「誰でも簡単にアイデアを量産し、ユニークな企画を次々と生み出す秘訣」を伝授する連載企画。第7回の「100人の唎酒師」に続き、第8回は、沢の鶴が9月に全国で発売する日本酒「たまには酔いたい夜もある」の開発秘話。プロジェクトは、女性の「酔いたくても、酔えない現実」に向き合うところから始まった。

2020年9月に沢の鶴が発売する日本酒「たまには酔いたい夜もある」。プロダクト共創プラットフォームを運営するTRINUS(東京・渋谷)と沢の鶴による新商品開発プロジェクトに、筆者はコンセプトプランニング、Webデザインで参画した(Product Design/OTOMO DESIGN STUDIO、Photo/Akihiro Kawauchi)
2020年9月に沢の鶴が発売する日本酒「たまには酔いたい夜もある」。プロダクト共創プラットフォームを運営するTRINUS(東京・渋谷)と沢の鶴による新商品開発プロジェクトに、筆者はコンセプトプランニング、Webデザインで参画した(Product Design/OTOMO DESIGN STUDIO、Photo/Akihiro Kawauchi)

 第7回は、私が実際に関わった日本酒の開発プロジェクトで、9月に全国で発売する新商品の1つ、「100人の唎酒師(ききざけし)」の、コンセプトづくりからコミュニケーション設計についてご紹介しました。今回は、もう1つの新商品「たまには酔いたい夜もある」(以下、『たま酔い』)について、もう少し川下のコミュニケーション展開を重点的にお話ししようと思います。

「女性向け日本酒は鬼門」に対する挑戦

日本酒を好む女性は増えているが…
日本酒を好む女性は増えているが…

 もう1つの商品のコンセプトの方向性は、「100人の唎酒師」と同様、アンケート調査を経て、「働く女性が土曜の夜に飲みたいお酒」を提案しました。その背景としては、女性に限定して日本酒に関するアンケート調査をしたところ、43%の方から「とても好き」「やや好き」という回答を頂いており、度数の高さや酔いやすさに対する声はありつつも、受け入れられる可能性を感じたためです。

 ところが、沢の鶴の担当者の顔が曇り始めます。

 「過去、女性向けの日本酒は各社がつくってきた。けれど、成功したのは一握りしかない」

 度数が低く、発泡タイプの日本酒が女性を中心にヒットしたこともあり、業界でもよく知られていました。しかし、それはほんの一握りだというのです。過去の経験は無視できません。チャレンジングなコンセプトであることは確かです。慎重に議論を進めていくことになりました。

このコンテンツ・機能は会員限定です。