アニメ『鬼滅の刃』、放送後「神回」とトレンド入りし続けた秘密(画像)

※日経トレンディ 2020年6月号の記事を再構成

コミックスのシリーズ累計発行部数が6000万部を突破する(電子版を含む)など、驚異的な人気を誇る『鬼滅の刃』。その経済圏拡大に迫る記事の後編。アニメ化のプロモーション戦略が奏功し、ヒットに拍車がかかる。しかし、どんなにプロモーションがうまくいっても、肝心なのはその中身だ。

前編はこちら
「神回」とトレンド入りし続けた19話。クライマックスの戦闘をより盛り上げた楽曲は、物悲しさと希望が同時に感じられる「竈門炭治郎のうた」。ボーカルを担当した中川奈美氏は、実は劇伴にもコーラスとして参加していた
「神回」とトレンド入りし続けた19話。クライマックスの戦闘をより盛り上げた楽曲は、物悲しさと希望が同時に感じられる「竈門炭治郎のうた」。ボーカルを担当した中川奈美氏は、実は劇伴にもコーラスとして参加していた

 鬼滅アニメヒットの最大の要素となっているのは、その映像美だ。制作スタジオは、これまでも「空の境界」や「Fate」シリーズなど数々のヒットを生み出してきたufotable。十数年彼らと一緒に仕事をしてきたというプロデューサーの高橋祐馬氏は、「引き算をしない」姿勢に常に尊敬の念を抱いてきたという。

 今でもほとんどのシーンは手書きで制作される日本のアニメ。「どう省略して作るかが議題に上がるのが普通だが、ufotableはそれをしない」と高橋氏は語る。例えば、第1話の主な舞台となる雪山は、背景も写真と見間違うようなクオリティー。「制作スタッフの発案により、雪山のロケハンを敢行。スタッフが実際に体験したことで、その寒々しさまでもが伝わる絵になった」(高橋氏)。

背景のためにロケハンまで敢行
背景のためにロケハンまで敢行
実際に制作スタッフが雪山でロケハンを行い、空気感まで再現
大正時代の浅草の街並みを、写真のように忠実に描いた
大正時代の浅草の街並みを、写真のように忠実に描いた
漫画では静止画の「水の呼吸」。原作で描かれた浮世絵風の技がどう動いたら面白いかなどを議論して表現方法が決まった
漫画では静止画の「水の呼吸」。原作で描かれた浮世絵風の技がどう動いたら面白いかなどを議論して表現方法が決まった

 その徹底した姿勢は、キャラクターデザインにも通じている。「時代を感じられる独特な衣装や剣戟は鬼滅の醍醐味だが、線が多くなれば作画はその分大変になる。衣装の模様がアクションシーンに合わせて違和感なく動くのだけでもすごい」(高橋氏)。

 そんな作画の努力も結実し、放送終了後「神回」とTwitterでトレンド入りし続けたのが19話の「ヒノカミ」だ。瀕死の状態にあった炭治郎と禰豆子が力を合わせることで鬼を倒す、兄妹の真の絆が見られる重要な場面。二人が鬼と戦うクライマックスでは感動を誘う楽曲とともに必殺技が放たれ、高揚感そのままに初解禁となる19話限定のエンディング映像へと展開。原作者からも「作画、演出、音楽、全てが凄すぎて作者もボロ泣きしました」というコメントがあったほどだ。

 実は、ufotableスタッフ内ではここをアニメ全26話の山場にしたいという考えが構成の段階からあったという。「ただそれには1〜18話までの積み重ねが必要不可欠。各話で誰の物語を描くのかをしっかり構成したufotableの作劇の妙があってこその19話だった」(高橋氏)。

 キャスティングも通常はオーディションをするところ、主要キャスト4人以外はほぼ指名制で行った。「死んでしまうかもしれないと本当に思わせる敵に勝ってこそ、感動が生まれる。説得力が出るよう、スタッフ内で様々な議論を交わし、ベテラン声優をあえて鬼役にキャスティングした。1話で殺されてしまうキャラもいるため、断られるかもと内心は冷や汗ものだった」(高橋氏)。