2019年は前年比で増収増益を達成したガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)。主力タイトルの『パズドラ』シリーズにサブスクリプションやシーズン制を導入するなど、ユーザーの活性化を続ける一方、新作『TEPPEN』も好調。いよいよ発売が迫る『Ninjala』にも期待が高まる。森下一喜社長に同社の取り組みについて聞いた。

ガンホーの森下一喜社長
ガンホーの森下一喜社長

『パズドラ』はサブスクが好調

――2019年は前年比で増収増益となりました。

森下一喜氏(以下、森下氏) 新タイトルが好調であったことに加えて、収益の柱となる2本、『ラグナロクオンライン』と『パズル&ドラゴンズ』(以下、パズドラ)が大きく貢献しました。『パズドラ』に関しては18年から進めていた休眠ユーザーの掘り起こしが成果を上げました。

ロングヒットを続ける『パズドラ』ではサブスクリプションサービス「パズドラパス」の提供が始まった (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
ロングヒットを続ける『パズドラ』ではサブスクリプションサービス「パズドラパス」の提供が始まった (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

――『パズドラ』ではサブスクリプションサービス「パズドラパス」もスタートしました。

森下氏 ヘビーユーザーが気軽に「お得」を味わえるサービスを目指しました。無課金のユーザーも尊重しつつ、自分が気に入ったゲームなら課金してもいいというユーザーに対し、サブスクリプションでしか遊べないダンジョンやガチャをはじめとした特典を用意しています。「遊びきってしまった」という感覚に対して新たな目標を設定してあげたいという思いもありました。

 このサービスは19年12月に始まったばかりで、もちろん課題はいろいろあるのですが、継続率の向上など、思っていた通りの効果は出ています。

――一方で『パズドラレーダー』は名称を『パズドラバトル』に変更し、シーズン制も導入しました。同時にガチャも廃止になりました。

森下氏 海外で問題視されているガチャへの対策ではないかと言われることもありますが、それは違います。シーズン制の導入は、対戦ゲームとして新しいモデルを導入したほうがいいと判断しました。対戦してランクを上げていくだけではない別の軸を作るという発想ですね。シーズン中に限定のシーズンポイントを集めることで、ゴールドやモンスターメモリーなど豪華なシーズン報酬を獲得することができます。

 シーズンパスの販売も開始しました。新たなリーダーを含む構築済のチームをゲットできたり、サーチ結果やシーズンポイント獲得にボーナスが追加されたりとさまざまな特典が得られます。シーズンパスを購入していただいたほうがより快適に遊べるようになっています。

対戦専用タイトルとして開発された『パズドラバトル』にはシーズン制が導入された (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
対戦専用タイトルとして開発された『パズドラバトル』にはシーズン制が導入された (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

――これからはシーズンパスがガンホーのスタンダードになっていくのでしょうか?

森下氏 そういうつもりではありません。ユーザーのモチベーションや継続性を高める方法としてこれが完璧だというわけではなくて、いろいろと変えていく必要はあると思っています。

小学生にとっての「俺のゲーム」を目指す『パズドラGOLD』

――若年層の掘り起こしとして『パズドラGOLD』が20年1月にリリースされました。

森下氏 若年層向けのイベントに『パズドラ』を出展したときに、ニンテンドー3DS用の『パズドラ』(『パズドラZ』『パズドラクロス』など)を持ってきたお子さんがけっこういたんです。小学生くらいの子どもにとって、スマートフォンはあくまでも親のものであることが大半で、そこが(『パズドラ』拡大の)障壁になっていると感じました。つまり「自分たちのゲーム」になりにくいんですね。今の子どもたちが自分のスマートフォンを持ったときにスッと『パズドラ』に入ってきてほしいんですね。

 そう考えると、やはり低年齢層に向けて『パズドラ』を出すならNintendo Switchだし、しかもなるべく低価格で出したいという思いもありました。発売が遅れて子どもたちを待たせてしまった申し訳なさから価格は1500円で、しかも買い切りにしました。イベントでは無料のダウンロードコードも配布しています。

子どもたちに「自分たちのゲーム」として楽しんでほしいと、あえて1500円という低価格に設定。イベントでは無料のダウンロードコードも配布した『パズドラGOLD』 (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)ガンホー・オンライン・エンターテイメント/パズドラプロジェクト2019・テレビ東京
子どもたちに「自分たちのゲーム」として楽しんでほしいと、あえて1500円という低価格に設定。イベントでは無料のダウンロードコードも配布した『パズドラGOLD』 (C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)ガンホー・オンライン・エンターテイメント/パズドラプロジェクト2019・テレビ東京