コロナ禍で健康への関心が高まる中、運動量や体の状態を把握できる、スマートウオッチや活動量計といった腕時計型ウエアラブルデバイスの需要が伸びている。米アップルの「Apple Watch」シリーズや米Fitbitの製品などが人気だが、他にない特徴を持つのが米国のスタートアップHEALBE(ヒルビー)が開発した「GoBe3」だ。腕に装着するだけで摂取カロリーや体内の水分バランス、ストレスレベルが分かるのが特徴で、より踏み込んだ健康管理に役立つ。

米HEALBEの活動量計「GoBe3」。摂取カロリーや水分バランスを測定できるのが特徴だ
米HEALBEの活動量計「GoBe3」。摂取カロリーや水分バランスを測定できるのが特徴だ

より踏み込んだ健康管理に役立つ活動量計

 活動量計は、搭載するさまざまなセンサーにより運動量や体の状態を把握できる機器だ。腕時計型が多く、消費カロリー、歩数と移動距離、睡眠の質、睡眠時間などが分かる。心拍数の測定やGPS(全地球測位システム)により移動したルートが分かる製品も多い。

 「GoBe3」の特徴の1つは、こうした項目の測定に加え、摂取カロリーを自動測定してくれることだ。これまで摂取カロリーを把握できる活動量計はなかった。食事内容を記録して手動でカロリー計算するのも面倒だ。GoBe3を使うとそれを自動で測定してスマートフォンに記録でき、ダイエットの体重管理に役立てられる。

肌に接触する部分はチタンコーティングされている。中央にあるのは光学式脈拍センサー
肌に接触する部分はチタンコーティングされている。中央にあるのは光学式脈拍センサー

 食事をすると、食物を消化して栄養素を吸収する際に血糖値の上昇や、細胞のグルコース吸収、細胞内液の排出といった反応が起きる。GoBe3は独自の生体インピーダンスセンサーで肌を通して信号を送り、細胞内液の排出レベルを計測し、特許を持つテクノロジーを組み合わせて摂取カロリーを算出している。

 その他体内の水分バランス、ストレスレベルも分かり、一般的な活動量計より踏み込んだ健康管理に役立つ。IP68の防じん・防水にも対応。日本では体験型ストア「b8ta(ベータ) Tokyo」に展示され注目を集め、2020年10月に発売された。3色のカラーバリエーションがあり、希望小売価格は税込み2万9700円だ。

ボタンはなく、操作はすべてディスプレーにタッチして行う。重さはバンド込みで50グラム。IP68の防じん・防水に対応し、スポーツ時にも安心して着用できる
ボタンはなく、操作はすべてディスプレーにタッチして行う。重さはバンド込みで50グラム。IP68の防じん・防水に対応し、スポーツ時にも安心して着用できる