ドワンゴが先陣 「無観客ライブ配信」がコロナ禍の新潮流に(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

新型コロナウイルスの感染が広まり、中止や延期が相次いだコンサートやイベント。そんな中、話題を集めたのが、演奏会やお笑い、美術館、動物園などの「無観客ライブ配信」だ。特に存在感を高めたといえるのがクラシック音楽。ドワンゴが、夏野剛社長が東京交響楽団(東響)の理事を務めていた縁で先鞭をつけた。その後、複数のオーケストラが続いた。

 2020年2月13日に、国内で初めて新型コロナウイルス感染症による死者が出てから、大規模イベントへの風当たりは日を追うごとに強くなった。2月20日には厚生労働省が「開催の必要性の検討」を依頼し、2月26日には安倍晋三総理大臣が「中止、延期または規模縮小などの対応」を要請した。これを受けて、EXILEやPerfumeなどの著名アーティストがライブの中止を表明。自粛ムードが高まった。

 そんな“アーティストの危機”の最中に、逆に存在感を「無観客ライブ配信」で高めたのがクラシック音楽だ。象徴的だったのが、東響が3月8日と14日にミューザ川崎シンフォニーホールで開催した「観客のいない音楽会」。総理大臣の要請を受けて2月27日に演奏会「名曲全集第155回」の中止をいったん決定したが、同楽団の理事にドワンゴの夏野剛社長がいた縁で、同社の「ニコニコ生放送」でのライブ配信が決定。3月3日に発表すると、公式ツイッターでは2000件以上リツイートされた。ドワンゴとしても、無観客での無料配信は初の試み。クラシックファンでもある夏野社長の発案により、カメラ遷移のない、「客席固定カメラ」の映像も予定するなど、配信の準備を進めた。

“本番”の3月8日14時になると、他の演奏会で中止が相次いだこともあり、約10万人がニコニコ生放送に殺到。ニコニコ動画のアカウントがない人も多数がパソコンやスマホを開き、大友直人氏の指揮によるサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」などを堪能した。ドワンゴでは、「ニコニコ生放送独自のコメント機能によって感情や感想を共有するという、新しい体験を生めたのではないか」と、無観客ライブ配信の魅力を分析。こうして「観客のいない音楽会」は、3月14日に開催した第2回とタイムシフト分を合わせると延べ20万人が視聴するという、一般的なクラシックのコンサートでは考えられない大イベントとなった。

 東響と同時期に、滋賀県びわ湖ホールのオペラ「神々の黄昏」の無観客ライブが話題になったこともあり、それ以降は大阪フィルハーモニー交響楽団など各地のオーケストラが続いた。4月7日の緊急事態宣言発令以降、対象の都府県ではオーケストラが集まること自体が難しくなったが、有事にクラシック音楽のライブ配信の需要があることを示した功績は大きい。

 無観客ライブ配信の流れは3月以降、音楽だけでなく、お笑い、美術館・博物館、動物園・水族館など多方面に及んでいる。ドワンゴにも「美術館のライブ配信は約60件、演奏会はもっと多数の問い合わせがある」という。ライブ配信を始めた理由は様々で、アーティストが活躍の場をネットに求めるだけでなく、「行動自粛されている方たちへ、少しでも明るく楽しい話題を提供したかった」(神戸どうぶつ王国)というケースもある。神戸どうぶつ王国はインスタグラムライブを始めてからフォロワー数が約1万人増えるなど、全国からファンを獲得することに成功している。

 無観客ライブの課題は収益化だ。ドワンゴの場合は社会貢献や自社サービスの認知度向上などのメリットがあるが、一般的にアーティストが自主的に無料で無観客ライブを行っても赤字になるだけだ。しかし、一部のアーティストは、「YouTube Live」の投げ銭(スーパーチャット)やクラウドファンディングの活用、有料制による配信などで、収入を得る試みを始めている。新型コロナが終息する頃に、世界に向けたライブ配信で稼ぐのが当たり前になっている可能性はある。

■主要アーティストが次々に無観客ライブ
■主要アーティストが次々に無観客ライブ