ロボットや無人店舗といった、華々しい最先端のテクノロジーも導入や実証実験が進む。ただ新型コロナウイルスは、ベンチャーたちのロードマップにも影を落とす。コロナ禍がアゲンストになるかと思いきや、むしろ追い風に変えようとする力強いサービスもある。

前回(第2回)はこちら

 3月に来た新入りは寡黙だが、実によく働く。厨房に入ったその日からすぐに1時間で数十食分のそばをゆでられるようになった。これなら「人手」が減らせるかもしれない――。

 JR中央線・東小金井駅改札内にある「そばいちnonowa東小金井店」。ここでもベンチャーとJR東日本スタートアップによる実証実験が行われていた。前述の新入りは人ではなく、「駅そばロボット」だ。器用に3つのてぼ(麺をゆでるための網)を動かし、熱湯でゆで、時間きっかりに引き上げて水で締めていく。

期間限定で導入された「駅そばロボット」。3連のてぼを使ってそばを茹でる
期間限定で導入された「駅そばロボット」。3連のてぼを使ってそばを茹でる
【特集】駅から始まる! JR東日本スタートアップの挑戦
【第1回】JR東京駅の夜勤者を救え 食品ロス1トンを削減したSDGsベンチャー
【第2回】無人駅がグランピングの聖地に大変身 JRが挑む600駅の再生
【第3回】新型コロナで変化 JR東の「ロボット」と「無人店舗」の現在地←今回はココ
【第4回】利用者減る駅はどう生き残る JR東日本が見据える「3つの未来」

 ちなみにロボットがゆでたそばをしっかりと味わいたいなら、冷たいそばがお薦めだ。「温かいそばはロボットの作業の後に人間が温め直すので、冷たいそばのほうがロボットの腕を確かめられます」と話すのは、調理ロボットサービスを開発しているコネクテッドロボティクス(東京都小金井市)COOの佐藤泰樹氏。記者も初日にもりそばをいただいたが、駅そばとは思えないほどこしもあり、しっかり冷たく締められていた。佐藤氏も、「人とロボットが調理したときの差は麺のぬめり。人のほうがよりぬめりは落とせるが、ただその差はプロでしか分からないレベル」と自信を見せる。

もりそばを試食。しっかりと冷えて麺が引き締まっていた
もりそばを試食。しっかりと冷えて麺が引き締まっていた

 このロボットの正式名称は「TM5-900」。実は台湾製だ。コネクテッドロボティクスはロボットメーカーではなく、市販されているロボットに調理のためのソフトウエアなどを組み込み、販売するベンチャー。ハウステンボスなどに調理ロボットを納入した実績があり、実はイトーヨーカドー幕張店(千葉県)のたこ焼き店で働いているのも全く同じTM5-900だ。世界中の汎用ロボットから、調理ができそうもののなかで一番コストパフォーマンスが高い機種を見つけ出し、ソフトウエアで調理を“教え込む”。「いかにトータルコストを抑えるかが腕の見せどころ」(佐藤氏)。ちなみに駅そばロボットの価格は未定だが、アームが1本の同タイプの参考価格は初期費用300万円、月額20万円だ。

イトーヨーカドー幕張店で働くたこ焼きロボットと、今回の駅そばロボットは実は同じ機種だ
イトーヨーカドー幕張店で働くたこ焼きロボットと、今回の駅そばロボットは実は同じ機種だ
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>