調理家電が絶好調 自宅映画館化にヒットの兆し【家電デジタル】(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する中での上半期ヒット商品と、ウィズコロナ時代の下半期ブレイク予測を総まとめした特集の第7回。家電・デジタルのジャンルでは、ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンに大激戦の兆しがある。また巣ごもりによって、調理家電が好調となり、テレワーク関連市場が急伸長した。下期は、映画館に行きづらい悩みを解消するプロジェクターなどが有望。

 16年末にAirPodsが登場してから約3年がたち、完全ワイヤレスイヤホンが新たなステージに入った。これまでソニーが開拓してきた、周囲の雑音を電気的に打ち消す「ノイズキャンセリング」(ノイキャン)機能を最大手のアップルが独自に開発し、上位機の「AirPods Pro」を19年10月に発売したのだ。

 従来のAirPodsは耳を圧迫しない「開放型」で、周囲の雑音が聞こえやすい欠点があった。これをAirPods Proでは耳穴にぴったりはまる「密閉型」に変更し、遮音性が向上。電車内でも雑音を気にすることなく音楽を聴けるようになった。これが電車通勤の多い日本人にマッチして人気が沸騰。税込みで3万円前後と高価にもかかわらず、一気にシェアトップに立った。ノイキャン搭載イヤホンはソニーも出しているが、AV評論家の折原一也氏は「日本はiPhone利用者が多いので、イヤホンのブランド力は今やアップルのほうが上」と分析する。4月にパナソニックもノイキャン市場に参入。今後三つどもえの争いになりそうだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>