3万人調査で見る「Z世代」 男性はアニメや音楽、美容にも熱心(画像)

「Z世代」の男性は、女性に比べてやや影が薄いが、データからは、理美容や化粧品に金をかけ、音楽、アニメ・漫画を愛し、社会貢献への関心が高い──そんなZ世代男性の姿が浮かび上がる。特集第2回では、こうしたZ世代の男性にフォーカス。その価値観、金の使い方とは。

前回(第1回)はこちら

●Z世代男性の平均小遣いは月2.6万円
●Z世代男性の平均小遣いは月2.6万円
「Z世代男性」とは、マクロミル ブランドデータバンクの調査結果(2019年12月実施)から、18~24歳男性のデータを抽出したもの。「男性全体」とは、全年齢の男性のデータを抽出したもの

10年前の同世代より金回りはいい

 マクロミル ブランドデータバンクが約3万人を対象に実施(2019年12月)した調査結果から18~24歳のZ世代男性(1171人)を抽出すると、平均年齢21.3歳。平均世帯年収は569.0万円、平均個人年収は129.1万円、平均小遣いは月額2.6万円だ。ここから有職者(396人)だけに絞ると、個人年収は280.2万円、小遣いは3.5万円となる。

 対する男性全体(1万5656人)は平均年齢45.2歳。平均世帯年収616.4万円で、平均個人年収420.6万円、平均小遣い月額3.7万円となっている。

 Z世代男性と男性全体を収入などで比較すれば、Z世代のほうが低くなるのは当然だ。Z世代男性の平均個人年収は男性全体の約3割に留まり、毎月の小遣いはZ世代男性が1万1000円も低い。それでも、10年前よりは若い世代の金回りはよくなっている。

 今から10年前、つまり2009年12月に実施した調査における18~24歳男性(1756人)は、平均世帯年収470.7万円、平均個人年収96.6万円、平均小遣い月額2.3万円だった。この10年間で、18~24歳の平均個人年収は約30万円、平均小遣いは月3000円アップした。

 男性全体の10年前のデータを見ると、最新のデータとそれほど代わり映えしない。近年の少子化による人材不足の影響などから、若い層のアルバイトや仕事の待遇が向上しているのだ。例えば、東京都の最低賃金は2009年に791円だったが、2019年には1013円、実に28.1%増となっている。

アニメや音楽のイベントにお金を使うZ世代

●「Z世代男性」と「男性全体」が年間に使用する金額の差
●「Z世代男性」と「男性全体」が年間に使用する金額の差
「Z世代」男性と「男性全体」が年間に使用する金額を比較すると、Z世代は千数百円ずつではあるものの、アニメや音楽関連に多く費やす

 Z代男性は何にお金を使っているのか。彼らが年間に使用する金額を、分野ごとに男性全体と比較した。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>