au Payが上半期に躍進 3%還元のLINE Payクレカも注目【マネー】(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する中での上半期ヒット商品と、ウィズコロナ時代の下半期ブレイク予測を総まとめした本特集の第14回はマネーのジャンルを取り上げる。キャッシュレス決済市場ではKDDI「au PAY」が躍進し、保険の分野では日本初のP2P保険、「わりかん保険」が健闘した。下半期は、還元率3%というLINE Payクレジットカードに注目。

 拡大するキャッシュレス決済市場で、20年前半に注目度をがぜん高めたのが、KDDIのスマホ決済「au PAY」だ。19年12月にPontaとのポイント統合を表明し、20年2月にはアプリを刷新。2~3月に実施した「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」では、支払金額の最大20%相当をポイント還元する大盤振る舞いで世間の話題をさらった。7週間の実施期間中、家電量販店などに利用者が殺到。毎週10億円の還元原資は、早々に無くなるケースが大半だった。

 先行する「PayPay」「LINE Pay」などに比べて影が薄かったau PAYだが、この遅れて来た“祭り”の効果で、20年2月から利用者の伸びが加速。2200万人超の会員基盤を強みに“ペイ競争”の最前線に加わった。