前回の「星野リゾート 西表島ホテル」に続き、今回は同じく八重山エリアの竹富島にある「星のや竹富島」の魅力開発を紹介する。ここでも現地スタッフのアイデアを生かした、既存のホテル運営の枠を超えた取り組みが行われている。なぜそこまでやるのか。探っていくと見えてきたのは、離島で地域と共存することの意義だった。

「星のや竹富島」の本多薫総支配人。手に持っているのは八重山諸島に生息するシロハラクイナをかたどった香炉
「星のや竹富島」の本多薫総支配人。手に持っているのは八重山諸島に生息するシロハラクイナをかたどった香炉

ペットボトル廃止に向け「水」を作る

 石垣島から船で約10分、サンゴ礁が隆起してできた周囲約9.2キロメートルの竹富島。この島の一角に、「星のや」ブランドの3施設目として、2012年に開業したのが「星のや竹富島」だ。白いサンゴの砂が敷かれた小道に琉球赤瓦の家屋が並び、まるで島内の集落にいるかのような錯覚を抱くリゾートである。

ホテルの敷地内には竹富島の伝統建築を踏襲した48棟の家々が連なる
ホテルの敷地内には竹富島の伝統建築を踏襲した48棟の家々が連なる

 この施設も星野リゾート 西表島ホテルと同様、21年からペットボトルによるウオーターサービスを廃止した。背景にごみ問題があるのは同じだが、竹富島は石垣島から海底送水管を通して生活用水を受水しており、星のやへの割り当てには限りがある。宿泊客に対してはペットボトルでの水の供給も必要になりそうだが、それにもかかわらず廃止できたのは、21年2月13日から稼働し始めた海水淡水化装置の導入で水の自給を可能にしたからだ。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する