資生堂メンズコスメ、マスクに合う化粧品が躍進【美容アパレル】(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する中での上半期ヒット商品と、ウィズコロナ時代の下半期ブレイク予測を総まとめした本特集。第10回は美容・アパレルのジャンルを取り上げる。上半期は、男性向けのBBクリームがヒットした一方、女性たちの間ではマスクをしていても崩れにくい化粧品のニーズがアップ。下半期は「男女兼用」コスメが台頭しそうだ。

 資生堂の「ウーノ フェイスカラークリエイター」が、伸長するメンズコスメ市場で躍進を遂げている。先行販売の段階で人気があったが、19年9月から全国展開に踏み切り、発売9カ月で累計38万4000個を出荷した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>