクより表面温度が低くなった

 では、5製品の着け心地をチェックしていこう。

接触冷感“最強”マスク

ダントツマスクール(小松マテーレ)

ポケット部に同社開発のインナー素材を水を含ませて入れると、さらに温度を下げる効果がある。ただし口元は湿っぽくなる。●価格/1650円(税込み・1枚入り)●サイズ/高さ8.5cm×幅17.5cm●素材/ナイロン、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.38
ポケット部に同社開発のインナー素材を水を含ませて入れると、さらに温度を下げる効果がある。ただし口元は湿っぽくなる。●価格/1650円(税込み・1枚入り)●サイズ/高さ8.5cm×幅17.5cm●素材/ナイロン、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.38
試してみた!
接触冷感素材の着け心地は? 夏マスク、主要12製品徹底検証(画像)
装着した時にヒヤッとする感覚が今回試したマスクの中でも最も強い。歩行中も吐息がマスク内で広がらず素早く排出され、口元の蒸れも温度上昇も軽減されていることを実感。シャリ感がある生地の肌触りも良好

 他にも、接触冷感機能をうたうマスクが続々と出ている。今回のマスクの中で、Q‐maxを開示していたのは、イデア「2層式 洗えるひんやり夏マスク」が0.271、ギャレリアインターナショナル「超冷感 コールドマスク」とコックス「ぴたマスク」が0.15だ。

 マスクは、口の前に僅かな空間があって、熱がこもりにくいという形がいい。この点で好印象だったのは、コックスのぴたマスクだ。本体と耳ひもが一体になった形状で、商品名の通り、口以外の部分が肌にぴたっと張り付く。接触冷感素材のため、接触した肌は少しひんやり感じることもポイントだ。ネット通販や全国のイオン系列の店舗で販売する。

肌に密着して呼吸しやすい

ぴたマスク(コックス)

マスクは顎のラインに密着。耳に掛ける部分は伸縮性がある。水色、ピンク、白、黒、グレーなど12色展開。子供用サイズもある。●価格/ 1320円(税込み・3枚入り)●サイズ/高さ13.5cm×幅18cm(大人用。幅は編集部で実測)●素材/ポリエステル、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.15
マスクは顎のラインに密着。耳に掛ける部分は伸縮性がある。水色、ピンク、白、黒、グレーなど12色展開。子供用サイズもある。●価格/ 1320円(税込み・3枚入り)●サイズ/高さ13.5cm×幅18cm(大人用。幅は編集部で実測)●素材/ポリエステル、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.15
試してみた!
接触冷感素材の着け心地は? 夏マスク、主要12製品徹底検証(画像)
口元に必要最小限の空間があり、呼吸しやすい。頬に生地が密着し、吐息がマスク内で拡散せず、すぐに放出されて歩行中も快適。だが、汗をかくと密着感があるぶん、布が肌に張り付く

 残りの3製品のテスト結果は以下の通りだった。

柔らかく包み込む肌触り

ひやマスク(コックス)

耳ひもは細いが伸縮性に富んで柔らかく、長さも調節できる。長時間かけていても痛くならない。小型サイズの子供用もある。●価格/ 1320円(税込み・2枚入り・フィルター20枚付き)●サイズ/高さ17cm×幅21cm(大人用)●素材/ポリエステル、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/非公表
耳ひもは細いが伸縮性に富んで柔らかく、長さも調節できる。長時間かけていても痛くならない。小型サイズの子供用もある。●価格/ 1320円(税込み・2枚入り・フィルター20枚付き)●サイズ/高さ17cm×幅21cm(大人用)●素材/ポリエステル、ポリウレタン●Q‐max値(W/平方センチメートル)/非公表
試してみた!
生地が非常に柔らかく、口を優しく包み込む感触で、長時間気持ちよく着けていられる。ただ、マスク内は、空間に余裕があるぶん吐息が広がり、口周りに熱を感じやすい印象

フィット感抜群の接触冷感タイプ

2層式 洗えるひんやり夏マスク(イデア)

ワイヤーの入っている鼻部分はほぼ隙間なくフィットする。立体縫製によって口の前が自然に少し盛り上がるため、呼吸がしやすい。●価格/ 1890円(税込み・2枚入り)●サイズ/高さ13.5cm×幅19cm(Mサイズ)●素材/ポリエステル、ポリウレタン、レーヨン、綿、再生繊維、防菌糸●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.271
ワイヤーの入っている鼻部分はほぼ隙間なくフィットする。立体縫製によって口の前が自然に少し盛り上がるため、呼吸がしやすい。●価格/ 1890円(税込み・2枚入り)●サイズ/高さ13.5cm×幅19cm(Mサイズ)●素材/ポリエステル、ポリウレタン、レーヨン、綿、再生繊維、防菌糸●Q‐max値(W/平方センチメートル)/0.271
試してみた!
接触冷感素材の着け心地は? 夏マスク、主要12製品徹底検証(画像)
鼻部分にワイヤーが入り、顔の凹凸に合わせて形状を変えられ、フィット感が高い。口の前に十分な空間があり、呼吸も楽だ。息を吐くとその熱さがマスク内に広がるも、すぐに放出

伸縮性の高い接触冷感素材でカバー

超冷感コールドマスク(ギャレリアインターナショナル)

マスクの内側にはポケットがあり、付属の「PM2.5フィルター」を挿入して、粉じん、黄砂や飛沫を防ぐ力を高めることも可能。●価格/1078円(税込み・1枚入り)●サイズ/高さ9.5cm×幅17.5cm●素材/ポリエステル●Q‐max値(W/平方センチメートル)/ 0.15
マスクの内側にはポケットがあり、付属の「PM2.5フィルター」を挿入して、粉じん、黄砂や飛沫を防ぐ力を高めることも可能。●価格/1078円(税込み・1枚入り)●サイズ/高さ9.5cm×幅17.5cm●素材/ポリエステル●Q‐max値(W/平方センチメートル)/ 0.15
試してみた!
接触冷感素材の着け心地は? 夏マスク、主要12製品徹底検証(画像)
本体、耳ひも共に伸縮性が高く、着用前は面積が小さく見えたが、伸ばすと口周りをしっかりカバーできた。ただ、顔が大きめの記者にはややテンションがきつく、耳への負荷が気になった

 また、マスクを水に浸し3分後の乾き方の差を確認したところ、このカテゴリーのマスクの中では、ダントルマスクール、ひやマスクが優秀だった。

 こうして夏向きマスクの条件と照らし合わせていくと、Q-maxの数値が高いダントツマスクールは肌触りも良く、夏用のマスクとしては死角がない。マスク内の熱が抜けやすい形状で接触冷感・涼感の合わせ技も持つぴたマスク、ミズノの「アイスタッチ」マウスカバーも優秀だった。肌触りやフィット感はTioTioプレミアム洗える立体マスクも快適といえる。重視するポイントに合わせて適切なマスクを選び、真夏に備えたい。

注)各マスクを着用し、その場で30回呼吸すると共に、屋外で10分ずつ歩き、マスク内に熱がどの程度こもらないか、蒸れ具合はどうか、息はしやすいかなどを確認。また、速乾性は各マスクを水に3秒浸して3回振って重量を計測し、新聞紙に挟み3分経過した時点で重さを計測して水分の減少量を計算。減少率が高いほど速乾性が高いと判断した。併せて、肌触りやフィット感、耳ひもの快適さなどもチェックし、項目ごとに実感や実験結果の数値を検討して星の数を決めた注)マスクの価格は6月中旬時点の実勢価格。編集部調べ。6月下旬時点で在庫がなくなった製品も紹介している

(写真/古立 康三)