著書『アフターデジタル』『アフターデジタル2』で日本企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)のあり方について提言を続けるビービット藤井保文氏が、先進的なDXを実践している企業の経営幹部や、同じ未来を見据える識者を直撃する対談連載。第5回は、サントリーグループでDX推進の中心的役割を担うサントリーコミュニケーションズ執行役員本部長 室元隆志氏に話を聞いた。

ビービット 東アジア営業責任者の藤井保文氏(左)と、サントリーコミュニケーションズ執行役員 デジタルマーケティング本部長の室元隆志氏(右)
ビービット 東アジア営業責任者の藤井保文氏(左)と、サントリーコミュニケーションズ執行役員 デジタルマーケティング本部長の室元隆志氏(右)

ビービット 藤井保文氏(以下、藤井氏) 室元さんとは、光栄なことにこれまでも複数のコンサルティングプロジェクトや様々な議論など、ご一緒する機会を多くいただいてきましたが、今日は改めてこれまでのお取り組み、特に大企業でDXを推進する大変さについて、お話を伺いたいと思っています。

サントリーコミュニケーションズ 室元隆志氏(以下、室元氏) 分かりました、よろしくお願いします。

藤井氏 では最初に、改めて今の室元さんのお立場についてお話しいただけますか。

室元氏 はい。私はサントリーコミュニケーションズのデジタルマーケティング本部というところで、本部長・執行役員をやっています。この会社は2017年に設立された、サントリーの各事業会社・営業会社のコミュニケーション系のサポートをする横串の機能会社です。

 デジタルマーケティング本部では、基本的に全サントリーグループのプロモーション活動やコミュニケーション活動の中で「デジタルをどう使っていくのか」ということを考えています。R&D(研究開発)もやりますし、実務のサポートをすることもあります。

 さらに今は、20年4月に組織されたグループ全体のDXチームのサブリーダー的なこともやっています。この組織は、全サントリーグループがこれからいかにDXを進めていくのかを設計し、また、その設計に基づいて最初の一歩をやってみせる、というプロジェクトチームでして、目下、何をやっていくのかを絶賛議論中というところです。

今回の対談ゲスト:室元 隆志(むろもと たかし)氏
サントリーコミュニケーションズ/執行役員 デジタルマーケティング本部長
サントリー入社以来、宣伝部、業務用営業などを経て、2000年よりデジタルマーケティング業務に携わる。サントリーホームページの立ち上げ、基盤整備、ビジネス活用のR&D、広告ROIの効率化、EC、ブランドなどのデジタルマーケティングなどを手がけてきた。17年4月、サントリーコミュニケーションズが発足し、サントリー各グループ会社のデジタル部署がデジタルマーケティング本部として統合された

藤井氏 DX推進のサブリーダーとのことですが、全社の方針としてDXが打ち出されるに至った経緯というか、おそらくその決定にも大きく室元さんが関わられているのではないかと思うのですが、そのあたりのお話も少し伺ってもいいでしょうか。

室元氏 DXにつながり始めた、ということで言えば、恐らく契機はECだと思うんです。私自身は00年からデジタルの仕事に関わり始めたんですが、ECはAmazonでお酒の直販がスタートした14年から始まりました。もともとの、つまりリアルでのシェアは当時3位だったんですが、ECでは6カ月たった時点で1位をとり、そこからダントツの首位をキープしたんですね。

 メーカーが思うプロモーションをやるのではなく、お客様がどう買うのか、何を思って選んでいるのかということ、今で言うとUX(ユーザーエクスペリエンス)という言葉に近いかと思いますが、それを探ることで一気にシェアを拡大できた手応えから、UXが成果に結びつくとを確信したんです

 これが自分の中では大きな転機でしたし、その後のデジタルを通したコミュニケーションや、DXというところに進化していった原点になっていると思います。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>