2015年に「BALMUDA The Toaster」を投入し、キッチン家電に参入したバルミューダから21年10月7日、コーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」が登場した。パンと親和性の高いコーヒーメーカーを作ることは、トースターを大ヒットさせた同社にとって大きな意味がある。その出来栄えを検証した。

バルミューダが発売した「BALMUDA The Brew」(写真中央、税込み直販価格5万9400円)。写真左はオーブンレンジ「BALMUDA The Range」で、右はトースター「BALMUDA The Toaster」
バルミューダが発売した「BALMUDA The Brew」(写真中央、税込み直販価格5万9400円)。写真左はオーブンレンジ「BALMUDA The Range」で、右はトースター「BALMUDA The Toaster」

スリムな「オープンドリップタイプ」で登場

 ついに登場した「BALMUDA The Brew(バルミューダ ザ・ブリュー、以下The Brew)」。税込み5万9400円という高価格帯ながら、豆を挽(ひ)くコーヒーミル搭載の全自動タイプではなく、本体にセットしたドリッパーやその中のコーヒー粉、ドリップしている様子がよく見える「オープンドリップタイプ」のドリップコーヒーメーカーとして姿を現した。

 実は今からちょうど5年前(2016年)、トースターに続いて電気ケトル「BALMUDA The Pot」を発表した際、バルミューダの寺尾玄社長は炊飯器、オーブンレンジ、コーヒーメーカーと続くキッチン家電のロードマップを示していた。しかし実際には17年2月発売の「BALMUDA The Gohan」、17年11月発売のオーブンレンジ「BALMUDA The Range」までは順調だったものの、コーヒーメーカーはそこから4年を要した。その時の長さに、バルミューダらしいユーザー体験を生み出すための苦心がうかがえる。

2016年9月に実施したBALMUDA The Potのプレス向け体験会で発表されたキッチン家電のロードマップ
2016年9月に実施したBALMUDA The Potのプレス向け体験会で発表されたキッチン家電のロードマップ

 The Brewは、一見したところ本体の幅140ミリ、高さ379ミリ(取っ手を含む)とかなりスリム。サーバーには真空ステンレスサーバーを採用し、本体にもステンレスをあしらうなど、高級感のある落ち着いたデザインだ。コーヒーミルは内蔵していないが、別売りで22段階の挽き目調節が可能なハンドミル「Coffee Mill」(価格未定)も21年12月に発売を予定している。

The Brewはオープンドリップタイプを採用
The Brewはオープンドリップタイプを採用

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
12
この記事をいいね!する