eスポーツタイトルとして定着した『Shadowverse』、リリースから5年たつも右肩上がりの『グランブルーファンタジー』などを展開するCygames。前編で同社の木村唯人専務に国内外のビジネス戦略を聞いたのに続き、後編では対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』をはじめとした2020年の新タイトルについて質問を掘り下げる。

Cygamesでゲームビジネスの陣頭指揮を執る木村唯人専務
Cygamesでゲームビジネスの陣頭指揮を執る木村唯人専務

前回はこちら

2020年は新作3タイトルを予定

――2020年にはどんなタイトルに注力しますか。

木村氏 全てのタイトルに注力するのが前提ですが、トピックを上げるなら、まずは2月に発売した『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(グラブルVS)です。これは、『グラブル』のキャラクターを使った対戦格闘ゲームになっています。加えて、多くの方をお待たせしてしまっている『ウマ娘 プリティーダービー』(ウマ娘)、『Shadowverse』のコンシューマースピンオフタイトルとなる『シャドウバース チャンピオンズバトル』もNintendo Switch向けに発売の予定です。

――『ウマ娘』は過去にリリースを延期されたタイトルです。延期による変化は大きいのでしょうか?

木村氏 簡単に作れるゲームではないため、試行錯誤に時間をかけたのですが、その分クオリティーの高いものになっていると思います。

『ウマ娘 プリティーダービー』
『ウマ娘 プリティーダービー』

――『グラブルVS』は好調ですね。

木村氏 対戦格闘ゲームの新規IPとしては良い滑り出しです。既存の『グラブル』ファンだけでなく、格闘ゲームが好きな人にも遊んでいただけています。eスポーツの競技種目として期待されていること、PlayStation4のコントローラーにマッチした操作感が受け入れられたことがあるのではと思います。

『グランブルーファンタジー』のキャラクターを使った対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』
『グランブルーファンタジー』のキャラクターを使った対戦格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』

――他の格闘ゲームの有名プレーヤーにも遊んでいる人が多いようです。

木村氏 歴史の長いタイトルの場合、有名プレーヤーがそれまで遊んでいたタイトルから離れると「本職に専念しろ」などとたたかれたりもしますが、『グラブルVS』は新規のIPなので許されているようなところがありますね。2作、3作と続くとファンの固定化が起こる可能性もありますが、そうならないでほしいなとは思っています。

――一方で、今から格闘ゲームを始めるのは障壁が高いと感じる初心者が入りやすい部分もあります。

木村氏 そうですね、今ならみんな初心者ですから。格闘ゲームとしては今時珍しい「みんなゼロから始められるタイトル」というポジションになれました。

 たくさんの人がカジュアルに楽しめるゲームでありつつ、頂点ではeスポーツとして大会が開けるくらい奥深い。そうした2つの面をしっかり打ち出せれば、今の立ち位置を維持できるかなと思っています。