九州における星野リゾートの2番目の施設であり、温泉旅館ブランド「界」の17番目の施設として、2021年1月29日に鹿児島県で開業した「界 霧島」。「界」は同社の中でも特に“ご当地感”を重視するブランドだ。魅力開発に対する取り組みは、地域再発見の取り組みでもある。

桜島をバックにした「界 霧島」の永田淑子総支配人。手にするのは天孫降臨神話に出てくる神にちなんだ面(写真右側)と、総支配人お気に入りのレアな鹿児島焼酎「一どん」(同左)
桜島をバックにした「界 霧島」の永田淑子総支配人。手にするのは天孫降臨神話に出てくる神にちなんだ面(写真右側)と、総支配人お気に入りのレアな鹿児島焼酎「一どん」(同左)

目指すはスタッフの数=魅力の数

 「界 霧島」は、「桜島をはるかに見渡し、湯浴(あ)み小屋でうるおう宿」がコンセプト。全49室のすべての部屋から霧島高原と、錦江湾に浮かぶ桜島や霧島連山のダイナミックな景観が一望できる。地元の人でもなかなか目にしない光景といわれ、誰もが客室に入った瞬間に感嘆の声を上げるのは必至の景観である。界には他にも、オーシャンビューの「界 アンジン(静岡県伊東市)」や「界 別府(大分県別府市)」のように風景自慢の施設はある。だが、全18施設の中で「絶景」をうたうのは界 霧島だけだ。

界で唯一「絶景」をうたう「界 霧島」の部屋からの眺め。桜島を“見下ろす”ような錯覚に陥る。この「薩摩シラス大地の間 特別室」は、3方向からの景色を独占できるぜいたくな部屋だ
界で唯一「絶景」をうたう「界 霧島」の部屋からの眺め。桜島を“見下ろす”ような錯覚に陥る。この「薩摩シラス大地の間 特別室」は、3方向からの景色を独占できるぜいたくな部屋だ

 コンセプトに登場するもう1つの「湯浴み小屋」、つまり大浴場に関しても、界 霧島は少々風変わりだ。この施設の宿泊棟は、天孫降臨神話の舞台である高千穂峰の中腹、標高約650メートルの斜面に立つが、大浴場は宿泊棟から50メートルほど下のススキ野原にたたずむのである。そのため、湯浴み小屋へ行くには宿泊棟を出て「スロープカー」に乗って下まで移動する必要がある。かなり大掛かりな“仕掛け”だが、これは部屋から見た景色と50メートル下の景色との違いを体感してもらうのが目的だ。

客室からの眺め。正面に桜島、中央下に木に囲まれ小さく見えるのが「湯浴み小屋」
客室からの眺め。正面に桜島、中央下に木に囲まれ小さく見えるのが「湯浴み小屋」
湯浴み小屋。周囲のススキは造成中で、今後の育成も楽しみだ
湯浴み小屋。周囲のススキは造成中で、今後の育成も楽しみだ

 湯浴み小屋はススキ野原にある唯一の構造物で、内部は木の梁(はり)を生かし、チョロチョロ流れる湯音の反響も考慮して建てられている。浴場の混雑状況をスマホで確認できるのに加え、露天風呂を備えた部屋が19室あり、そちらを使う宿泊客も多いため、密を避けるのはさほど難しくはない。

湯浴み小屋へ向かう「スロープカー」は無人のため、エレベーターのように乗客が自分でボタンを押して動かす。約3分の乗車だが、景色の変化が楽しめる
湯浴み小屋へ向かう「スロープカー」は無人のため、エレベーターのように乗客が自分でボタンを押して動かす。約3分の乗車だが、景色の変化が楽しめる

 温泉が売りのブランドだけに、界では現在、全施設で「うるはし現代湯治」なるプロジェクトを進めている。本来の湯治とは、温泉地に2~3カ月ほど逗留(とうりゅう)し、1日に何度も入浴を繰り返して肌質や体質を改善していくもの。だが今の世の中、多くの人にとってそのような滞在は夢のまた夢。「そこで、忙しい現代のライフスタイルに合わせて、1泊2日の滞在で免疫力を高め、活力を養うことを目的に開発したのが『うるはし現代湯治』です」と、界 霧島の永田淑子総支配人は話す。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
4
この記事をいいね!する