スマホはシャープが圧倒的トップ Zoomも大ヒット【通信】(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する中での上半期ヒット商品と、ウィズコロナ時代の下半期ブレイク予測を総まとめした特集。第8回は、通信・モバイルのジャンルを取り上げる。低価格スマホの需要が高まり、激戦を制したシャープの「AQUOS sense3」。在宅勤務が増し、ビデオ会議システムのZoomも躍進した。下期は通信料金の破壊に挑む楽天モバイルにも注目。

 19年10月に改正電気通信事業法が施行され、通信キャリアは2年契約を前提としたスマホ端末の大幅割引ができなくなった。その結果、5万円以下で購入できるスマホの需要が急増し、各社が低価格スマホを投入。この激戦を勝ち抜いたのがシャープの「AQUOS sense3」だ。3大キャリアの他、ワイモバイル、UQモバイル、楽天モバイルなどでも販売し、SIMフリー版も用意。Androidスマホでは断トツの1位だった。プロセッサーやカメラの性能は並みだが、おサイフケータイ、防水・防塵と必要十分な機能を備えた。大き目のバッテリーを搭載し、「最大1週間充電せずに使える」とアピールしたのもスマホ入門者の安心感につながった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>