ポストソーシャルメディアの新市場 UUUMが「個人経済圏」に照準(画像)

動画の再生回数で広告収入を得る「YouTuber」のビジネスが大きく変化。多数のYouTuberを抱えるUUUMは広告に依存せず、グッズ販売やイベント収入など収益の多様化に乗り出した。その背景には個人が物販やコンテンツ販売、スキルシェアなどのビジネスを行う「個人経済圏」の急成長がある。

YouTuberに大きな変化が起こっている。それは「個人経済圏」拡大の序章だ(写真提供/shutterstock)
YouTuberに大きな変化が起こっている。それは「個人経済圏」拡大の序章だ(写真提供/shutterstock)

 SNSの普及により個人が“メディア”を持てるようになった。簡易的にECサイトを構築できるサービスや、クラウドファンディングのような資金調達サービスの登場で、個人でもブランドが持てる環境も整った。「D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)」という次世代のブランドは2019年から日本でもトレンドになっている。

【特集】「個人経済圏」プラットフォーマー新時代
【第1回】 ポストソーシャルメディアの新市場 UUUMが「個人経済圏」に照準←今回はココ
【第2回】 「月間1600万人集まる個人作品売買サイト 商業施設の集客源にも」
【第3回】 「売買サイトがマーケの起点に 個人作家のビジネス領域を拡大」

 個人が得意領域でさまざまな事業を展開できるようになったのは、対応したデジタルプラットフォームが増えているからだ。このような個人を中心とした、新たな市場を個人経済圏と呼ぶ。

 新型コロナウイルスは個人経済圏を押し広げる大きな転機になる。感染防止を図るため、官民が一丸となってリモートワークやオンライン授業の普及など、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む。通勤が不要になり、空いた時間を活用しようという意欲が高まることでスキルシェアサービスの利用者が増えている。スキルのECサイトを運営するココナラ(東京・品川)の南章行社長は「新型コロナウイルスの流行後、スキルの出品数は前年比1.5倍で推移している」と明かす。

 クラウドファンディング事業のCAMPFIRE(東京・渋谷)CEO(最高経営責任者)の家入一真氏は「新型コロナウイルスの流行は個人経済圏がテクノロジーによってエンパワーメントされていく、すごく大きなターニングポイントだと感じている」と言う。未曽有の危機は個人のDXを推し進める。

 本特集では「物販」「スキルシェア」「コンテンツ配信」などのカテゴリーに分け、各プラットフォーマーが個人ビジネスのマーケティングをどのように変え、個人経済圏を成長させているかを探る。まずは、個人経済圏のプラットフォーマー戦略を推し進めるUUUMから紹介しよう。

YouTuberに訪れている大きな変化

 デジタルプラットフォームを活用した、個人経済圏の代表格は「YouTuber」だろう。今、そのYouTuberの収益構造に大きな変化が起こっている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>