ツインバード工業の全自動コーヒーメーカーがヒットしている。2018年10月に発売した「CM-D457B」、19年11月に発売した「CM-D465B」ともに、21年の年始早々から各店舗で品切れになるほどの人気となった。21年3月初旬の時点では各ECサイトでの在庫は戻ってきているものの、同社のオンラインストアでは一部品切れ状況となっている。なぜここまでヒットしたのか、その理由を探った。

ツインバード工業が2019年11月に発売した全自動コーヒーメーカー「CM-D465B」。直販価格は4万9280円(税込み)
ツインバード工業が2019年11月に発売した全自動コーヒーメーカー「CM-D465B」。直販価格は4万9280円(税込み)

コーヒー界の“レジェンド”が監修

 ツインバード工業の全自動コーヒーメーカー「CM-D457B」は、名店・カフェ・バッハ(東京・台東)店主の田口護氏が監修したことで、発売当初から大きな話題となっていた。同氏は自家焙煎の第一人者として知られており、バリスタも使える本格的な実用書も含めて数十冊もの著書を出版するコーヒー界の“レジェンド”だ。

 CM-D457Bは3杯用(450ミリリットル)と容量が少なめなことから、発売から約1年後に6杯用(900ミリリットル)の「CM-D465B」を発売。どちらも多くのコーヒー愛好者に注目され、人気となっていた。その魅力は名店のハンドドリップの味を再現する手法と、五感を刺激するためのこだわりにある。

 豆を計量してミルにセットし、水タンクに水を入れる。ドリッパーにペーパーフィルターをセットして本体に設置するところまではどの全自動コーヒーメーカーも同じだ。ミルに付いているミルダイヤルでコーヒーの挽(ひ)き目(粗挽き/中挽き/細挽き)を選び、メニュー(豆から挽く、粉から入れるなど)、抽出温度(83℃、90℃)、蒸らし湯量を設定。スタート/ストップボタンを押すと抽出がスタートする。

 スタートするとミルが動作し始めてコーヒー豆を挽いていく。本体とドリッパーの間には約2センチのすき間が空いており、コーヒー豆が少しずつ挽かれて粉になっていく様子を見られるのがユニークだ。

CM-D465Bの操作部。表示もシンプルなミニマルデザインのダイヤルが並ぶさまは、飛行機のコックピットなどに憧れた元・少年の心をくすぐる
CM-D465Bの操作部。表示もシンプルなミニマルデザインのダイヤルが並ぶさまは、飛行機のコックピットなどに憧れた元・少年の心をくすぐる
本体とドリッパーの間には約2センチのすき間が空いており、コーヒーが挽かれる様子が見える
本体とドリッパーの間には約2センチのすき間が空いており、コーヒーが挽かれる様子が見える

 豆を挽き終わるとドリップ開始。6カ所の穴からお湯が出てきてコーヒー豆をぬらすと、まずはダイヤルで設定した杯数分の時間だけ蒸らしを行い、しばらくすると本格的なドリップが始まる。6カ所の穴からシャワーのようにお湯が出ては止まり、出ては止まりを繰り返す。

 最初のうちは比較的等間隔で同じようにドリップしているように見えるが、後半になるとお湯の流量が少なくなり、じっくり仕上げているような印象を受ける。すき間からドリップの様子がしっかりと見えるだけでなく、挽きたてでいれたコーヒーの香りが立ち上ってくるのでテンションが上がる。

まずは山型になったコーヒー粉を崩していく
まずは山型になったコーヒー粉を崩していく
ドリップしていくうちに、湯気が立ち上り、香りが漂ってくる
ドリップしていくうちに、湯気が立ち上り、香りが漂ってくる
コーヒーの出来上がり
コーヒーの出来上がり