キャラクターなどの知的財産を活用したIP軸戦略を推し進めるバンダイナムコエンターテインメント(BNE)。グループのアニメ制作会社サンライズで『機動戦士ガンダム』関連プロジェクトをけん引し、2019年4月に同社の社長に就任した宮河恭夫氏は「2020年、エンターテインメントの世界にはゲーム、映像などの枠を超えた大きな変化が訪れる」と語る。

バンダイナムコエンターテインメントの宮河恭夫社長
バンダイナムコエンターテインメントの宮河恭夫社長

――BNEにとって、2019年はどういう1年でしたか?

宮河恭夫氏(以下、宮河氏) 18年から、エンターテインメントの世界は大きく変わる。そんな気配を感じるようになりました。そこで、我々もどう変わっていけばいいのか、ビジネスをどう維持拡大すればいいのかと考え、準備をしていたのが19年です。

――変化するエンターテインメントに対する準備とは、具体的にどのような?

宮河氏 クラウドはすでに一般化し、5Gなど新しい技術も登場したことで、流通配信が変わったのはもちろん、ゲーム、映像といったジャンルも境目が曖昧になってくるなど、エンターテインメントそのものが変わりつつあります。そういう状況の中で我々は本当の意味で消費者目線に立っているんだろうか、そして本当にグローバル化しているんだろうか、というところをすごく考えました。

 例えばあるイベントで『ドラゴンボール』のブースがあったとして、ゲーム、映像、フィギュアと事業部ごとにバラバラにブースが設置されていたんですね。これはダメだろうと。ドラゴンボールが好きな人は、同じ場所でゲームも映像もフィギュアも見たいはずですから。今は、ようやくIPでくくり、同じブースで『ドラゴンボール』のゲーム、映像、フィギュアに触れることができるようになりました。消費者目線というのはつまりそういうことです。

 20年はこの動きを組織にも広げます。IPでくくる。これがバンダイナムコグループで推すIP軸戦略なんです。これまで家庭用ゲーム、モバイルコンテンツ、ライブ/イベントなどで分けていた事業部をIPでくくる組織改編を進めています。

ジャンル縛りでは出口は広がらない

――組織を『ガンダム』『アイドルマスター』といったIPで分けるというのは、かなり大きな改編ですね。どんなメリットがあるんでしょうか?

宮河氏 確かに、現場には少なからず混乱もあるでしょうね(笑)。でも結局、おのおのがプラットフォーム縛り、ジャンル縛りでゲームだけ、映像だけやっていては、出口が広がらない。

 IPで組織をつくることによって、例えば『アイドルマスター』だけに、あるいは『ドラゴンボール』だけに注力できるようになる。1つのIPに注力して、ゲームもやれば映像もやるしライブもやるということは、とても重要だと思います。

 かつて僕自身が『ガンダム』のさまざまなプロジェクトに携わって、それこそゲーム、映像、ガンプラ、そしてガンダム立像までやった。その経験からすると、そこで初めて知ることもあって、ビジネスの幅も広がるわけです。とても大事だと思いますね。

画像上がスマートフォン向けゲームアプリケーションの『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』、中が家庭用ゲームの新作『アイドルマスター スターリット シーズン』、そして下が19年にナゴヤドームで開催された『アイドルマスターシンデレラガールズ』のライブ。今後は1つのIPを同じチームが手掛けることになるという
画像上がスマートフォン向けゲームアプリケーションの『アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ』、中が家庭用ゲームの新作『アイドルマスター スターリット シーズン』、そして下が19年にナゴヤドームで開催された『アイドルマスターシンデレラガールズ』のライブ。今後は1つのIPを同じチームが手掛けることになるという