建築家の東利恵氏(東環境・建築研究所代表)は、星野リゾート代表の星野佳路氏と留学先の米国で出会い、現在、「星のや」の設計・デザインを一手に引き受ける。かつての同級生は、いまや建築のプロ、リゾート運営のプロとして、遠慮のない意見をぶつけあう仲だ。

東環境・建築研究所代表の東利恵氏
東環境・建築研究所代表の東利恵氏

良いチームに遠慮は無用

 住宅でも公共建築でも、建物が評判になるときにクローズアップされるのは、設計者である建築家だ。だが、一般的に建築とはチームでつくるものというのが東氏の意見。もちろん単に人が寄り集まるだけではない。何でも議論できる関係があって、初めていいチームが出来上がる。


東利恵氏(以下、東) 住宅の仕事では、基本的に依頼主から与えられた条件の下で設計することが多いのですが、星野さんとの仕事は「一から一緒に考えてつくっていきましょう」という感じです。それはランドスケープアーキテクトの長谷川浩己さん(オンサイト計画設計事務所代表)が参加してからも変わりません。ランドスケープは建築の下請け的な関係で参加するケースがよくありますが、星野さんは施主、建築家、ランドスケープアーキテクトの3人が同等というスタンスです。

 議論するときはお互いの意見をはっきり言うことが多いですね。一度、私の事務所で星野さんとの打ち合わせを終えた後、アルバイトの学生から「いい設計をするには、けんかをするくらいでないといけないんですね」と言われたほどです。もちろん私たちにとってはけんかではなく、それだけ議論が白熱していただけなのですが。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>