給付10万円のうち消費に回るのは4万9407円、「全額使う」18.9%(画像)

日経クロストレンドは、全国の企業のマーケター400人、ビジネスパーソン1000人を対象に、新型コロナウイルスの影響についてアンケートを実施した。第3回はWithコロナで変わったビジネスパーソンの消費動向、アフターコロナに向けた消費意欲、それに関わる懐事情について読み解く。

前回(第2回)はこちら

マーケターとしては給付金10万円の使い道が気になるところ(画像は総務省「<a href="https://kyufukin.soumu.go.jp/" target="_blank" rel="noopener">特別定額給付金</a>」のサイトより)
マーケターとしては給付金10万円の使い道が気になるところ(画像は総務省「特別定額給付金」のサイトより)

 国民1人当たり現金10万円が給付される特別定額給付金のうち、消費に回すのは4万9407円。4月以降の給与が「減る可能性がある」39.4%、4月以降の消費を「減らそうと思う」51.7%──。日経クロストレンドが、全国のビジネスパーソン1000人を対象にアンケートを実施したところ、新型コロナウイルスの感染拡大が給与と消費意欲に与えるマイナス影響が相当に大きいことが分かった。

【特集】Withコロナ調査 激変!マーケと消費

 マクロミルで職業を「会社員」として登録している20~60代の調査モニターにアンケートを依頼。全国1000人のビジネスパーソンから回答を得た(20~60代各200人ずつ、男女比半々)。アンケート実施日は、2020年4月16~17日。4月16日は、政府が特別措置法に基づく緊急事態宣言を、7都府県から全都道府県に拡大した日。翌17日は、東京都が発表した新規感染者数が201人に上った日(※後日204人に訂正)。また16日は、安倍首相が国民1人当たり10万円を給付する方針を表明した日でもある。

 そこで、特別定額給付金10万円は果たして消費に回るのか。使い道について聞いてみた。全額消費に回す場合は100%、全額貯金(またはローンなどの返済)に回す場合は0%として、1%刻みで回答してもらったところ、消費に回す額は平均4万9407円という結果だった。

Q1.特別定額給付金10万円のうち、何%を消費に回しますか?
Q1.特別定額給付金10万円のうち、何%を消費に回しますか?

 収入が大きく減少した世帯への30万円給付案から、所得制限を設けない1人当たり10万円の給付に切り替えたことで、感染拡大収束後の消費喚起を期待したいところだが、消費に回るのはざっと半分といったところだ。

 もっともこれは「5万円弱を消費に回す人が大多数」という意味ではない。100%使い切る「全額消費」派が18.9%、40~50%台を選択した「約半額を消費に回す」派が20.4%、当面は使わない、または返済に充てる「全額貯金(または返済)」派が17.8%と、大きく3派に分かれる。 

 全額貯金(または返済)派は女性が19.8%に対し男性が15.8%と、財布のひもは女性が若干固め。特に20代女性と50代女性のそれぞれ100人中27人(27%)が全額貯金(または返済)に回すと回答している。新型コロナ収束後のV字回復を期待したいマーケター側にとっては厳しい数字だ。