調理家電が絶好調 自宅映画館化にヒットの兆し【家電デジタル】(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

2020年、新型コロナウィルスの感染が拡大する中での上半期ヒット商品と、ウィズコロナ時代の下半期ブレイク予測を総まとめした特集の第7回。家電・デジタルのジャンルでは、ノイズキャンセリング機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンに大激戦の兆しがある。また巣ごもりによって、調理家電が好調となり、テレワーク関連市場が急伸長した。下期は、映画館に行きづらい悩みを解消するプロジェクターなどが有望。

 16年末にAirPodsが登場してから約3年がたち、完全ワイヤレスイヤホンが新たなステージに入った。これまでソニーが開拓してきた、周囲の雑音を電気的に打ち消す「ノイズキャンセリング」(ノイキャン)機能を最大手のアップルが独自に開発し、上位機の「AirPods Pro」を19年10月に発売したのだ。

 従来のAirPodsは耳を圧迫しない「開放型」で、周囲の雑音が聞こえやすい欠点があった。これをAirPods Proでは耳穴にぴったりはまる「密閉型」に変更し、遮音性が向上。電車内でも雑音を気にすることなく音楽を聴けるようになった。これが電車通勤の多い日本人にマッチして人気が沸騰。税込みで3万円前後と高価にもかかわらず、一気にシェアトップに立った。ノイキャン搭載イヤホンはソニーも出しているが、AV評論家の折原一也氏は「日本はiPhone利用者が多いので、イヤホンのブランド力は今やアップルのほうが上」と分析する。4月にパナソニックもノイキャン市場に参入。今後三つどもえの争いになりそうだ。

【2020年上半期ヒット大賞】電車通勤が多い都市部でノイキャンが爆発
AirPods Pro(アップル)

 2016年12月に発売した「AirPods」で、完全ワイヤレスイヤホンを世界に普及させたアップルが、上位版「AirPods Pro」の発売で王座を揺るぎないものにした。CMでは、騒音を打ち消す効果があるノイズキャンセリング機能をシンプルに訴求し、税込み3万円以上と高価にもかかわらずシェアトップを獲得。公式通販サイトでは2~3週間待ちの状態がしばらく続いた。「電車通勤とiPhoneユーザーが多い日本の状況にマッチした」(折原氏)のも追い風になった。

「売れ行き」=売り上げの大きさやシェアの高さはどうか、「新規性」=これまでにない画期的な機能や特徴はあったか、「影響力」=消費者の生活スタイルを変えたか。3つの項目で評価(以下同)
「売れ行き」=売り上げの大きさやシェアの高さはどうか、「新規性」=これまでにない画期的な機能や特徴はあったか、「影響力」=消費者の生活スタイルを変えたか。3つの項目で評価(以下同)
開放型だった従来機から遮音性の高い密閉型に変更。代わりに外の音が聞こえるモードを備えた
開放型だった従来機から遮音性の高い密閉型に変更。代わりに外の音が聞こえるモードを備えた
■19年11月から完全ワイヤレス市場が再活性化
■19年11月から完全ワイヤレス市場が再活性化
注)BCN調べ。19年1月の市場全体の販売数を「1」とした指数
■AirPodsシリーズで約4割のシェア
■AirPodsシリーズで約4割のシェア
注)BCN調べ。20年1~3月の完全ワイヤレスイヤホン販売台数シェア
量販店で完全ワイヤレスコーナーができるほど市場が伸長。AirPods Proと競合製品の比較があるなど、ノイキャン機能の認知度も上がった。写真はビックカメラ有楽町店
量販店で完全ワイヤレスコーナーができるほど市場が伸長。AirPods Proと競合製品の比較があるなど、ノイキャン機能の認知度も上がった。写真はビックカメラ有楽町店

【下半期ヒット予測】「テクニクス」で真っ向勝負(期待度:★★★)
EAH-AZ70W(パナソニック)

 スピーカーやレコードプレーヤーの高級ブランドとして定評のある「Technics(テクニクス)」ブランドを冠したノイキャン・完全ワイヤレスイヤホンをパナソニックが4月中旬に投入した。完全ワイヤレスイヤホンは同社初となる。実勢価格3万2000円(税込み)とAirPods Proを超える価格だが、「発売直後にランキングで1位になるなど、注目度は非常に高い」(カカクコムの鎌田氏)AirPods Proにどこまで迫れるか注目だ。